火曜日, 5月 21, 2024
ホームアメリカトランプ大統領のアドバイザーがホワイト・ハウスを牽制する

トランプ大統領のアドバイザーがホワイト・ハウスを牽制する

 By Michael Baxter -2022年9月13日(Real Raw Newsより翻訳)

昨日、ドナルド・J・トランプ大統領のボーイング757-200がワシントンDCのダレス国際空港に不意に着陸したとき、主要メディアは憶測で大騒ぎになった。彼は病気だった、ウォルターリードに向かった? 司法省に出頭したのだろうか? 大陪審に召還されたのか? ゴルフをしに来たのか? ゴシップの嵐は、終わりがないように思えた。トランプが、喉が渇いたパパラッチの行列に囲まれて、バージニア州のゴルフコースに現れた後、メディアは答えを得た。しかし、情報筋がReal Raw Newsに語ったところによると、トランプのゴルフは陽動作戦だった。熱狂的なメディアがトランプに注目している間に、757便で一緒に移動した上級補佐官が密かな任務で群集から静かに離れて、ホワイト・ハウスを訪れ、ある情報筋が言うように 「トランプが去ったようにすること」を確認したのである。

2021年7月、Real Raw Newsは、バイデンは外見とは異なり、ホワイト・ハウスに足を踏み入れておらず、同年1月20日にカマラ・ハリスとともに入ろうとしたとき、実際には米軍に追い返されたと主張する記事を掲載した。複数の独立した情報源がこの話を確認したが、我々はその信憑性に疑問を持った。もし本当なら、Fox Newsを含む全米のすべての報道機関が詐欺に加担していることになるからだ。情報筋によると、バイデン政権とそのメディア関係者は、ホワイト・ハウスの記者会見を模倣するために映画のセットや音響ステージを使っていたとのことだった。

昨日の情報は、昨年の内容を肯定するものだ。

トランプ側近の情報筋がRRNに打ち明けたところによると、補佐官(ここでは「ジェフ」と呼ぶ)は、ドナルド・J・トランプか次の「合法的大統領」のために大統領執務室を守ってきた米兵にホワイト・ハウスで出迎えられたそうだ。情報筋によると、ジェフはトランプの代理としてホワイト・ハウスを訪れ、トランプが国家安全保障に関する権限を軍に暫定的に委譲する1807年の反乱法に署名して以来、ホワイト・ハウスの警備を監督している米陸軍のジェームズ・C・マコンビル将軍に「極めて重要なメッセージ」を届けたという。

「メッセージの内容は分からないが、トランプがこのような手段を取るには、最重要事項であるに違いない。手渡しが必要なほど重要なものだったのだ。メールやテキストで送ったり、電話で話し合うにはリスクが高すぎるとトランプは考えたのだ。偶然かもしれないが、彼のアドバイザーのうち40人が司法省から家宅捜索や召喚を受けたタイミングと重なる」と、情報筋は語った。

トランプは、パパラッチの影に隠れてホワイト・ハウスを訪れなかったと、彼は付け加えた。彼が大統領執務室の近くにいることが知られれば、「沼」として知られる環状道路の中にディープステートの警鐘が鳴り響くだろう。トランプがホワイト・ハウスの階段を颯爽と登れば、簡単に言えば、ものすごく目立ってしまうのだ。

最後に、我々の情報源は、可能な限りさらなる詳細を共有すると述べている。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

7 コメント

  1. ジョージアガイドストーンの破壊、ある国家の破産、ボリス・ジョンソンの辞任、安倍暗殺?、エリザベス女王死去、中露会談、中間選挙直前、風雲急を告げる

  2. 去年の7月以降、ホワイトハウスを引き渡したという報道は、されていないが、今でも、ホワイトハウスを使っていないというのは、信じ難い事実だ。

  3. バイデンが、ホワイトハウスに入ったことが無いという事実が公になれば、それだけで大騒動になるな。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す