水曜日, 2月 21, 2024
ホームGITMOマー・ア・ラゴ危機の中、GITMOは "戦闘態勢 "へ

マー・ア・ラゴ危機の中、GITMOは “戦闘態勢 “へ

By Michael Baxter -2022816日(Real Raw Newsより翻訳)

FBIがマー・ア・ラゴのゲートに武器を取り出して集合するやいなや、トランプ大統領のフロリダ司令部を守るために任命された4人のうちの1人である米海軍特殊部隊から、米海軍グアンタナモ湾基地に簡潔なメッセージで電話がかかってきた。我々は攻撃を受けていると。


シールズは命令に従ったのだ。彼はマー・ア・ラゴへの攻撃が単独事件であることを知る由もなかった。ディープ・ステートが国中のホワイト・ハットの施設を同時に攻撃していたかもしれないし、マー・ア・ラゴが陽動作戦だったのかもしれないのだ。


マー・ア・ラゴから400マイル離れたキューバの南東岸にあるGITMOの愛国的な副司令官、マシュー・ジェモット米陸軍大佐は、このシナリオを少し考えてから、基地の即応警備チームを動かして電話をかけ始め、最初の電話はキャンプ・ペンドルトンの海兵隊のデイビッドH・バーガー将軍につながった。ジェンモット大佐から連絡を受けたバーガー将軍は、「GITMOは訓練をしているのか」と尋ねた。


「いいえ、そうではありません。これは訓練ではありません。繰り返しますが、これは訓練ではありません。これは現実の世界なのです。マー・ア・ラゴが攻撃されているのです。司令官は基地におらず、連絡がとれません」とジェモット大佐は言った。


「バトル・ステーション。これは憲法に対する攻撃かもしれない」と、バーガー将軍は告げた。


450人の兵士と海兵隊員は突然、まだ暗い空に鳴り響くけたたましいサイレンの音で目を覚ました。海兵隊警備隊(MCSF)の半数は、海岸沿いの機銃掃射台や高射砲などの戦場に配置されていた。残りの半分は、合同収容グループの支援を受けて、米海軍の法務官(Judge Advocate General)部隊が軍事裁判を待つディープ・ステートの囚人を収容するキャンプデルタを含むGITMO内部の保護に動いた。


JAGの上級士官であるダース・E・クランドール副提督は、クラクションで目を覚まし、ジェンモット大佐に状況報告の電話をかけた。ジェモット大佐は、マー・ア・ラゴが包囲されたこと、バーガー将軍が、キャンプデルタに収容されているディープ・ステートの仲間を救出するために、ディープ・ステートがGITMOを攻撃するかもしれないことを懸念していることを告げた。彼は、現在何人の囚人が収容されているのか確認を求めた。提督は「12人、うち3人はHVTHigh Value Targetsの頭文字)」と答えた。デルタ基地は警備が3倍強化され、各部屋を4人の重装備の海兵隊員が守っていた。


余談だが、Real Raw Newsでは、3人のHVTのうち、810日に法廷が予定されていたアブリル・ヘインズと、86日にデルタフォースが逮捕したポール・ペロシの2人だと考えている。3人目のHVTや他の9人の被拘束者についての情報は得られていない。


GITMOの司令室では、ジェモット大佐とスタッフが、ディープ・ステートがどのように軍隊を島に上陸させるか、空路か海路か、あるいはその両方かについて議論していた。しかし、GITMOのリーワード・ポイント飛行場の管制室では、空からの侵攻の兆候は見られなかったものの、トランスポンダを搭載していないモードCの航空機や、地上500フィート以下を飛行する航空機は、迅速な発見を阻害する可能性があると認めています。海岸にいた海兵隊員は、水平線に高速攻撃船が来ないか目を光らせ、他の兵士は肩撃ちの「スティンガー」ミサイルを開封し、大きな円筒形の電池を穴に差し込んだ。


司令部では、ある名前が挙がっていた。カリフォルニアのアーウィン基地司令官で元ホワイト・ハットのカーティス・テイラー准将は最近、憲法を時代遅れの文書と非難し、ジョセフ・バイデンに忠誠を誓い、国内の脅威から政権を守るために軍隊を「準備中」だと宣言していたのだ。


ジェンモット大佐は、裏切り者のテイラー准将が、ホワイト・ハットが国家にとっての真の脅威であると部下に信じ込ませているのではないか、と懸念を表明している。余談だが、リアル・ロー・ニュースでは、3人のHVTのうち、810日に法廷が予定されていたアブリル・ヘインズと、86日にデルタフォースが逮捕したとみられるポール・ペロシが含まれているとみている。3人目のHVTや他の9人の被拘束者についての情報は得られていない。


バーガー将軍から、憲法を遵守する指揮官がいる他の基地は包囲されていないとの連絡が入るまで、5時間、GITMOは戦闘態勢を整えていた。マー・ア・ラゴは例外のようだという。


マー・ア・ラゴは一過性のものだったようである。


ジェモット大佐もクランドール副提督も、「治安改善」を待って軍事法廷を延期することに同意した。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

13 コメント

  1. 時間が経ち過ぎると、ホワイトハットの方が反乱軍になってしまう恐れがある。軍の統制がどれくらいとれているのか、それが問題だ。

  2. FBIだけなら、いままでと変わらないが、軍が動くとどうなるか分からない。ホワイトハットは、どれくらい軍を掌握しているのかな?

  3. ホワイトハットでない軍がどれくらいいるのかは不明だが、11月の中間選挙で共和党が勝ち、2年後の大統領選挙でトランプ氏が復活する可能性が高い状況から、すぐに動くことはないような気がする。

  4. 未だに“バイデン”を
    擁護する“輩”がいる事に
    驚くばかりだ…😓

    やはり…何か弱味を握ら
    れてるのだろうか?

    配下の軍人であっても
    白帽子を裏切った上官
    に付き従うとは
    思えない。

    今、反旗を翻し向かって
    くる輩どもは筋金入りの
    DS だろう!💢

  5. 大統領在任中は、空軍、海軍、宇宙軍はトランプ支持という記事を見た事があるが、今は分からない。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す