火曜日, 5月 21, 2024
ホームアメリカ海兵隊員、ワクチン好きの国防保険局衛生局副局長を逮捕

海兵隊員、ワクチン好きの国防保険局衛生局副局長を逮捕

By Michael Baxter -2023年1月7日(Real Raw Newsより翻訳)

エリック・M・スミス将軍の下で働く米国海兵隊は金曜日、反逆罪と扇動的陰謀の容疑で、国防保健局(DHA)副局長のマイケル・マラノスキー博士を逮捕したと、将軍の事務所の関係者がReal Raw Newsに語った。

マラノスキーは、国防保健局の副局長として、陸海空軍の医療サービスが平時と戦時の両方で戦闘司令部に医療的即応部隊と即応医療部隊を提供できるようにする共同統合戦闘支援機関を指揮し、DHA長官を支援した。DHAは、TRICAREヘルスプラン、薬局、医療情報技術、研究・取得、教育・訓練、公衆衛生、医療後方支援、施設管理、予算資源管理、契約などの共同共有サービスの実施を指揮する。DHAは、960万人以上の軍人と退職者、その家族に世界中の医療、歯科、薬局のプログラムを提供するTRICARE Health Programを管理している。

彼は頑強なワクチン擁護者である。非合法大統領ジョセフ・R・バイデンとその蔑視する国防長官ロイド・オースティンが、全軍人にワクチン接種を義務付け、さもなければ懲罰的な処分を科したとき、マラノスキーは米国内外の軍事施設の司令官に「日報」を送り、自分自身を力づけたのである。彼の書簡は、将校と下士官兵にオースティンの命令に従わなければ、その報いを受けることになると促した。

2022年4月19日、FDAが7月13日にノババックスCovid-19ワクチンの緊急時使用許可を更新し、12歳以上の個人を含めると、マラノスキーはワクチンの宣伝を強化し、軍人に子供の扶養家族にワクチンを接種しない場合、不名誉除隊になる可能性があると伝えたのである。

残念ながら、彼の警告に従った軍人もいた。米軍のホワイト・ハット部隊は、ワクチン接種後に死亡した12歳から14歳の子供について、少なくとも15人知っているとのことである。

しかし、マラノスキーのワクチン推進運動は、このような人命の損失によっても止むことはない。12月8日に下院がオースチンによる部隊へのコロナ・ウイルス・ワクチンの接種義務の廃止を決議した後、マラノスキーは軍人にその決議を無視し、代わりにCDCの指導に従うよう勧めた。「あなたの命とあなたの家族の命は、あなたがワクチン計画を遵守することにかかっているのだから」と言った。彼は、「Covidは依然として社会にとって最大の脅威である」とし、「あなたが聞いていることとは裏腹に、ワクチンの義務付けはまだ有効である」と述べた。さらに、ワクチン未接種の扶養家族への医療保障を “すべて”拒否すると脅した。

マラノスキーは、職権を乱用し、勇敢な軍人とその家族を裏切ったのだから、絞首刑か終身刑に値すると、情報筋は言っている。

「彼は自分のしたことに責任を持つだろうが、今は拘束されて泣いている」と、情報筋は語った。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

2 コメント

  1. 相変わらず小物が多いけど、スミス将軍に代わってから、逮捕のスピードが速くなったような気がする。

    この調子で、オバマまで行って欲しい。

  2. オバマやビルゲイツはすでに処刑されてるけど・・・いるとしたら、オバマの影武者な。だから、逮捕する米軍側も大変なんだよな。G20出席している首脳たちは、みなクローンを作らされるそうだ。日本もな。麻生もな
    トランプ大統領時に、逮捕されていたリストが過去にあるから、見た方がいい
    勿論、トム・クルーズもいない。イーロンマスク、ソロスなど、メルケル、プーチン他もな

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す