水曜日, 2月 21, 2024
ホームCovid-19CDCが推進するハイブリッド型「CovidPox」ワクチン

CDCが推進するハイブリッド型「CovidPox」ワクチン

By Michael Baxter -2022年8月19日(Real Raw Newsより翻訳)

主流メディアのドナルド・J・トランプ大統領への罵詈雑言は、最近、2番目に好きな話題である、Covidー19が国家への脅威であるとまだ信じている人々を怖がらせようとすることに取って代わられた。しかし、メディアによる報道がなくても、CDCの下劣な局長であるロシェル・ワレンスキーは、さらに何百万人もの騙されやすいアメリカ人を病気にするか殺すかもしれない新しい議題を押し進めることを止めない。彼女は「CovidPox」ワクチンの作成を提唱し、新興株であるCovidとサル痘の両方に対して市民に接種するという、ハイブリッド薬である。

CDCの内部告発者がReal Raw Newsに語ったところによれば、ワレンスキーは、表向きはHHS長官ザビエル・ベセラの要請で、ここ数日ファイザーとデンマークの製薬メーカーBavarian Nordic A/Sと会談したとのことである。彼女は、アマルガム化したワクチンの有効性を共同で研究できないか、と尋ねた。なぜなら、「アメリカ人は賢くないので、ワクチンを増やすより減らすことを好む」から。

この原稿を書いている時点では、バイエルン・ノルディック社は、1796年に開発された天然痘ワクチンを改良したサル痘ワクチンをFDAに承認されている唯一の企業である。1963年から1968年にかけて、何百万人ものアメリカの子供たちが天然痘ワクチンを接種し、1980年にWHOはこの病気が世界から根絶されたと宣言している。しかし、当時の記録はほとんど残っておらず、多くの信頼できる科学者が、天然痘ワクチンによってアメリカ国内だけで何万人もの子供たちが死んだと主張している。1981年、WHOはこの病気を過去の遺物と考え、製造業者にさらなる研究のモラトリアムを宣言するように促した。

それが、つい最近までのことである。バイエルン・ノルディック社は、ファイザー社やモデナ社の血栓注射の薬理作用を模倣して、サル痘注射を再設計している。つまり、完成して承認されれば、mRNAスパイクタンパク質が人体に溢れ出すことになるのだ。

ワレンスキーは、バイエルン・ノルディック社の構想を知り、熱心に提案した。

「ロッシェルは興奮で目が回るほど興奮していました。アメリカ人は、サル痘とCovidの予防接種とブースターを受けるより、ハイブリッド・ワクチンの方が受けが良いと思ったのです。彼女は、成人の30%しかCovidの定期接種を受けていないことに憤慨しています。彼女は、サル痘はゲイの病気という枠を超え、今やすべての人を脅かしていると主張しています。彼女は、アメリカ人が大挙して両方の予防注射を受けるようになると考えているのです」とCDCの関係者は言う。

ファイザーの反応

ウォレンスキーとファイザー社副社長兼最高科学責任者のセン・H・チャンとの会話を知る関係者はRRNに、ファイザー社は倫理的、金銭的な問題を理由に他の製薬会社との共同研究を断固として拒否したと語っている。チャンはワレンスキーに、ファイザー社は独自のサル痘ワクチンを完成させる寸前であり、90日以内に臨床試験を開始する予定であると話した。時間と資金があれば、ファイザー社はハイブリッド型mRNAワクチンを自社で製造することが可能であり、2社以上の企業が手を組まざるを得ない場合によく起こる競争上のいざこざはない、とチャンは言った。彼は、ファイザーが「サル痘の流行」に立ち向かう準備ができている証拠として、ファイザーの「Covidの成功」を挙げたのである。

バイエルン・ノルディックの対応

バイエルン・ノルディック社のポール・チャップリンCEOは、mRNAワクチンを「現代医学の未来」と宣言しているが、ワレンスキーの提案には積極的に賛同してくれた。彼は、「文明に対するCovid-19とサル痘の脅威」をなくすために、もっと有名な大手メーカーと一緒に働けることを光栄に思うと言った。チャップリンは、何回か電話をかけて、自分の会社の規模が小さく、財政的にも小さな会社が、ハイブリッド・ワクチンの実現に向けて全資源を投入することをワレンスキーに約束し、バイエルン・ノルディックのmRNA組み換えサル痘注射は、9月に第1相臨床試験を始める予定であることを告げた。

モデルナの未知数

もしファイザー社が断固として拒否するのであれば、CDCはモデルナ社にアプローチすることができる。モデルナ社はフランスの製薬複合企業で、国内外の競合企業と提携の歴史がある。Real Raw NewsのCDC関係者は、ワレンスキーがすでにモデルナ社のスティーブン・バンセルCEOと話をしたかどうか、肯定も否定もしなかった。

全体像

ファイザー社とモデルナ社のmRNA凝固注射は、存在しない病気から保護するよりも多くの人々を殺してきた。ワクチンとブースターで何十万人もの市民が病気になり、障害を負い、あるいは死亡しており、高齢者が最も大きな犠牲を払っているのである。いわゆるワクチンは、数え切れないほどの自然発生的な心臓発作、突然の呼吸器官の崩壊、永久麻痺を引き起こしてきた。何度も注射やブースターを打つことによる長期的な影響はまだ仮説に過ぎないが、次の注射が待ち遠しい人々にとってはあまり良いことではないようである。先週まで、CDCのウェブサイトは、スパイク・プロテインは短期間、おそらく数週間は体内に留まると主張していた。しかし、現在では、この免責条項は削除されている。もし、1回のmRNA注射で数百万人の命が失われるなら、直ちに2回注射すればどうなるか想像してみてほしい。

「”Covid-19 “も “サル痘”も詐欺の病気で、人々を病気にしたり、死なせたり、大手製薬会社を金持ちにするために仕立てられたワクチンです。大手製薬会社の担当者とその友人や家族が予防接種を受けたと思いますか? とんでもない。ロッシェル・ワレンスキーでさえ、Covidワクチンを受けていません。彼女が受けたのは生理食塩水だけです」と情報筋は述べている。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

2 コメント

  1. 柳の下にドジョウが二匹か。偽コロナで成功したから、偽サル痘でもう一儲けしようとしているのかな。偽コロナで、世界大恐慌を起こすつもりだったかもしれないが、そこまでは行かなかった。

  2. 日本は兎も角、欧米ではワクチン懐疑派が増殖している為、プランデミック推進者達と大手薬品メーカーは何か妙案は無いかと日々、作戦を練ってるのでしょうね。両方に効くハイブリッドワクチンとは出来過ぎ、と言うか少々、ズサンなアプローチに見えますが、何割かの国民はこぞって飛びつくでしょうよ。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す