金曜日, 12月 1, 2023
ホームGITMOJAGが執行方法を改正

JAGが執行方法を改正

By Michael Baxter -2022年6月9日(Real Raw Newsより翻訳)

米海軍法務官団(JAG)は、今後のディープ・ステートの処刑方法を修正したと、JAG関係者がReal Raw Newsに語った。過去2年間、2人の有罪判決を受けたディープ・ステーター以外は、死ぬまで首吊りにされていたが、JAGは現在、このプロセスはうんざりするほどで時間がかかり、誤作動を起こしやすいと述べている。その結果、死刑を宣告された者は脳天に銃弾を受けることになる。

ある情報筋によれば、JAGは過去の絞首刑のコストと工数を、数発の銃弾のコストと比較検討した結果、この決断を下したとのことである。首吊りには、単に吊るしてスイッチを入れるだけではないのだそうだ。絞首台が正常に機能するかどうかを確認するため、米国陸軍工兵隊のメンバーが絞首刑の前にGITMOに到着し、死刑囚の死亡が確認されるまでそこにとどまる。例えば、小児性愛者のビル・ゲイツの死刑執行では、ロープの長さが不適切だと、死が長引き、苦痛を伴うことが明らかになった。

また、死刑執行に立ち会うために本土から軍の幹部や、時には政治家が来るのを待たずに、死刑執行が行われることもあった。

JAGの判決でより影響力があるのは、ダース・E・クランドール副提督が「絞首台の芝居」と呼んだものだろう。判決から死刑執行までの間、派手好きで大言壮語、反省のない深層心理の持ち主は、死刑執行前のメロドラマ的演出のために舞台芸術の技術を磨くのに多くの時間を費やしてきた。悪魔の呪文から宗教改革の主張まで、あらゆる冒涜的な言葉から性的堕落の行為まで、様々な演出がなされてきた。

かつてクランドール副提督は、プレッシャーの中で冷静さを保ち、時にはディープ・ステイターの最期の瞬間を嘲笑うことで知られていたが、最近の処刑には不満の色を見せ、淫らなアレック・ボールドウィンが死に落ちた後、自らを「サーカス団長」と称した。

「副提督は自分の懸念を後輩に相談し、絞首刑は時間がかかりすぎるし、あまりにも多くの演劇で満たされていることに同意しました。その結果、彼らは合意しました。今後、有罪判決を受けた者は、判決から24時間以内に、縄の代わりに銃で処刑されることになります」と、この情報筋は語った。

JAGは将来の銃殺部隊をどのように選別するかという質問に対して、「1人の海兵隊員」が死刑囚の処刑を担当し、「念のため」バックアップを用意すると衝撃的なことを言った。

これは、歴史的な慣行から大きく逸脱している。銃殺隊は通常、数人の兵士で構成され、全員が同時に発砲するよう指示される。そのため、1人の兵士によってプロセスが中断されることはなく、誰が致命的な発砲をしたのかが特定できないようになっている。

「また、訓練された海兵隊員とはいえ、心理的なスクリーニングは行われるわけで、7〜10人よりも1〜2人の方が効率的です。私自身は、1発か2発の弾丸で十分なのに、なぜ10発も弾丸を使うのだろうと思っています。手足を狙うわけでもあるまいし」と関係者は言う。

「人数の規定はありません。1人でもいいし、20人でもいいのです」と付け加えた。

最後に、彼はRRNに、候補者はすべてボランティアの予備要員から選ばれる、と語った。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

1コメント

  1. このスピードで片付かないことは最初からわかっていたことでは?トランプやホワイトハット?はどうするつもりなんでしょうか?骨抜きにするつもりでしょうか。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

やまとたける on バーガー将軍行方不明
ウッチー on GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 on 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す