火曜日, 5月 21, 2024
ホームGITMOナンシー・ペロシがGITMOで絞首刑にされる

ナンシー・ペロシがGITMOで絞首刑にされる

By Michael Baxter -2022年12月27日(Real Raw Newsより翻訳)

ドナルド・J・トランプ大統領は、火曜日、ナンシー・ペロシの処刑を目撃するためにグアンタナモ湾におり、午前10時に行われたと、JAG関係者がReal Raw Newsに語った。

失脚した大統領は、米海兵隊のシコルスキーVH-3Dシーキング・ヘリコプターでGITMOに到着し、12月1日にグアンタナモ湾に到着してから、過ごしていた6×9フィートの独房から基地スタッフがペロシを引き上げたのとほぼ同時に、執行場所に案内されたと伝えられている。以前報告したように、ペロシは、社会主義者エマニュエル・マクロンを称える、税金と10億ドルが投入されたパーティーに出席した後に逮捕された、大勢のディープ・ステイターの1人であった。長い軍事法廷の後、海軍法務官(JAG)パネルはペロシに反逆罪と殺人の共謀罪の有罪判決を下し、死刑を宣告した。

キャンプデルタのスタッフは、ペロシを、故ヒラリー・ローダム・クリントンに次ぐ、怒りっぽい囚人と呼んだ。偶然にも、彼女は2021年4月の絞首刑を前に同じ房にいた。おそらく、ヒラリーのポルターガイストが監房に住みつき、ペロシに取り憑いて、彼女を待ち受けるもの、すなわち、虚無の中で永遠に呪われる来世を知らせたのだろう。

GITMOの看守によれば、好戦的なペロシは、監禁されて最初の1週間は、アルコールの禁断症状で苦しんでいたという。ペロシは、独房の隅で毛布にくるまって震えていたそうだ。彼女の気分は、憂鬱と激情の間で変化し、時には緊張して自分の考えに没頭し、時には抑えきれない怒りで叫び、独房の床に排尿することもあったという。

しかし、ペロシは火曜日の朝、檻(おり)から出されたとき、叫ぶこともできなかった。看守が彼女の最後の食事であるワッフルとアイスクリーム2スクープに鎮静剤を混ぜたため、意識はあるが抑制されたままだったと、我々の情報筋は語った。それにもかかわらず、彼女は猿ぐつわをされ、腕と足首を拘束されて絞首台に運ばれた。

海兵隊員が彼女を装甲ハマーから引きずり出し、死刑台に続く浅い階段まで歩かせ、制服を着た兵士がスイッチを押す命令を待ち、海軍の牧師が最後の儀式を行う準備をしている間、ペロシは自分を解放しようとした。

そして、ペロシはトランプ大統領を見た。首つり縄が彼女の首筋にかけられたとき、彼女の目は細くなり、怒りで震えたと関係者は言う。

トランプの横には、クランドール副提督と軍の幹部がいた。トランプは副提督の耳元で言葉を囁いたが、それ以外はストイックに沈黙していたと情報筋は言う。クランドール副提督は、死刑囚に最後の声明を出す義務があると感じ、ペロシに、猿ぐつわを外すように命じたら、行儀よくするだろうかと尋ねたという。彼はペロシに、喧嘩腰の発言は彼女の運命を変えることはないと忠告した。

ナンシーが頷くと、絞首刑執行人が彼女の猿ぐつわを一瞬はずした。

「おまえら全員くたばれ、特におまえだ。これはすべておまえたちがやったことだ。私は真の大統領の代理人だ。それはジョセフ・バイデンでもなければ、あなたでもないことは確かだ。私を殺せば、死ぬまであなたを呪ってやる」と言い、彼女はトランプ大統領を見つめていた。

副提督は最後の儀式を望むかどうか尋ねた。

ナンシーは牧師に向き直り「おまえもだ」と言った。

「それは、『いいえ』ということですね」と提督は言った。

最後にトランプ大統領が話した。「さようなら、ナンシー」。

ナンシーは牧師に向き直り「おまえもだ」と言った。

「それは『いいえ』ということですね」と提督は言った。

ナンシー・ペロシは2022年12月27日午前10時7分(米国東部標準時)に死亡が確認された。

トランプ大統領にとって、彼女の死はカタルシス(感情の浄化)だったに違いない。彼女は自分だけでなく、末っ子のバロンを含む彼の家族の殺害を企んでいたのだ。

情報筋がReal Raw Newsに語ったところによると、トランプはクリスマス当日の襲撃事件の余波を視察した。彼は個人的に「GITMOの安全確保」に協力すると約束したが、それが何を意味するのかは説明しなかった。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

3 コメント

  1. 「失脚した大統領」・・・

    復権は諦めたということですね。

    トランプさんの再選が難しくなると、ホワイトハットの立場が弱くなります。

  2. デサンティスな時と違って、誰も出迎えしなかった。

    ヒラリーの時と違って、誰も立ち会わなかった。

    トランプ氏と軍との関係の変化がよく分かる。

  3. 正直、カード販売したトランプにバーガー将軍が愛想を尽かして辞めたときは終わったと思った。

    仲間割れしてる場合じゃないし、仲間割れして勝てる相手でもないだろうと。

    トランプとしてはメディアに取り上げさせて露出度を高め、カムバックへの機運を高めるためにやったらしいが。

    それにしたってカード販売ってどうなんだと思うし、それならそうとバーガー将軍に説明すべきだろう。

    ただ、バーガー将軍が穏便に進めた結果が現在の惨状なのも事実。ついには赤ちゃんまでワクチンで毒殺される始末。

    その点、スミス将軍は内戦も辞さない構えで、ディープ・ステイトの悪行を暴露
    すると言ってるから緊急放送も期待できる。

    塞翁が馬かもしれない。今回の将軍交代で一気に流れが変わり、闇の勢力が一掃されることを期待したい。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す