土曜日, 4月 13, 2024
ホームアメリカバイデンの農務長官トム・ヴィルサックを軍が逮捕

バイデンの農務長官トム・ヴィルサックを軍が逮捕

By Michael Baxter -2022429日(Real Raw Newsより翻訳)

米海軍法務官(JAG)の情報筋がReal Raw Newsに語ったところによると、火曜日、犯罪者バイデン政権の農務長官、トーマス・J・ヴィルサックを、全米で12もの農産物加工施設の破壊を計算していたことと関連づけ、逮捕したそうだ。


324日、マリオネットのジョセフ・R・バイデンは全国ニュースで衝撃的な声明を発表した。食料品店の棚が空っぽになり、インフレが進むという懸念に対して、「食料不足に関しては、そうだ、食料不足は現実になりそうだ」とつぶやいたのだ。彼は、いつものようにウラジミール・プーチンに責任を負わせたが、アメリカ国民を破産させ、飢えさせるという政権の目標もうっかり漏らしてしまったかもしれない。


バイデンの千里眼的な宣言から数時間のうちに、不可解な「事故」が全国の食品加工工場を次々と苦しめ始めた。


324日、メイン州ベルファーストのジャガイモ工場が全焼した。ペノブスコット・マクラム社のライン作業員によると、火災の原因は大型フライヤーであった。


325日、アリゾナ州マリコパ郡のマリコパ・フード・パントリーが謎の火に包まれ、5万ポンドの主食が持ち去られた。この記事を書いている時点では、マリコパ郡消防署はまだ火災の原因を突き止めていない。


331日、テキサス州南部で最大の生鮮タマネギの加工施設が大規模な火災に見舞われた。家族経営のリオ・フレッシュ社は、クローガー、アルディ、トム・サム、H-E-Bなどの食料品店に生鮮食料品を供給してた。この火災で300人が仕事を失い、トラック100台分のタマネギが焼失したと推定される。


412日、ニューハンプシャー州のイースト・コンウェイ・ビーフ&ポーク工場が猛烈な炎に包まれた。オーナーのダレル・ロビンソンによると、この火災はまだ調査中だが、「何万ポンドもの牛肉と豚肉を焼き、家畜を死なせた 」という。


これらの事例は、単なる陰謀論にとどまらない、アメリカの食物連鎖の崩壊を象徴している。324日以来、鋭い観察者たちはこのような事件を15件目録化したが、いずれも大手メディアによって報道されなかった。


米海軍法務官兵団がこの奇妙な火災に関心を持ったのは、FBIの内部告発者から連絡を受けた後の421日である。この日は、ジョージア州コビントンでセスナA340という軽コミューター機がゼネラルミルズの工場に急降下し、乗員とされる学生パイロットとそのフライト・インストラクターが死亡した日であった。国家運輸安全委員会(NTSB)は、この飛行機の所有者が飛行訓練中に急降下したと発表したが、内部告発者は、NTSBではなくFBIが、NTSBの地域担当チームから調査権限を奪って事故報告書を作成したと主張している。このような権限の委譲は、NTSBが犯罪を疑ってFBIに援助を要請した場合にのみ行われるべきものである。しかし今回の場合、NTSBは犯罪の疑いを持たず、FBIの援助も要請せず、事故から1時間以内に捜査から締め出されたのである。通常、綿密な事故報告書の作成には数週間から数か月かかるが、FBIはわずか数時間で回答を手にしたのだ。


さらに、内部告発者は、FBIが事故報告書を「意図的に改ざん」し、公式説明をバラバラにする決定的な「決定的証拠」を削除したと主張した。飛行機には乗員がいなかった。遠隔操作されていたのだ。


さらに、情報提供者は、この墜落事故と先に述べた食品工場火災を画策した人物を知っていると言った。彼は農務長官トーマス・J・ヴィルサックの名を挙げ、その主張を裏付ける書類を持っていた。


FBIの発表するものは、たとえ内部告発者と呼ばれる人物のものであっても、信じることはためらわれます。白人は、司法省を信用していません。彼らは、ディープ・ステートです。彼らは欺瞞と偽情報の達人なのです。ですから、我々の調査官は独自に全てを検証します。つまり、全てです。飛行機の詳細についてはお話できませんが、ジェネラル・ミルズ社の施設に衝突したとき、飛行機は操縦不能であったことが確認されています。このことが、情報提供者から渡されたヴィルサック氏の電子メール通信のいくつかを認証する理由になりました」と、JAG関係者はReal Raw Newsに語っている。


2022413日付でヴィルサックからジーナ・ライモンド商務長官に送られたメールには、「小さくて孤立した事象は報道されないが、インフレに計り知れない影響を与えるだろう。人々は高い値段を払うことに不平を言うべきでない。彼らはそのままでは食料が多すぎる。少しの燃焼は悪いことではない」とあった。 2日後、ヴィルサックは彼女に2通目のメールを送った。「言ったことはどうだ? 彼がジャンプと言ったら、『どのくらい高く』と聞くんだ。航空事故はよくあることで、767757である必要はないんだ」。416日に書かれた3通目のメールには、「犯罪を隠す最良の方法は、一見無関係に見える他の犯罪の中に隠すことだ」と書かれていた。


フォートゴードンにある米陸軍サイバー司令部のJAGの仲間は、メールがヴィルサックの政府メールアカウントから送信されたことを確認した。


1807年暴動法の権限により、これは反逆罪で彼を拘束するのに十分な証拠であると考えられた。JAGは彼の名前で軍の逮捕状を起草した」。


前アイオワ州知事で、それ以前はフセイン・オバマの最初の内閣で最も長く務めたメンバーであるヴィルサックは、426日にアイオワ州マウントプレザントの自宅でJAG捜査官によって拘束された。


「彼は、軍事法廷の前で手続きを行い、答えを出させるだろう」と、情報筋は語った。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

3 コメント

  1. 農務長官が農業施設を破壊しようとしたという職務と真逆の事をしているのが、今の世の中を表していますね。我が国の厚生労働省などもしかり。マスコミは洗脳装置であることを誇りとしています。早くまともな世の中になるために、軍事裁判をお願いします。我が国の現状もお伝え頂きたいです。

  2. 日本の政治家は誰があっち側(アメリカの犬)でそれに抗っているのは誰なのか、選挙前に知りたいです。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す