日曜日, 6月 16, 2024
ホームアメリカJAGがディープ・ステーターを欠席裁判で起訴へ

JAGがディープ・ステーターを欠席裁判で起訴へ

By Michael Baxter -2022年11月17日(Real Raw Newsより翻訳)

JAG関係者がReal Raw Newsに語ったところによると、米海軍の軍事委員会と法務官(JAG)は、ディープ・ステーターたちを法廷に立たせずに起訴、告訴、裁判、有罪判決、判決を下すことができる「不在中起訴」を開始する予定であるとのこと。

JAGは、封印された起訴状に記載されたディープ・ステーターたちが、軍の逮捕を避けるために集団で国外に逃亡しているという報告を確認し、特にCDC(疾病予防管理センター)長官のロシェル・ワレンスキーが逮捕を逃れて外国に逃亡した後にこの決定を下したという。

11月7日に報告されたように、軍はモデルナ社のCEOスティーブン・バンセルとワレンスキーを、バージニア州の高級レストランでビジネスディナーをする予定だったので、同時に逮捕しようと考えていたが、ワレンスキーがバンセルと突然関係を絶った。JAGによると、バンセルが焼きハマグリに舌鼓を打っている間、ワレンスキーはマイアミ港でバハマ行きのクルーズ船に乗り、そこからヒースロー行きの飛行機に乗り、さらにそこからブリュッセル行きの飛行機に乗っていたとのことだ。

「彼女は今、外国でCDCを遠隔操作している。極悪非道な連中は、悪人だが馬鹿じゃない、あるいは馬鹿じゃない友人がいる。彼らはかなりの資源を持っています」と、情報筋は言っている。

他のディープ・ステーターは、メリック・ガーランド司法長官とアントニー・ブリンケン国務長官が国外に逃亡している。

11月13日、ダース・E・クランドール副提督は上級スタッフを招集し、不在中裁判の合法性を議論した。コモンローの法体系では、この言葉は単なる空間的な表現にとどまらない。これらの制度では、刑事裁判において被告人が法廷手続きに立ち会う権利に対する侵害を認めることを示唆している。1884年、最高裁判所は、「立法府は、重罪の訴追において生命または自由が関与する者の保護には、その者が裁判に個人的に出席すること、すなわち、その者に対する手続によって実質的権利が影響を受ける可能性がある裁判のあらゆる段階において出席することが不可欠であると考えた」と判示した。もし、そのような出席をせずに生命や自由を奪われた場合、そのような剥奪は憲法が要求する法の適正手続きに反していることになる。例外は、被告人が何らかの理由で自発的に出廷しない場合に、裁判所が不在中審理を行うことを書面で承認している場合である。

クランドール副提督は、軍事法廷が慣習法の制約に縛られることはなく、トランプ大統領が1807年の反乱法を発動したことで、JAGは反逆者を裁くために必要なあらゆる行動を取ることができると見解を示した。また、逮捕を避けるために国外に逃亡することは、保釈中に行方をくらますことに等しく、自発的な行動であるとも述べた。

合法性と暴動防止法はさておき、我々は情報筋に、自らを守るために出席していない人物に対して裁判を行うことの倫理性について尋ねた。

「ディープ・ステートの工作員がいつから自己弁護をするようになったのでしょうか? 彼らがすることは、拳で叩き、空に向かって『こんなことはできない! 私が誰だか知っているのか? この代償は払ってもらうぞ』と叫ぶだけです。ディープ・ステートの諜報員は、これまでまともな弁護をしたことがありません。なぜでしょうか? 彼らに不利な経験的証拠は反論の余地がないため、彼らができることは叫ぶだけだからです。クランドール提督は、自分の能力の範囲内でこれを行うことを決定しました」と、我々の情報筋は述べている。

この欠席裁判は正式な法廷の場では行われないという。その代わりに、クランドール副提督か彼の代理人が、会議室で列席した陪審員と一緒に座り、JAGが証拠を提示して、陪審員に評決を出すように求め、適切な場合には、処罰を勧告することになる。

「ディープ・ステイターは結局のところ、だらしなくなってしまうのです。ホームシックになります。やがて彼らは再入国を試みますが、そのとき私たちは彼らを捕まえるでしょう。そうすれば、長時間の裁判を避け、絞首台へ直行させることができます」と、この情報筋は語っている。

最後に、JAGは今後も、不在中の裁判に加え、通常の裁判も行うとのことである。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

3 コメント

  1. たとえ起訴して、死刑判決が出て執行されても、あくまで今回のイベントの下っ端でしかない。彼らに命令した中枢までは行きつけないまま終わるでしょう。そんな予感がしてます。ロス茶でさえ、単なる金庫番ですから。

  2. 不在中起訴はアナウンスするのだろうか?その場合、警戒させて二度と国内に戻らない、又は国外逃亡に拍車を掛ける事にはならないだろうか?

    • 軍事裁判は非公開らしいので、総司令官が公言しないと秘密でしょう?。一般人には非公式のリーク情報しか分からないと思いますが、如何でしょう??

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す