水曜日, 6月 7, 2023
ホームアメリカディープ・ステートがクリスマスにGITMOを襲う

ディープ・ステートがクリスマスにGITMOを襲う

By Michael Baxter -2022年12月26日(Real Raw Newsより翻訳)

犯罪者バイデン政権に忠実な軍隊は、クリスマスの日にグアンタナモ湾へのピッグス湾*スタイルの攻撃を行ったが、ディープ・ステートの攻撃を予測して島の砦を強化していたホワイト・ハットに撃退されたと、GITMOの情報筋とバーガー将軍のオフィスがReal Raw Newsに語って語った。

太陽が沈み、空が薄暗くなると、リーワード・ポイント飛行場の航空管制官は、海軍基地の真南20マイルの地点で、未知の航空機と断続的にレーダーで接触するようになった。この航空機は、モードCを送信していなかった。つまり、トランスポンダー(高周波の質問を受けると応答を返す電子機器)が作動していないか、作動していない状態であった。航空機には、航空管制レーダーで識別するためのトランスポンダーが搭載されている。航空管制官は、航空機にトランスポンダーのコードを割り当てる際、「スクオーク」という用語を使用する。例えば、「スクオーク7421」である。

管制官は軍用および一般航空用の周波数で放送し、やっかいなものが制限空域に接近しているので、トランスポンダーを有効にして身分を明かすようにと求めた。管制官の1人は、サンタのそりがGITMOにピットインしていると冗談を言ったが、コンタクトが2つに分かれ、さらに3つに分かれると陽気な雰囲気は消えた。管制官はデジタルでも音声でも応答がない。ヘリコプターは水平線上を低空飛行してレーダーから逃れようとしているようだった。管制官は警報を鳴らし、基地内ではサイレンが鳴り響いた。

また、南側の海岸にいた監視員が、3隻の機械化された突撃船が、それぞれ未知数の兵員を乗せ、高速で向かってくるのを目撃した。船首には50口径の機関銃が2挺装備されている。母船は水陸両用強襲揚陸艦と思われ、2,500人の兵士と膨大な積載物を運ぶことができる全長840フィートの巨大な船で、視界の悪い遠くのどこかに迫っていることを意味していた。

MANPADS

その頃、GITMOの副司令官であるアンドリュー・A・クロフト中将は、この侵攻を知ることになる。クリスマス休暇を利用して基地に残った幹部とともに難攻不落の司令部に引きこもり、反撃の作戦を練った。4,500人の百戦錬磨の海兵隊員がそれぞれの持ち場につき、猛攻に備えた。また、基地内には米軍ホワイト・ハットから借り受けた、肩撃ちの地対空ミサイル「スティンガー」を装備したMANPADS(携帯式地対空ミサイル)2個小隊が配備されていた。基地から数キロしか離れていないCH-53シー・スタリオン3機と交戦する準備をするよう指示された。おそらく、GITMOを空爆するか、ホワイト・ハットの領土に部隊を上陸させるという命令だろう。

先頭のシー・スタリオンが2発被弾し、真紅の火球で爆発した。金属片と吹き飛ばされた死体が海に落ちた。2機目のヘリは3発目のミサイルが排気口付近に命中し、ローターマストが機体から外れ、グアンタナモ湾の南側の海域に落下した。

3機目のシー・スタリオンは、スティンガーの射程内まで潜り込んだ。ドア・ガンナー**が発砲し、小銃でヘリを交わしながら身を隠していた海兵隊員とMANPADS隊員4人に命中した。弾丸は彼らの体を貫き、彼らは倒れて死んだ。

ヘリがもう1回通過するために飛び出そうとしたとき、2つの海兵隊分隊がライフル銃と分隊用自動小銃から弾丸を浴びせた。エンジンから黒煙が立ち上る中、ドア・ガンナーは前のめりになり、ヘリから転げ落ちた。ヘリは無傷で地上に降り立った。

一方、海兵隊の小隊は、基地の滑走路であるマッコール・フィールドに部隊を上陸させようとする機械化上陸舟艇を、鉄壁、岩壁、砂地の背後から銃撃し、釘付けにした。海兵隊の勇敢な2人が、自らを犠牲にして突進し、手榴弾を1隻に投げ入れた。彼らは倒されたが、手榴弾は命中した。助けを求める声と悲痛な叫びの中で、機体からの砲撃は瞬時に止んだ。残った機体はエンジンを切り、退却を始めた。

指揮官は「もう十分血を流した」と、全軍に停戦を命じた。

ワスプ級強襲揚陸艦

煙が晴れると、V22オスプレイが機械化上陸用舟艇を配備した艦艇の位置を確認するため、リーワード・ポイント飛行場から離陸した。パイロットは、ベネズエラ沿岸を南東に進むワスプ級強襲揚陸艦*** を発見した。「敵艦、敵艦、付近から退去せよ。我々は2隻のアーレイ・バーク級駆逐艦を保有しており、数時間以内に到着する」と軍用周波数で警告し、30分ほど敵艦の近くで待機した後、基地に戻った。

