水曜日, 5月 22, 2024
ホームアメリカトランプ機、妨害行為*の可能性

トランプ機、妨害行為*の可能性

By Michael Baxter -2022年3月11日(Real Raw Newsより翻訳)

ドナルド・J・トランプ大統領をニューオーリンズからマー・ア・ラゴの自宅まで運んだプライベートジェットは、飛行開始から25分後に3基のエンジンのうち1基が故障し、緊急着陸を余儀なくされた。このジェット機はダッソーファルコン900で、ニューオーリンズで開催された共和党全国委員会のリトリート*からフロリダの自宅へ戻るために、ある寄付者からトランプ氏に贈られたものだった。シングルエンジンでの飛行が可能だが、トランプ氏が吟味し、合計19,000時間の飛行時間を持つパイロットは、パームビーチに進まずにルイジアナに戻ることを選んだ。


マール・ア・ラゴの関係者は、パームビーチを出発する前とルイジアナを出発する前に、ジェット機は総合的な点検を受けたとReal Raw Newsに語っている。

「ドナルド・トランプの根拠地のため、彼が乗って移動する車、飛行機、ボートなどの乗り物の安全検査は、飛行する前に厳しくチェックされ、エンジンは、最後のサービスからわずか500飛行時間でした」と、この情報筋は述べた。

ファルコン900を含むほとんどのエグゼクティブジェット機は、パワープラントの点検間隔が3,000~3,500時間となっている。

飛行機は無事に着陸し、トランプ大統領に怪我はなかったが、マー・ア・ラゴのセキュリティチームは犯罪を否定していない。

「彼のことだから、トランプの命は常に危険にさらされている。ディープ・ステートは彼を恐れている。彼らは過去に何度も彼を殺そうとしたが、今回はほぼ成功した」と、情報筋は語った。

同氏によると、トランプはエンジンが故障するとすぐに妨害行為を疑ったという。

「彼はもちろん冷静だった、それが彼なのだから。パイロットに仕事をさせ、飛行機を着陸させた。しかし、飛行機が着陸すると、トランプは何が悪かったのか、パイロットに意見を求めた。注目すべきは、エンジン火災のような黒煙が出なかったことだ…不可解なことに、ただ止まったとパイロットは言った」

トランプは、事故について私的な調査を始め、彼と他の乗員がメキシコ湾で漂流物になりかけた理由を見分けるために、飛行機を解体して詳細に分析させるつもりだと、我々の情報筋は付け加えた。

「これは、トランプ氏の私設格納庫の一つで行われる予定です。彼は、連邦航空局(FAA)*、国家運輸安全委員会(NTSB)*-彼らはディープステートである-を信用していません」と、私たちの情報源は、最後に述べた。

RRNは、さらなる詳細が分かり次第、更新する。

訳者注:・sabotage(サボタージュ)
「サボる」の意味でおなじみだが、妨害行為の意味もある
・retreat(リトリート)
仕事や日常生活から一時的に離れ、疲れた心や身体を癒す過ごし方
・FAA(連邦航空局:Federal Aviation Administration)
・NTSB(国家運輸安全委員会:National Transportation Safety Board)
トランプの真実
RELATED ARTICLES

2 コメント

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す