水曜日, 2月 21, 2024
ホームGITMOGITMOのダブルヘッダー処刑。アンソニー・ファウチとロレッタ・リンチ

GITMOのダブルヘッダー処刑。アンソニー・ファウチとロレッタ・リンチ

By Michael Baxter -2022年4月25日(Real Raw Newsより翻訳)

理由は明らかにされていないが、容易に想像できることとして、米海軍法務官(JAG)部隊は、アンソニー・S・ファウチの死刑執行予定日を4月26日から4月25日に突然変更し、月曜日の朝、彼だけでなく、GITMOのもう一人の有名人、4月7日に判決を受けた元クリントン顧問ロレッタ・リンチも執行する義務を果たしたのである。

ファウチがGITMOの警備員に起こされ、最後の食事を取るかどうか尋ねられた2時間後の午前8時ちょうどに、連日の絞首刑が開始された。寝起きのファウチは、呆れたように「まだ月曜日だ、このバカども。オバマはまだ電話してくるかもしれない」と言ったという。

RRNが調べたJAGのメモによると、ファウチは、オバマがGITMOに電話をかけて、執行猶予を与えたり、軍事委員会の自分に対する判決を覆す権限があると純粋に信じていたのである。オバマが電話をかけてこないことを知らされると、ファウチは自暴自棄になって好戦的になり、自分の無実を主張し始め、空に向かって大声で叫び、そのしわがれ声がキャンプデルタの留置場の壁にこだまするようになった。「私はファウチ博士だ」と叫んだ。

一方、キャンプデルタの反対側にあるGITMOの警備員は、ロレッタ・リンチに彼女の出番が来たと告げた。ファウチとは違い、彼女は一度もオバマの名前を出さなかった。むしろ、GITMOの職員が言うように、驚くほどの素早さと予想外の威厳をもって、自分の運命を受け入れていた。片手には欽定訳聖書、もう片方の手には十字架が握られていた。JAGの代表がRRNに語ったところによると、リンチはグアンタナモ湾での短い滞在の間に宗教を見つけたと主張しているとのことである。

彼女の処刑が最初に行われた。

午前8時、リンチと武装した警備隊を乗せた軍用車は、軍の集団と絞首台が彼女の到着を待っていた広場に入った。彼女は車から降り、「死の陰の谷を歩こうとも、私は災いを恐れません。あなたが私と共におられ、あなたの鞭とあなたの杖が私を慰めてくれます」と言いながら、死刑執行装置に向かって進んだ。

絞首台の上には、慣例としてアメリカ海軍の従軍牧師が立っていた。その牧師とは、今年始めのギャビン・ニューサムの死刑執行で血の気が引いたドリュー・ダウグストである。 リンチは彼の横に立って、絞首刑執行人が首に縄をかけるとき、「私のために祈ってくれますか」と尋ねた。

「もちろん、そうします」とダウグスト牧師は言った。「神よ、すべての聖なる願い、すべての正しい道理、すべての正義は、この子供をあなたの歓迎する腕の中に受け入れてください…」
その下で、ダース・E・クランドール副提督が話した。「もしあなたが本当にキリストを受け入れたのなら、 私はあなたを賞賛します。もっと早く受け入れていれば…。しかし、あなたは反逆罪で有罪となり、絞首刑を宣告されたのです」。

「クランドール副提督、あなたはすべきことをするのです。私は死を恐れません。私は救われたのですから。より良い世界が私を待っています。宝石のような歩道と黄金の道路の世界、苦しみのない世界です。私はあなたを許します」とリンチは言った。

クランドール副提督はしばらく黙って立っていたが、首吊りの合図をした。

1秒後、リンチは死んでいた。

「もう一度用意しろ、1時間後に」とクランドール副提督は絞首台を指し示しながら言った。
ファウチが到着した9時15分には、リンチの死体は現場から運び出され、絞首台は再び吊り下げられていた。彼はその日、他の誰かが絞首刑になったことを知る由もなかった。武装した護衛の下、彼は意地悪くハマーから現れ、ドナルド・J・トランプやランド・ポール上院議員について口走り、軍事裁判の憲法上の違法性を泣き喚いた。まるで、闇の支配者が奇跡的に現れることを期待しているかのように、オバマのあれこれである。

クランドール副提督に卑猥な言葉を浴びせていた時、背中にM18ピストルの銃身がしっかりと押しつけられたのを感じた。ピストルを持った海兵隊員は、ファウチに階段でプラットホームに上がるように命じた。そこでダウグスト牧師が最後の儀式を行ったが、ファウチはそれを拒否した。

「おまえも儀式もくそくらえだ」とファウチは言った。

「アンソニー・スティーブン・ファウチ、反逆罪、殺人、殺人未遂、殺人の共謀、そしてこの病人、子供に対する性犯罪で有罪となり、死ぬまで首吊りの刑に処する。最後に何か言いたいことはあるか?」とクランドール副提督が呼びかけた。

吊り手がファウチの痩せた首に縄をかけているところだった。

「私が科学を信じているから殺すのだ。あなたがたは誰も科学を理解していないし、理解していたら今すぐ私を釈放するはずだ。科学は不変だ…」とファウチは叫んだ。

「科学を理解する手助けをさせてくれ、ファウチ」クランドール副提督が口を挟んだ。「科学には重力というものがあって、それは逃れられないものなんだ。見せてあげよう」。

ファウチの足下のドアが開き、彼は落下して死んだ。首が折れる一瞬前に、ゴクリと音を立てた。

彼は死亡を確認され、ポリウレタン製の袋に入れられた。 


トランプの真実
RELATED ARTICLES

8 コメント

  1. なんで我が国の政治家たちはのうのうと政治をしているのか、わからない。偽物なのかな?ファウチ氏同様にワク推進で国民を苦しめたはずなのに。

  2. 何故、日本のマスメディアはこのニュースを流さないのか…
    流石、ポチ国ニッポンですね。
    今回の歴史上最大の薬害。
    必ず政府も厚労省もマスメディアも裁かれるべきです。

    • 背任罪、収賄罪、殺人罪、死体遺棄罪、外患誘致罪、国家反逆罪、共謀罪、過失致死罪、扇動などで逮捕と賠償請求(国家ならびに国民に対し)をお願いします。

  3. 日本のメディアは外資に乗っ取られているので真実が報道出来ないんですよね。
    敗戦国。属国では無いのに。
    多くの人が目覚めるきっかけになることを祈ってます。

  4. マスクを外して外へ出よう^^💕私達にでもそれくらいは出来ること。奴隷から開放されるんじゃない。自ら群れから離れる意思表示をしよう。

    • 店やバスとか、集団にいないときは、外しています。最初から、コロナは信じていません。いつも、人と違う認識でいたので、今回の件でも、ワクを打たずに済みました。ただ、人と異なる認識(リアルに見えてしまう)のため、話が合わず苦労しました。だんだんと話が合う人が増えてきて、良くなっていると思います。あちら側から与えられた現実を少しずつ破壊すべきかと思いますね。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す