土曜日, 6月 3, 2023
ホームアメリカ国税庁が "スナイパースクール "を開校へ

国税庁が “スナイパースクール “を開校へ

By Michael Baxter -2022年8月10日(Real Raw Newsより翻訳)

報復を恐れて匿名を条件に話しているある政権の内部告発者は、火曜日にReal Raw Newsに、IRSが新たに得た富-870億ドルの一部を使い、国庫捜査官が人気のあるレミントンモデル700シリーズのライフルの軍および警察バージョンであるM24 Sniper Weapons System (SWS) の使用訓練を受ける「狙撃学校」を開設する予定だと語った。

この情報筋によると、IRSはすでにユタ州に場所を決めており、犯罪政権が違憲の気候・健康・税金法案を批准した時点で着工する予定だ。この法案は800億ドル以上を「内国歳入庁改善」に充当する。これらの改善には、87,000人の新しい捜査官の雇用が含まれ、その何割かはスナイパーアカデミーに通うことになる。

内国歳入庁には現在7万8,000人の職員がいるが、書類作成の事務員と、特別捜査官と呼ばれる執行官の2種類に分かれており、後者は連邦政府のすでに溢れた財源を豊かにする以外の理由はなく、勤勉な市民を迫害するのである。言い換えれば、私たちはIRSに税金を徴収する税理士を雇うためにお金を払っているだけでなく、私たちに対抗するために武装するためにお金を払っているのである。はっきり言って、IRSには狙撃兵部門がある。バージニア州クアンティコにあるFBIアカデミーでFBI捜査官と一緒に射撃訓練を受けた約150名の兵士だ。しかし、IRS長官のチャールズ・レティグは、「税制に反対する主権市民とトランプ支持者の高まる脅威」と戦うために、捜査官が訓練できるように、彼の機関が独立した施設を必要とするという考えを広めていると、私たちの情報源は述べた。

レティグ氏は、長距離狙撃兵の数を30倍、つまり約5,000人増やしたいと考えているという。

「彼(レティグ)は個人的に狙撃兵学校の候補地をいくつか偵察し、ボンネビル・ソルトフラッツ近くの約140エーカーの敷地を選びました。早急に建設を始めたいようで、3,500丁のライフル銃の注文を入れました。完成すれば国税庁の攻撃力が大幅にアップします。莫大な資金が手に入り、自由に使えるようになります」と、関係者は語る。

そして彼は正しい。政権の800ページを超える法案には、国税庁が870億円をどのように使うかについて何の規定もなく、ただ「国税庁の改善」に使われるというだけだからである。

カマラ・ハリスが法案に同数票を投じた数時間後、レティグは憲法学者たちから、IRSが平均的な収入の市民に対する監査を強化するかどうかという質問を受け、精査された。レティグ氏はもちろん嘘をつき、年収75,000ドル以下のアメリカ人は監査が増えないと言い、その代わり、古くなったコンピューターシステムと枯渇した労働力を交換するために資金が使われると言った。

「まったくの嘘だ。IRSは、FBIのように、政府の軍事部門としての地位を固めようとしているのです」と情報源は語っている。

関連記事:

トランプ氏、IRSを廃止へ

デルタフォースがIRSの武器出荷を押収

トランプの真実
RELATED ARTICLES

6 コメント

  1. コードを書き換えるコードを渡していないそうです。軍が持っているのでしょう。FBIも軍には手を出せません。

  2. ホワイトハウスを出てフロリダに帰る時に、フットボールを持っていましたが、バイデンの就任と同時にコードを書き換えるといわれていました。
    てわも、書き換えられていなかったのですね。
    バイデンは、ホワイトハウスには入れたのかな。今でも、映画のセットで執務しているのかな?

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

やまとたける on バーガー将軍行方不明
ウッチー on GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 on 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す