火曜日, 5月 21, 2024
ホームアメリカロリコン・ペンス、大ピンチ

ロリコン・ペンス、大ピンチ

By Michael Baxter -2022年2月13日(Real Raw Newsより翻訳)

Real Raw Newsは、マイケル・ペンス前副大統領に対する軍の最近の関心に関する新しいデータを入手した。彼は魅惑的な外見と芸術的なレトリックで国民を惑わし、いつかドナルド・J・トランプの後継者として合衆国大統領にふさわしいと信じさせた。トランプ氏の歯に衣着せぬ物言いとは対照的に、ペンス氏は慎重に言葉を選び、雄弁に語り、怒ったときでも声を荒げることはほとんどなかった。しかし、口数の少ないペンスは怪物の化身だった。誠実そうに見えても、その誠意は少年に手を出すという暗い性癖を覆い隠す薄皮にすぎなかった。


ある海軍法務官(JAG)関係者が匿名を条件にReal Raw Newsに語ったところによると、米軍はペンスが2013年から2017年までインディアナ州知事を務めていた間、そしてホワイトハウスでの在任中、少年たちに病的な魅力を感じ、さらには彼らを性的奴隷として育てようとしたという決定的な証拠を入手したそうだ。

ペンスの過去を丹念に調査した結果、ペンスの被害者が5人特定されたと情報筋は述べている。 2015年にインディアナ州知事公邸でペンスが愛撫したとされるとき、2人は13歳だった。

「ペンスは、やっと10代になったばかりの弱く多感な子供たちをターゲットにしていました。彼は壊れた家庭の子供を狙ったのです。彼は基本的に彼らを強要し、賄賂を贈りました。慎重さと沈黙と引き換えに、10代の少年なら誰でも欲しがるもの、コンピュータやビデオゲーム、そしてお金を与えたのです。その後、彼らは恥ずかしさのあまり、あるいはペンスが危険な男であるために、名乗り出ようとはしませんでした。ペンスは、欲しいものを無理やり奪い取るタイプの捕食者ではありませんでした。彼は人を操ることに長けていて、児童略取者の中でも最も危険な人物です」と、情報筋は言う。

JAGは、被害者の話がペンスの捕食行為と一致し、一様に記述されていることから、非常に信憑性が高いと判断した。彼は被害者の服を脱がすのが好きで、まずズボンと下着を脱がせる。そして、自分が見ている前で自慰行為をするように勧め、しばしば性器に触れた。賄賂や脅迫によって、極悪人のペンスは被害者に現金やXBOX、プレイステーションで報酬を与え、子供たちが彼の愛情に応えたら、さらに大きな報酬を約束したのだ。

「ペンスは子供たちに常連客になってほしいと言い、2つのケースではペンスが新しいターゲットを見つけるまで、痴漢行為は数カ月間続いた。ペンスのお尻には珍しい形のアザがあるという。彼が自分自身をさらけ出さない限り、彼らがそれを知ることはありえない」と情報筋は言う。

5人の被害者のうち4人は現在成人しているが、ペンスが裁かれるまでは匿名にすることを希望している。我々の情報筋によると、4人全員が将来ペンスに対して証言することに同意しているとのことだ。

5人目の被害者は証言できない。彼は死んだ。彼はペンスとの最後の出会いの1か月後、2018年にあごの下にピストルを構え、引き金を引いた。

「今はあまり詳しく言えません。しかし、日誌と家族の宣誓証言で知ったのです」と情報筋は語った。

さらに悪いことに、インディアナ州とワシントンにいるペンスのスタッフは、彼の犯罪を内々で知っていた。

「知事公邸の家政婦からホワイトハウスのインターンまでが、彼が少年たちと一緒にいるところを目撃していたという不穏な疑惑があります」と情報筋は言う。

ドナルド・J・トランプ大統領がペンスの犯罪を知っていた可能性があるかと問われ、「トランプがペンスがどれほど邪悪な人物かを知っていた証拠はありません。大統領と副大統領のオフィスは区分けされています。トランプが知っていたら、ペンスの邪悪さの証拠をもっと早く手に入れたでしょう」と答えた。
トランプの真実
RELATED ARTICLES

1コメント

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す