日曜日, 5月 19, 2024
ホームアメリカ特殊部隊、悪のFEMAエージェントから子供を救う

特殊部隊、悪のFEMAエージェントから子供を救う

By Michael Baxter -2022年9月30日(Real Raw Newsより翻訳)

デイビッド・H・バーガー将軍の事務所の関係者がReal Raw Newsに語ったところによると、水曜日に米特殊部隊が、母親の腕から幼児を引き離し、その子を激流に投げ入れると脅した連邦緊急事態管理局(FEMA)の職員を射殺したそうだ。

タミアミト・レイル・レーン(ハイウェイの名前)では、4フィートの水が押し寄せ、かつては静かだった近所のブロックが轟音の急流に変わりました。車やSUV、何十個ものゴミ箱が、まるで紙のボートのように浮いている。多くの地元住民は高台に避難していたが、安全な場所がなかったため、あるいは国立気象局がセンセーショナルな報道をするために暴風雨の強さを誇張したと信じて、家に留まった人々もいた。

ジュリー・デイビスさん(27歳)と3歳の娘ハンナちゃんは、タミアミ・トレイル・レーンの住民の一人である。ジュリーの夫ブロンソン氏は、インナードクターズベイの東岸に土嚢を積むために呼び出された。その場所の水は洪水のレベルを超え、警察、消防、ボランティアは、湾がさらに地域に浸水するのを必死で防ごうとしたのだ。ブロンソン氏は、ジュリーさんに「娘を連れて自宅の2階へ行き、戻ってくるまでそこにいてくれ」と言ったという。

ブロンソン氏が不在の間、彼女の住むブロックの水位は上がり続け、家の周囲に敷いた土嚢は飽和状態になり、大きくなる洪水の下敷きになって消え、ついにはデイビス夫人の家の地下と1階まで水浸しになってしまった。電気は、強風で電柱から変圧器が引きちぎられ、火花を散らしながら川と化した道路を螺旋状に流れていった。

デイビスさんが救われたと思ったのは、窓の外にモーター付きのいかだが見えたときだった。いかだの上で雄たけびを上げながら、FEMAの職員だと名乗り、被災者を洪水から遠く離れた安全な避難所に連れて行くと言った。

彼女はハンナを抱きかかえ、階段を下りて太ももまである濁った水の中に入っていった。彼女はバランスを取ろうと水の中をとぼとぼ歩き、助けが必要だが救急隊員である夫の帰りを待っていると言った。いかだの上にいたFEMA職員は、避難するようにと言い、身を乗り出してデイビスさんの腕から子供を引き離した。

その時、捜査官はデイヴィス夫人に「家に現金、金、宝石、銃などの貴重品はないか」と尋ねた。彼女が「全部水に浸かっている」と言うと、エージェントは「解放するにはタダではない」と言った。そして、FEMA職員はハンナの手首をつかんで、いかだの端にぶら下げたまま、「本当に何も隠していないのか?」と言った。

そのとき、運良く6人の米軍特殊部隊の兵士を乗せたエアボートが道路に飛び出した。彼らは状況を把握し、自分たちの雄叫びでFEMAエージェントに、降伏して子供を母親に引き渡せと命令した。6人の兵士のうち4人がライフルでFEMA職員に狙いをつけた。

「これ以上近づいたら、この子を殺すぞ」とFEMA職員の一人が叫んだ。

弾は彼の額を撃ち抜き、即座に死亡した。彼はいかだから水中に転げ落ちた。

特殊部隊の兵士が「従わなければ、残りの者は死ぬぞ」と答えた。

残りのFEMAエージェントは立ち下がり、子供を母親のもとに戻した。

「他の3人のFEMAエージェントは拘束され、デイビス夫人とハンナはデイビス氏と一緒に安全な場所にいます。我々は幸運でした。適切な場所、適切なタイミングで。本当に奇跡的だ さもなければ、ジュリアとハンナはどうなっていたか分かりません」と情報提供者は述べた。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

5 コメント

  1. 民度が低いのかな? 
    中国は、しょうがないと思ってましたが、アメリカがここまで酷いとは思わなかった。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す