木曜日, 2月 22, 2024
ホームアメリカトランプの真の2024年の目標

トランプの真の2024年の目標

By Michael Baxter -2022年11月16日(Real Raw Newsより翻訳)

ドナルド・J・トランプ大統領は、2021年初めにワシントンを離れてマー・ア・ラゴの司令部に移って以来、ディープ・ステーターを排除するために、軍事同盟者、俗に言うホワイト・ハットとともに非公式に活動してきたが、昨夜、政争に再び参戦して、2024年に公式な政権復帰を目指すことを明らかにした。

「米国を再び偉大で輝かしい国にするために、私は今夜、米国大統領選への出馬を表明する」と、トランプ氏は、数百人の支持者を前に、自身のクラブ「マー・ア・ラゴ」のシャンデリアが輝くボールルームで語った。

「アメリカのカムバックは今すぐ始まる」と述べ、2024年の共和党予備選を正式に開始した。

トランプ氏の演説は抑制の効いたものだった。彼は慎重に言葉を選び、選挙詐欺(一度言及したことがある)、フェイクニュースメディア、ディープ・ステートといったホットな話題を慎重に回避したのだ。その代わり、彼は、今や破綻した経済の立て直し、広く開放された国境の封鎖、街頭を悩ます犯罪の撲滅、エネルギーの自立、世界の舞台でのアメリカの地位の回復といった、彼が得意とし、2016年の共和党予備選挙で対立候補を打ち負かすのに役立ったトピックに焦点を当てたのだ。

「トランプのスピーチは、”普通の人”向けの快適なものだった。火曜の夜はハードコアに徹する時ではなかった。MAGAはすでに、この国を正しい道に戻すためにトランプが行ってきたことをすべて知っている」と、マール・ア・ラゴの関係者はReal Raw Newsに語った。

トランプは、ここ数か月の間に、信頼できるアドバイザーや軍の連絡係と何度も会議を開き、2024年に再選された場合に何を達成できるかを議論してきたと彼は付け加えた。それは、トランプを多くの人にとって英雄にし、多くの人にとって敵にするような、筆舌に尽くしがたい目標に満ちた高尚なリストである。彼の底知れぬ目標には、沼の水を抜くだけでなく、連邦政府を解体することも含まれている。

一見、達成不可能に見える目標には、次のようなものがある。

FBIの解体・再構築

トランプ氏は、FBIは組織的な腐敗に陥っているため、解体してトップダウンで再構築する必要があると考えている。FBIは、トランプが大統領になるずっと前から司法省の武器化された部門となり、犯罪者バイデン政権下で悪化した。その捜査官は今、連邦犯罪を犯す実際の犯罪者を追及するよりも、愛国者や神を愛する市民を標的にすることを好んでいる。トランプは、FBIが肥大化しているとも言っている。35,000人を雇用しているが、その多くは本質的でないと考えている。

「働く捜査官1人に対し、10人がコーヒーを飲みながら立っている。トランプ氏は、それが大きな無駄遣いだと言っています」と情報筋は語る。

トランプ大統領は、FBIを70%淘汰し、暗黙の信頼を寄せ、ディープ・ステートとの関係や共感がないことを確認するためにポリグラフ検査を受けた元軍人や元LEOで人員を補充したいと考えている。

IRSの破壊と武装解除

同様に、トランプは、最近800億ドルの恩恵を受け、米国民を恐怖に陥れるために87,000人の新しい執行官を雇用し武装する能力を得たIRSを清算するつもりである。再選されれば、トランプは雇用凍結を実施し、既存の労働力の70%を切り捨て、同局の犯罪捜査部門を廃止し、捜査官が勤務中にいかなる種類の銃器も携帯することを禁止する大統領令に署名する予定である。また、IRSの予算を削減し、バイデンからの800億円のプレゼントの残りを回収する予定だ。

「トランプは税制を書き換え、バイデン政権で貧困に追い込まれた勤勉なアメリカ人の税金を大幅に引き下げることに必死です。彼は、それが簡単ではないことを知っています。なぜなら、彼は議会を通さなければならず、議会は、選挙妨害のおかげで、少なくとも2026年まで彼と戦うことになる民主党の上院を持つからです」と、我々の情報筋は述べた。

TSA(運輸保安局)を取り壊す

「トランプはTSAの完全撤去を目指しています。TSAが創設以来、テロ攻撃を阻止した証拠はゼロです。TSAがやったことは、我が国の空港を混乱させ、旅行者の移動をより困難にしたことだけです。乗客は嫌がらせを受け、侵襲的な検査に耐えることを強いられ、持ち物を荒らされ、無学で他の仕事が見つからないためにそこで働くだけのTSAエージェントにしばしば強盗に遭わされています。犯罪者が多いんです」と情報筋は言う。

TSAは現在、80億ドル/年の税金で賄われており、〜55,000人を雇用している。

「トランプはそのお金を納税者に還元することを望んでいます。確かに、何人かは仕事を失うことになりますが、それは秩序を回復するために支払うべき小さな代償です」と情報筋は述べている。

もしトランプの思いどおりになるなら、有害なX線スキャナーや攻撃的なエージェントは過去のものになるだろう。その代わり、イスラエルの航空会社エル・アルが採用している、チェックイン時に訓練された職員が乗客全員を優しくチェックする方法を採用することになるだろう。イスラエルの航空会社のセキュリティは、航空安全におけるゴールドスタンダードとなっている。旅行者に大きな不便を強いることなく、セキュリティを維持することができるのだ。

「トランプは、TSAの何分の一かの費用で、航空旅行を保護する新機関を設立できると考えている。TSAのように、高校中退者がその一員になることはないだろう」と、情報筋は語っている。

これらの例は、トランプ氏の目標のほんの一部に過ぎない。一方で彼は、ディープ・ステートの犯罪者を社会から粛清するために、米軍の護憲派に助言し続けるだろう。

「少しの運と多くの仕事によって、2024年までにディープ・ステートは自らを守る能力を超えて弱体化するでしょう」と、我々の情報筋は述べている。

Real Raw Newsでは、追加情報を入手次第、さらに詳しくお伝えする。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

3 コメント

  1. オバマは簡単には捕まらないとの事だったが中間選挙中に堂々とバイデンの応援演説をしてた。軍がその気になればいくらでも捕らえられたはずだが。。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す