木曜日, 4月 18, 2024
ホームアメリカ法務総監、ビル・ゲイツの軍事法廷を予定

法務総監、ビル・ゲイツの軍事法廷を予定

 By Michael Baxter -2021年8月12日(Real Raw Newsより翻訳)

マイクロソフト社の創業者であるビル・ゲイツ氏は、小児性愛者のジェフリー・エプスタイン氏と共に児童売買組織を運営していたことや、一見無害に見える予防接種に、人間の大脳を侵食する化学物質や合成ナノ粒子を混入させる計画を立てたことなど、様々な罪を問われることになる。

既報の通り、7月27日、米海兵隊はサウスカロライナ州マートルビーチに密かに所有していた物件でゲイツを逮捕した。 その2日後、彼はグアンタナモ湾に飛ばされ、尋問を受け、迫り来る法廷を待つことになった。

軍のディープステートの粛清に関わる情報源がReal Raw Newsに語ったところによると、ゲイツは当初、非協力的で寡黙であり、(彼の言う)「トランプの腐敗した軍事政権」が投げかけた質問には答えなかったという。

「ゲイツが知らないうちに、軍はすでに必要な証拠をすべて持っています。ゲイツが独房に入っている間に、軍は全国のゲイツが所有する十数か所の物件を一斉に捜索し、コンピューター、ラップトップ、書類などありとあらゆるものを押収しました。その中には、『世界を支配する方法(How to Rule the World)』というプロジェクトに関する3,000ページのメモも含まれていました。まるで『ピンキー&ブレイン』*の漫画のような内容ですが、法務総監は正当な内容だと考えています。要するに、ワクチン産業を乗っ取って、予防接種を受けた人を殺すか、頭の悪い奴隷にする化合物で汚染するという内容です」と情報源は語っている。

偶然にも、ゲイツ氏はワクチン業界に身を置き、メルク、ファイザー、モデナ、ジョンソン・エンド・ジョンソン、ロシュ、ノバルティス、グラクソ・スミスクラインといった大手製薬会社の株を大量に保有していたのである。ゲイツ氏は、この業界に莫大な資金を投入し、その投資で巨額の利益を得ていたのである。

法務総監がゲイツ氏に『世界を支配する方法』について質問したところ、ゲイツ氏は、この文書は、マイクロソフト社が設立されて間もない1975年に、元パートナーのポール・アレン氏と一緒に最初に考えたビデオゲームのテンプレートに過ぎないと主張した。ゲイツ氏によれば、ゲームのアイデアは当時の時間的制約と技術的限界のために棚上げしたが、退屈を解消するためにアウトライン化を続けたという。また、自分は慈善家であり人道主義者であり、他人への暴力は自分の善良な性格と正反対であるため、人を傷つけたことはないと語った。

5月17日に軍がワイオミング州のゲイツ氏の牧場を急襲した際に押収したSDカードのビデオを法務総監が彼に突きつけると、ゲイツ氏は自分の富を自慢し始め、軍の調査官に「釈放と引き換えに彼らを大金持ちにしてやる」と言ったという。

そして、ゲイツは現実を突きつけられた。法務総監と軍事委員会事務局が彼の財産を「専有」し、国内外の資産を凍結したことを知らされたのだ。

「そのとき、ゲイツは弁護士を要求した後、再び口を閉ざしてしまいました」と関係者は語っている。

最後に関係者は、ゲイツ氏の元妻メリンダ氏を含む少なくとも6人の証人が、8月23日にゲイツ氏に不利な証言をする予定だと付け加えた。


*参考:
『ピンキー&ブレイン』(Pinky and the Brain)とは、アメリカのテレビアニメ。遺伝子操作された2匹の実験用ネズミ、天才のブレインと間抜けな相棒のピンキーは毎晩アクメラボで世界征服を企むがいつも失敗に終わっている。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す