日曜日, 5月 19, 2024
ホームCovid-19軍がCovidの研究所を破壊する

軍がCovidの研究所を破壊する

By Michael Baxter -2022年10月18日(Real Raw Newsより翻訳)

米軍特殊部隊と陸軍の化学、生物、放射線、核の専門家は、火曜日、科学者と大学院生が感染マウスの80%を殺すハイブリッド型スーパー株を作成したボストン大学のCovid-19研究室を急襲し破壊した。「機能獲得」研究に携わっていたボストン大学のチームは、オミクロンとオリジナルの武漢ウイルスを組み合わせて、理論的には人類を絶滅させることができる病原体を作り出したのである。

バーガー将軍の事務所関係者がReal Raw Newsに語ったところによれば、米軍は強化された病原体の存在を確認した後、ボストン大学スタッフが「奇跡的な」成果を自慢しているのを聞いて直ちに断固とした行動を取ったという。

「マウスに起こったことが人間に起こるとは限らないが、我々は何もかもをチャンスに委ねようとはしなかった。ワクチンは十分な犠牲者を出しているし、本物のキャプテン・トリップスを手に入れたくはないのだ」と関係者は、スティーブン・キングの『スタンド』に登場する、人口の99.4%を殺す架空の病原体を引き合いに出して語った。

バーガー将軍は、この脅威を根絶するためにチームを結成したという。

午前2時、チームは学内の警備を突破し、特殊部隊がコンクリートとガラスでできた7階建ての一枚岩である同大学の国立新興感染症研究所の建物のドアを破った。特殊部隊が待機している間、防護服に身を包んだCBRN専門家が建物の設計図と回路図を携えて侵入し、5階の空いているはずのバイオラボまで、各階の研究室を計画的に捜索した。情報によると、このビルは毎晩9時に閉鎖され、職員は9時半までに退去しなければならないことになっていた。

ところが、バイオセーフティ服を着た3人の人間が薄暗い中で、実験室の冷蔵倉庫の間で試験管を移し替えているのを発見した。その中の1人(主任研究員らしい)が、「おまえたちは誰だ?」と言い、米軍に逮捕されたことを告げると、「そんなことはない。NIHは我々が何をしているのか知っている。研究助成金を受けているんだ」。

その「科学者」は防護服を着ていたが、研究室自体にはBSL環境でよく見られる安全対策が施されていなかった。気密ドアに取り付けられた加圧エアロック、化学シャワー、陽圧供給エアスーツ、冗長コンプレッサー、除染室もない。しかし、テーブルの上に置かれた20ガロン(約75.7リットル)の容器には、14匹の死んだネズミと、1匹の生きているネズミが入れられていた。

CBRN担当の責任者は、「君たち自身をシャットダウンしたと思ってくれ」と告げた。

科学者たちは銃を突きつけられて建物から追い出され、残りのCBRNが超微粒子ウイルスを研究所の冷凍庫から持参した移動式クーラーに移し替えた。特殊部隊は「オールクリア」の合図で研究所に入り、機器を一つ一つ破壊していった。

研究室から持ち出されたサンプルは分析された後、破壊のために「焼却炉」に送られると情報筋は言っている。

Real Raw Newsでは、この作戦に関する追加情報を入手次第、お伝えする。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

7 コメント

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す