日曜日, 7月 14, 2024
ホームアメリカ軍はファウチの法廷延長の要求を拒否した

軍はファウチの法廷延長の要求を拒否した

By Michael Baxter -2022年4月17日(Real Raw Newsより翻訳)

米海軍の法務官兵団(JAG)は金曜日、ディープ・ステートのファウチ博士が待ち望んでいた法廷を1週間延期する要求を拒否したと、JAG関係者がReal Raw Newsに語った。ファウチは、彼の弁護士である巨大事務所、ジェナー&ブロックのマイケル・B・デサンクティスが、彼と彼の家族が突然イースター休暇のために海外旅行を決め、少なくとも1週間は帰国しないため、法廷に出席しないことを知った後にこの要請を行ったのだ。

デサンクティスは、GITMOとは縁が深い。2007年には、アフガニスタンでアルカイダのアル・ファルーク訓練キャンプに参加し、2001年にオサマ・ビン・ラディンと面会したオーストラリア人の敵性戦闘員、デビッド・ヒックスの弁護を担当したことがある。

デサンクティスは刑事法の経験があるものの、ジェナー&ブロックのウェブページに掲載されている彼の経歴には、不動産法、特許法、知的財産が専門として記載されており、選択肢に事欠かないファウチが、かつて軍事委員会事務局と対決した弁護士よりも現在の仕事量がパラリーガルにふさわしいパビット弁護士を採用した理由は不明であった。

「デサンクティスがファウチをゴースト化した、それ以外に説明がつきません。彼は旅行に行くために最後の瞬間を選んだとはとても思えません。彼はおそらく、自分の手に負えなくなり、ズタズタになることを知っていたのでしょう。その男はファウチの電話にも出なくなりました」と情報筋は言う。

ファウチは、新しい弁護士を雇うために7日間の猶予を求める手紙をJAGに出したが、クランドール少将は、ファウチには適切な弁護士を調達するための十分な時間があるとして、その訴えを即座に拒否したと、彼は付け加えている。

軍事裁判は通常の裁判と違い、アメリカ国籍を剥奪された被告は「抑留者」「敵性戦闘員」と呼ばれ、ほとんど権利がない。弁護士をつけるのは義務ではなく、あくまで儀礼である。

「グアンタナモ湾に連行された人々は、ここに到着するずっと前に、合理的な疑いを越えた有罪が確定している」と、この情報筋は言う。

ファウチの裁判は、4月18日(月)午前11時に開始されることになっている。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

1コメント

  1. ファウチ氏は、いろいろ知っているはずなので、簡単に死刑にすべきではないと思います。拷問でもなんでも、指令系統や関係者を吐かせるべきかと。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す