日曜日, 7月 14, 2024
ホームアメリカヴィルサックに絞首刑を宣告した軍部

ヴィルサックに絞首刑を宣告した軍部

By Michael Baxter -2022510日(Real Raw Newsより翻訳)

月曜日の軍事法廷では、後悔していないトーマス・J・ヴィルサックが、ダース・E・クランドール副提督に社会主義の利点を説こうとし、無制限で安価な食品へのアクセスが、アメリカを肥満したナマケモノ国家に変えてしまったと論じた。そして、「恩知らずのアメリカ人」が、ないものを嘆くのではなく、あるものに感謝することを学ぶよう、「我々のグルテン的なやり方」を正すために、迅速で鋭い方向転換が必要であると述べた。そして、ハイパーインフレと政府による食糧配給を、アメリカを「悟りの境地」に近づける方法として熱弁をふるった。


「覚醒した世界」。クランドール副提督は、考え込むように繰り返した。「中国やベネズエラはともかく、世界は……それは無理があるぞ、ヴィルサック。君は反逆罪で起訴されている。自白すれば慈悲が与えられるかもしれない」。


ヴィルサックは「国のために尽くすこと以外は認めない」と言った。


クランドール副提督は、全米の食品加工工場が「偶然」炎上し始める数日前の2022413日に、ヴィルサックがジーナ・ライモンド商務長官に送った電子メールを証拠として提出した。そのメールは、一方的なものであり、間接的に責任を認めたに過ぎないが、誰が国家の食糧供給を管理すべきかについてのヴィルサックの見解が明確に表現されていた。彼はいくつかの文章を声に出して読んだ。「小さな、孤立した事象は報道されないが、インフレには計り知れない影響を与える。人々は物価が上がることに不平を言うべきでな「言ったことはどうだ?彼がジャンプと言ったら、『どのくらい高く』と聞くんだ。航空事故はよくあることで、767757である必要はないんだ」。「犯罪を隠す最良の方法は、一見無関係に見える他の犯罪の中に隠すことだ」。「必要なら殉教する覚悟も必要だ」。


「これらのメールがあなたの政府アカウントから来たことを立証しました。あなたが書いたのですか、ヴィルサック?」とクランドール副提督が尋ねた。


「それはあなたが決めることです」とヴィルサックは言った。


クランドールl副提督は、JAGのケースを検討する3人の将校に、ある特定の事件に焦点を当てるよう依頼した。ジョージア州コビントンにあるゼネラル・ミルズ社の工場に、セスナ機A340が落下して修復不可能な損害を与えた事件である。国家運輸安全委員会(NTSB)とFBIは後に、操縦士のミスで公認教官と学生パイロットが死亡したと主張したが、FBIの内部告発者は、飛行機は操縦不可能で遠隔操作されていたと反論した。


副提督はパネルにジッポーライターくらいの大きさと形のぐちゃぐちゃになった金属製の物体を見せた。それはセスナA340の残骸から回収された遠隔誘導チップだという。この技術は、市販の無人機に搭載されているものとほぼ同じであり、軍事技術と全く異なるものではない、と彼は付け加えた。


「このデバイスに見覚えはありますか?」とクランドール副提督はヴィルサックに尋ねた。


「いや、なぜ分かるんだ? 私は技術者ではない」とヴィルサックは言った。


「もちろん、そうでしょう。でも、あなたは相当な数の技術を持っているはずです」。


彼は、RRNが名前を隠しているFBIの内部告発者を証人席に呼び出した。彼女は直接尋問で、ヴィルサックがFBIにこの事件を担当させ、NTSBを「締め出す」ように命じたと証言している。以前の記事で述べたように、NTSBは米国内で発生した航空機事故や米国人の死傷者が出た事故に関しては、絶対的な権限を持つ。ただし、NTSBが犯罪を疑い、FBIに協力を要請した場合だけは例外だ。


NTSBが犯罪を疑ったり、FBIに援助を求めたりしたかどうか知っていますか?」 と、クランドール副提督は内部告発者に尋ねた。


NTSBには犯罪を疑う暇もありませんでした。現場に到着するや否や解散されたのです。FBIはすでに到着していました。NTSBは帰らされたのです」と彼女は言った。


「これは異常なことだったのですか?」とクランドール副提督は尋ねた。


「他に前例は一つしかありません。TWA800便です」と彼女は言った。


「つまり、何かが間違っていたと言ってよいでしょう。ヴィルサックがこの命令を出したとどうして分かるのですか? 農務長官がFBIに命令する権限があるのでしょうか?」


「理論的には、何の権限もありません。しかし、彼はやりました。彼の署名がFBIに指揮を任せる書類にありました」と彼女は言った。


「あなたがそれを知っているのは」。


「命令書を見たから、残骸を調べたFBIチームの一員だから、誘導チップを入手したのは私だから」と言った。


クランドール副提督はパネルにヴィルサックの署名入りの手紙を見せた。「クリストファー・レイ長官へ。ジョージア州コビントンのゼネラル・ミルズ社の工場で起きた双発機セスナA340(機体番号N84GR)の事故について、きょう電話で話した内容に従って、全捜査権限を持つことを承認する」と書かれていた。


クランドール副提督はヴィルサックに向かい、「その電話で何を話したか話してくれませんか」と言った。


ヴィルサックは黙ったままだった。クランドール副提督は、この内部告発者を退席させた。


「私はあなたがたに申し上げる」と彼はパネルに語りかけた。「ヴィルサックは、全米の食品加工工場の破壊とジョージア州のゼネラル・ミルズ社への飛行機墜落を画策したのです。もし、彼を有罪とするなら、反逆罪だ 」。


委員会は、わずか5分の審議で有罪の評決を下した。そして、JAGに最高刑である死刑を課すよう勧告した。


「私は委員会の決定に同意する。判決は今日から1週間後の516日に執行される」と、クランドール副提督は法廷を閉じる前に言った。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

1コメント

  1. つまらない、陰謀でいままでの経歴を無にするとは。大統領にも立候補しようとした方が、実にもったいない。とはいえ、米民主党員で上を目指す方はどっか狂ってなければなれないのだろうか?

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す