日曜日, 7月 14, 2024
ホームアメリカJAGが児童性犯罪課を創設

JAGが児童性犯罪課を創設

By Michael Baxter -2022年8月24日(Real Raw Newsより翻訳)

米海軍法務官(JAG)は、そのリソースの一部を児童性犯罪部門の創設に充て、社会的に最も脆弱な層を食い物にするために権力の座を利用した児童売買人や小児性愛者を追い詰めることを任務としていると、JAG関係者がReal Raw Newsに語っている。

JAGは過去にディープ・ステーターの犯罪を有罪にしたことがあるが、その容疑はごく例外的に反逆罪の容疑に付随するものであった。言い換えれば、JAGの意図は、職務宣誓に違反していない、あるいは合衆国憲法に反して明白な反逆を犯した小児性愛者を即座に追求することではなかったのである。「私たちの仕事は、反逆者を捕まえることです。子供の性犯罪は、本当に恐ろしいことだが、連邦政府や地元、州の法執行機関の責任だった」とJAGの関係者は言う。

しかし、JAGとそのホワイト・ハットの仲間は、司法省が殺人小児性愛者の訴追を拒否したケースでは、動かぬ証拠があっても例外として訴追していた。トム・ハンクスとその親友のピーター・スコラーリの事件はその一例である。

「ある状況下では、JAGは司法省に証拠を届けるために仲介者を使い、議論の余地のない証拠で、彼らがそれに従うかどうかを確かめました。要するに、政治的なつながりがあったり、裕福なセレブなら、金がものを言うし、裁判官も見て見ぬふりをするということです。彼らは何十年もの間、小児性愛者に刑務所行きにならないカードを配ってきたのです」と情報筋は言う。

JAGの監査によると、バイデン政権下で子供に対する犯罪が飛躍的に増加し、バイデンの司法省が小児性愛者を保護しているのではないかという疑念を抱かせる。JAGは最近、児童虐待や誘拐の疑いについて、過去30年間で最も多くの口コミ情報を聞いているという。

この情報筋によれば、ここ数か月の間に、法務官兵団は何度か会議を開き、小児性愛者の蔓延に対抗する権限だけでなく、人員や資源も持っているかどうかが話題の中心になっているとのことであった。その結果、小児性愛の疑いのある政治家やメディア関係者をすべて追及しないと、JAGの評判が落ち、小児性愛者やその好色な悪人たちと同罪になってしまうという結論に至った。

「米国の子供たちに対する反乱が続いており、これを阻止しなければならない」と、情報筋は言う。

この目標を実行するために、Navy JAGは強力な味方を獲得した。ダース・E・クランドール副提督は、陸軍のカウンターパートであるスチュアート・リッシュ陸軍法務大臣に初めて支援を要請した。リッシュ中将は、小児性愛が蔓延しているところならどこでも戦うと誓った、と情報筋は言っている。

「我々は今、正義を逃れた者たちを裁くための相当な戦力を有している」と、我々の情報筋は言った。

最後に、彼は、合同捜査本部が「重大な逮捕」を実行したところであり、早急に詳細を伝えると述べた。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

3 コメント

  1. 良い事だとは思うけど、リソース的に大丈夫なのかしら?
    DSの資金源を減らす、若返りさせない点ではある程度のインパクトは与えられるかもですが。

  2. 米軍は、通常の司法権とは別に、独自の司法権を持っている、と読んだ事がある。
    反乱法の発動とは別に、通常の司法権を行使すれば、出来ないことはないのだろう。
    実際に、DSが絡んでいることが多いので、国家反逆罪では逮捕出来ない人も、これで逮捕出来て良いのかも知れない。

  3. DSは、児童性犯罪や児童の人身売買と深い関係があるみたいだから、この方がやり易いかも知らないな。ビル・ゲイツやヒラリーもそうだった。今まで処刑された人もそういう人が多かった。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す