日曜日, 5月 19, 2024
ホームCovid-19モデルナ社のCEOがGITMOで絞首刑にされる

モデルナ社のCEOがGITMOで絞首刑にされる

By Michael Baxter -2022年11月18日(Real Raw Newsより翻訳)

モデルナ社のCEOで優生学者であるステファン・バンセル氏は、金曜日の午後、アメリカ海軍法務官の絞首刑執行人が彼の首に縄をかけ、スイッチを入れて、製薬会社の大物の足元のスイングドアを開けた後、命を落とした。

バンセルの死は、静かなものだった。ダース・E・クランドール副提督は処刑に立ち会わなかったし、これまでの絞首刑に立ち会った軍の幹部も立ち会わなかった。代わりに、ブラッドリー・アール(JAG法プログラム法務顧問軍団司令マスターチーフ)が処刑を監督した。

彼と数人の海兵隊員、海軍の牧師、医師だけが、バンセルの最後の瞬間に立ち会った。 予想どおり、モデルナの血栓注射の実行犯であるフランス人の彼は、フランスのエマニュエル・マクロン大統領と米国食品医薬品局長のロバート・M・カリフ氏の両方から訴追免責を与えられており、両者はバンセルに対し、ワクチンの被害や死亡に関する問題には「無害である」と言ったとされ、自分の死に抗議した。

バンセルは銃口を突きつけられて絞首台に導かれながら、科学者である自分が、モデルナの死の注射が安全かつ有効で、2020年末に公表されて以来、一人の人間も殺していないことを決定的に証明したと主張したのだ。実は、バンセルは科学者ではなく、ハーバード大学でMBAを取得し、フランスの無名の大学で工学の修士号を取得していた。薬学的な資格はないのに、医学の専門家であると自称し、世界中の関係者が彼の存在しない医学への貢献、すなわちCovid-19ワクチンを売り込んでいた。このワクチンの発売により、バンセルの純資産は6億5700万ドルから50億4000万ドルに急騰した。バンセルが語れば、保健当局は耳を傾けた。バンセルが利益を得れば、人々は死んだ。

クランドール副提督と違って、アール曹長はバンセルに対してユーモラスな非難をすることはなかった。ただ、最後の儀式をするかどうかを尋ね、バンセルがそれを拒否すると、絞首刑執行人にその任務を果たすように命じた。

バンセルの死亡が確認されたのは、東部標準時の午後12時30分であった。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

2 コメント

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す