木曜日, 4月 18, 2024
ホームアメリカバイデンと握手したデサンティスを軍幹部が糾弾

バイデンと握手したデサンティスを軍幹部が糾弾

By Michael Baxter -2022年10月6日(Real Raw Newsより翻訳)

数人のホワイト・ハットの将校が水曜日、ロン・デサンティスが非合法大統領ジョセフ・R・バイデンと会談する決定を非難したと、デビッド・H・バーガー将軍のオフィスの情報筋がReal Raw Newsに語った。

二人は、水曜日の午後にフロリダで会い、荒れ狂う洪水が通りや家を押し流し、腐敗した疫病の膿みを作り出した、今や荒廃したフォートメイヤーズの街を視察した。最も大きな被害を受けた地域の住民は、今もなお、食料、飲料水、電気を渇望している。

デサンティスとバイデンは不法移民とCovidのプロトコルについて口論したことがあり、瓦礫と泥を調査する際に政治を脇に置くように見えたが、デサンティスが結束と連帯の印として握手を申し出たとき、ホワイト・ハットの将校が指揮する軍事施設では警鐘が鳴り響いた。米陸軍サイバー司令部のあるジョージア州フォートゴードンでは、ニール・S・ハーシー准将が「彼(デサンティス)は一体何を考えているのか」と口走り、キャンプ・ペンドルトン基地ではジェイソン・ウッドワース准将が、たとえ茶番であっても、共和国の秩序回復に熱心に取り組む憲法学者たちに誤ったメッセージを送るものだと指摘した。

デサンティスを最も激しく批判したのは、つい最近まで彼を断固として支持していた2人の将校だった。先週も米陸軍のリチャード・E・アングル少将とJ・D・キアシー大佐はデサンティスのリーダーシップを称賛し、2024年の大統領選挙ではトランプ大統領ではなく彼を共和党候補にすべきだと述べていた。しかし、知事がサンシャイン・ステートにおける連邦緊急事態管理庁の悪行を公に認め、非難することを拒否した後、デサンティスに対する彼らの輝かしい評価は悪化した。

バイデンとデサンティスが握手を交わす頃には、アングルとキーシーはバーガー将軍と電話で話し、「裏切り者」「寝返り者」「敵」「ディープステート」「売り逃げ」「おとぼけ野郎」といった言葉を使って、新たに発見した不快感を表現していた。彼らは将軍の耳元で7分間もわめき続けたと、オフィスの関係者がRRNに語った。その後、バーガー将軍は冷静に、激しいレトリックを和らげようと試みたという。

「しかし、デサンティスは剣を振り下ろすしかなかったのだ。彼の背中は壁際にあり、連邦政府の資金が必要なのだ。彼の立場ならどうする? バイデンの金ではなく、アメリカの納税者の金だ。デサンティスには問題があるが、この件に関しては合格点だ」とバーガー将軍は言った。

それでも、アングル元帥とキアシー大佐は、ちょっとした無謀な憶測に走った。もし、デサンティスが現金と引き換えに、不法移民に対する姿勢を軟化させると約束したらどうだろう? 聖域都市への不法入国者の移送を止めると約束したらどうだろう? もし、鞍替えしたら? もしものことがたくさんあった。

バーガー将軍は、根拠のない仮定の議論は受け入れないと、最終的に話を打ち切ったそうだ。

「デサンティスに連絡して確かめてみる」と将軍はアングルとキアシーに言った。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

2 コメント

  1. バーガー将軍のバランス感覚が素晴らしい。
    他の幹部は、視野が狭いな。
    形式的にでも予算を執行する権限があるバイデンと握手位するのは当然ではないだろうか。

  2. そうでしょうか。そんな単純な理由だけで糾弾したのではないと思います。他にも理由があると思いますが。バーガー将軍も100%安全とは思っていません。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す