GITMOの関係者は月曜日、Real Raw Newsに、人命が失われたにもかかわらず、基地の部隊は立派に機能し、武力侵攻を撃退するのに成功したと語った。

「彼らは私たちが眠っているのを捕まえたかったのでしょう。お腹がいっぱいになって、ぐったりしているところを狙ったのでしょう。しかし、それは間違っていました。私たちの要塞は守られたのです」。

連邦政府がドナルド・J・トランプ大統領のマール・ア・ラゴの土地を不法占拠した後、職員は防御を強化し、人員を増やし始めたのだ。12月22日までにホワイト・ハットの将校を降伏させるという政権の国防長官からの最後通告を受け、12月上旬には他の改善も行った。

情報筋によると、3機目のヘリ墜落で「何人かの」敵軍が生き残り、捕虜になったとのことだ。

「彼らの傷は治療されました。彼らは捕虜として収容されるでしょう、敵の戦闘員として。彼らの死者数はまだ集計されていません。他のシー・スタリオンが定員どおりなら、 それぞれに55人の兵がいたはずです、今言えることは、破壊された船を含めて死者47名。7人が死亡し、14人が負傷しました。全体として、我々は大成功でした」と語った。

しかし、デビッド・H・バーガー将軍の事務所の関係者は、別の見方をしている。事後報告書を見たバーガー将軍は、ホワイト・ハットの作戦を大失敗と呼んだという。バーガー将軍は、ヘリコプターが飛行甲板を離れ、上陸用舟艇がウェルデッキから出てくるずっと前に、水陸両用攻撃船を目視とレーダーで発見するべきだった、と言った。海兵隊員1人の損失も容認できない。

余談だが、GITMOは、海軍の大規模な砲撃があれば数分で消滅してしまうので、その防衛力を見直す必要がある。この基地の職員には、海路で脱出するか、壁を越えて北のキューバに逃げるか、2つの方法しかないのだ。

最後に、Real Raw Newsは、この限定攻撃は、明日絞首刑になる予定のナンシー・ペロシを解放するためのものなのか、と考えている。

「ナンシー・ペロシは関係なく明日絞首刑になる」とGITMOの情報筋は語った。

訳者注:

ピッグス湾スタイル
この「ピッグス湾スタイル」というのは、ビッグス湾事件のことを述べていると思われる。
1961年に在米亡命キューバ人部隊がアメリカ合衆国CIAの支援の下でグアテマラで軍事訓練の後、キューバに侵攻してフィデル・カストロ革命政権の打倒を試みた事件。

ドア・ガンナー(Door Gunner)
ヘリコプターに搭載された手動指向の武装を発射し、維持する任務を負う乗組員。

ワスプ級強襲揚陸艦(Wasp-class amphibious assault ship)
アメリカ海軍の強襲揚陸艦の艦級。 先行するタラワ級の拡大強化型として、1984年度から1996年度計画で7隻が建造された。その後、2002年度計画で更に1隻が追加されたが、こちらは大規模な設計変更がなされており、続くアメリカ級のベースになった。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

4 コメント

  1. ニ・ニ六事件にならなければよいが。

    軍の中の勢力図は、どうなってるのか?

    トランプ氏が、煮え切らないから、先の見通しが立たない。

    ホワイトハットが可哀想に見える。

    • トランプ大統領時に、そもそもいた、DS側とトランプ側の人達がいて、去年アメリカで施行された、NESARA/GESARA法を施行させようとしてきたクリントン元大統領などは、トランプ側かと。それは9.11に施行されるはずだったが、ブッシュに阻止された(その後、トランプ側の米軍に逮捕され、絞首刑へ。なので、ペンタゴン、FBIなど、主要な組織には、必ず、この2派がいるのさ。だから、情報もいろいろで、騙されないように。何せ、アメリカが自国の借金返済をするために、テロや戦争をしてきた連中(DS、イルミナティなどが、最低でも40年間、国内外で争った結果が、今年、やっと清算されるのさ。今後いろいろ明るみになり、世界200か国参加予定のNESARA/GESARA法が施行されようとしてる。それに反対する奴らが、今後も戦争やテロをする。あ、因みに、日本版はJESARA法な

  2. ヒラリーのときは、相手の軍は動かなかった。

    ペロシーのときは、少し動いたが、本格的な攻撃ではなかった。

    オバマのときは、本気で攻撃してくるだろう。

    だから、慎重に構えているのかも知れない。

    グアンタナモがディープステートに占拠された場合に備えて、南太平洋のどこかの島に、トランプ氏の費用で、軍事法廷を作ったという記事があったが、こういうことも、想定内のことなのだろう。

    とすれば、おばまの裁判は、この島の法廷で行うのかな。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

やまとたける on バーガー将軍行方不明
ウッチー on GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 on 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す