火曜日, 5月 21, 2024
ホームCovid-19ワクチン接種を受けた別のパイロットが墜落し、火傷を負う

ワクチン接種を受けた別のパイロットが墜落し、火傷を負う

By Michael Baxter -2022年11月23日(Real Raw Newsより翻訳)

CNN系列のWBTVの最近接種したパイロットが、火曜日の午後、彼が操縦していたヘリコプターが、ノースカロライナ州シャーロットのインターステート77の近くの野原で、制御不能になり、墜落して死亡した。同乗していた気象予報士のジェイソン・マイヤーズも死亡した。

国家運輸安全委員会はまだ事故の予備報告を発表していないが、WBTVの2人の情報筋は、パイロットのチップ・タヤグが運命のフライトの4時間前に4回目のCovid-19の予防接種を受けていたとReal Raw Newsに語った。彼らは匿名を条件にコメントし、WBTVが全社員に、事故について話すときはワクチンについて触れないように、あるいは放送中であろうとなかろうと全く触れないようにとの指示を出したという。

WBTVのシャーロットスタジオの多くの従業員は、タヤグがワクチン接種をしたばかりであることを知っていた。彼は公然と自分のワクチンの状態を自慢し、同僚に最新のワクチン計画を保つようにと懇願していたからだ。

「チップはワクチンが大好きだった。彼は、誰かがブースターのことを知らないと言うのを聞いた場合、何かを言うだろう。その朝、彼はジェイソンを捕まえるためにスタジオにいた。チップは笑顔で、彼の腕に小さなバンドエイドを指して、彼はCDCの勧告に従って別のショットを得た人々に語った。彼は元気で、健康そうで、ジョークを飛ばしていた」とある関係者は言う。

もう一人の関係者は、タヤグは20年の飛行経験を持ち、1999年以来世界で最も売れているロビンソンR44ヘリコプターで何千時間も飛行した熟練した有能なパイロットであったと語った。ロビンソン・ヘリコプター社によって製造されたR44は、優れた安全記録を持っている。パイロットは、信頼性が高く、頼りになり、迅速で、メンテナンスが簡単だと言っている。

RRNは、WBTVのR-44の整備記録を入手することができなかった。

「NTSBが何を言うか聞いてみるが、チップがヘリの制御を失ったとは信じがたい。彼はあまりにも優秀だった。私はワクチンが彼を殺したと考えるのは嫌だ。私自身は2、3の予防接種を受けた」と情報筋は言った。

Real Raw Newsは、WBTVの死亡事故を血栓注射のせいだとは断定していない。しかし、ワクチンとパイロットが飛行中に病気になったり死んだりすることの間には否定できない相関関係がある。

Real Raw Newsは、国防長官ロイド・オースティンのワクチン接種義務に抗議して米空軍パイロットが一斉に辞職し始めた2021年9月に、これらの現象について報道し始め、国防省が “訓練事故 “と呼ぶ、ワクチンを接種した兄弟たちが晴れた青空から落下し始めた後に、この現象を報道し始めた。2021年10月15日、アメリカン航空A320の1番シートに座っていたワクチン接種済みのパイロットが急性心筋炎で心臓発作を起こした。副操縦士の反射神経で機体の落下は阻止された。

今、政権のHHSはマスクとワクチン接種の義務を再び課そうとしているが、これはさらに多くのナイーブな羊たちの命を危険にさらすことになりかねない。昨日、政権は小道具を使って、感謝祭の旅行ラッシュの前に検査と予防接種を受けるよう人々を脅した。ドクター・デスとして知られる故アンソニー・ファウチ博士の複製が、ホワイト・ハウスのブリーフィング・ルームの複製で、政権報道官のカリーヌ・ジャンピエールと一緒に登場し、長年政権の茶番劇に付き合ってきた記者たちを前にしたのである。しかし、一人の記者が、ウイルスの起源について偽ファウチに質問した。そのため、ジャン・ピエールは狂気に満ちた暴言を吐き、ブリーフィングを早々に切り上げてしまった。

Karine Jean-Pierre
トランプの真実
RELATED ARTICLES

1コメント

  1. 御多忙の中、毎回、記事の翻訳配信を御礼申し上げます。日々、多くの皆様の大活躍で掃討作戦が繰り拡がれているのを見聞きし、心強くもなり、無事を心より祈るばかりです。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す