水曜日, 5月 22, 2024
ホームアメリカファウチ、憲法修正第2条を廃止することを支持

ファウチ、憲法修正第2条を廃止することを支持

By Michael Baxter -2022年2月17日(Real Raw Newsより翻訳)

プランデミックの首謀者であるディープステートのアンソニー・ファウチ博士は、四半期ごとにブースターを打ってほしいと考えている。


彼は、民主党の議員に中間選挙までマスクの義務付けを緩和するよう勧めた。

今、ディープステートの医師は、彼の薄汚い履歴書に、より厳しい銃規制法と憲法修正第2条の廃止を提唱する新しい専門分野を加えた。

先週の金曜日、ファウチ、カマラ・ハリス、ロシェル・ワレンスキー、アレハンドロ・マヨルカスのような自由を嫌う専制君主たちが、ボルチモアのフォーシーズンズ・ホテルの会議室で密かに会合を持った。そこで彼らは、法律を守る市民から武器を持つ権利を奪うために、この大流行を利用する方法について、立法または行政措置によって話し合った。

会議の記録を見たある政権の内部告発者がReal Raw Newsに語ったところによれば、このグループの中で最も発言力のあるファウチが、プランデミックと銃による自殺の著しい増加の間に直接的な相関関係を描いたという。

「科学に従えば、過去3年間に銃器による死亡事故、特に若者の自殺が500%増加していることが分かる。病気は止められないが、人が銃を持つことは止められる、ただその覚悟が足りなかっただけだ。もし、科学的に、うつ病の大流行が銃で命を奪う原因になっているというなら、科学に従って銃器を排除しなければならない」と、ファウチ教授は会議の冒頭で説明した。

彼の発言は拍手喝采を呼び、ハリスは立ち上がって盛んに手を叩いた。一方、ディープステートの手先であるマヨルカスは、確かに悪魔の代弁者のように見えた。

「パンデミックであろうとなかろうと、我々は何十年にもわたって市民の手から銃を取り去ろうとしてきました。クリントンも試しました。オバマも試しました。悲しいかな、アメリカはオーストラリアとは違います。そして今、私たちは有権者に義務付けを緩和するよう働きかけています。そうすれば、パンデミックの恐ろしさが軽減されるでしょう。今後数か月で、銃による自殺の件数が減少することは間違いありません」とマヨルカスは語った。

「科学的にはそうではない」とファウチが反論した。「マスクは中間決算に関係なく、戻ってくる。オミクロンより感染力が強く、デルタより致死率の高い別のコビド菌が11月、おそらく中間選挙の直後に出現することは科学的に間違いないだろう。マスク着用義務や戸締まりを強化し、銃による暴力や自殺の割合が再び増えるだろう。科学は嘘をつかない」とファウチが言った。

「アンソニーに同意する。私はキャシー(Hochul)から電話をもらっているが、彼女は人々がマスクをつけないことについて全く満足していない」とロッシェル・ワレンスキーは言った。

この会合はおよそ2時間続き、最後にファウチが積極的な銃刀法制化のメリットについて10分ほどの講義をしたに違いない、と情報筋は言う。ファウチの説教は、まるで祈祷のようであった。大げさな表現で、ピリオドやセミコロンがどこにもない中で、ファウチは、「パンデミック時に銃で自殺する人々を救う」という名目で、修正第2条の廃止を支持するよう同志に勧め、切望し、最後には懇願した。
トランプの真実
RELATED ARTICLES

1コメント

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す