月曜日, 6月 17, 2024
ホームアメリカトランプからアレックス・ジョーンズへ:「おまえはクビだ、裏切り者!」

トランプからアレックス・ジョーンズへ:「おまえはクビだ、裏切り者!」

By Michael Baxter -2022年5月1日(Real Raw Newsより翻訳)

「…おまえはクビだ、裏切り者!」

フロリダのトランプ大統領の司令部にいる複数の情報筋によると、潜在的な破産損失を相殺するために550万ドルの融資を要求するためにトランプに電話をかけた、騒々しいインフォウォーズ(Infowars)のホスト、アレックス・ジョーンズ(Alex Jones)との金曜日の夜の熱い電話の間に、ドナルド・J・トランプ大統領の決めゼリフがマー・ア・ラゴの戦略室に響き渡った。

ジョーンズの推定純資産は1億3,500万ドル(2022年、フォーブス:約176億円)。現在、犯罪者バイデン政権の司法省と、サンディフック事件*の犠牲者の親族とされる人々の両方から非難を受けており、彼らがクライシス・アクターであると主張することによって彼らの名誉を傷つけたと主張している。4月18日、インフォウォーズは連邦破産法第11条を申請し、同社の弁護士は不思議なことに、同社には5万ドル(約650万円)しか資産がないと主張している。

とはいえ、トランプがジョーンズを口撃したのは金銭とは無関係だ。むしろ彼は最近、ジョーンズが司法省に友好的な口利きをしたとの疑惑を認めたのだ。ジョーンズは「サンディフックを消し去り、あなたのレーダーから私を外す」ことと引き換えに、トランプを「裏切り」、2021年1月6日に議事堂にいた600人を追加起訴するのに十分な情報を司法省に提供すると約束したのである。

上記の引用は、トランプ氏の調査官がジョーンズ氏と司法省との関係を探っている間に入手した録音テープによるもので、RRNはどのように音声を入手したかは知らされていないが、録音されている声は明らかにジョーンズ氏と司法次官補クリストファー・H・シュローダー氏で、理由は不明だがジョーンズ氏の申し出を断っている。

「私は、明日にでもトランプを倒せる「キルスイッチ」の上に座っているんだ。あなたがたとガーランドの署名入りの文書での約束さえあれば、実現できる」と、ジョーンズが不機嫌そうに言うのが聞こえた。

「ああ、まあ、我々は本当にあなたと話すことに興味がない 」とシュローダーは、戻って拍手を送った。「トランプの件では、あなたの協力は必要ない」。

ジョーンズとトランプは過去に争ったことがあり、時には友人、時には同盟者、時には無関心という空気があった。しかし2018年4月18日、ジョーンズは自身のプラットフォームを利用して、トランプ大統領に対してマニアックな大騒ぎをし、シリアへの巡航ミサイル攻撃を許可したトランプを「クズで詐欺師」だとリスナーに告げたのである。しばらくは、怒りが冷めた。その後、2021年のクリスマスに、ジョーンズはトランプを「世界で最も邪悪な男」と呼び、信奉者にワクチン接種を奨励した。トランプはその後、騙されたことと「過ちを犯した」ことを認めたが、情報筋によると、ますます敵対的で信頼できないジョーンズから距離を置いたという。

「トランプ大統領は、ジョーンズがジャスティスと仲良くしようとしていることを聞き、そして確認したとき、彼は吹き出しました。しかし、彼はこのまま放っておいて、ジョーンズとの関係を完全に、そして永遠に断ち切ろうとしたのです。ところが、ジョーンズから金の要求の電話がかかってきました。それがトランプ大統領には気に入らなかったようです」とマール・ア・ラゴの関係者は言う。

「私があなたのためにしてきたことを、こうして反逆で報いるのか。この6年間で、あなたのアクセス数を2倍、3倍にしてきたのに、あなたは選挙泥棒に寝返ったように泣きつく。もう終わりだ、おまえの顔など二度と見たくない」と、トランプ氏はジョーンズ氏に怒鳴ったという。

トランプがスピーカーフォンにしたこの通話は、少なくとも5人に聞かれたという。

ジョーンズは威厳を保って電話を切るのではなく、自分はトランプを裏切るつもりはなく、司法省の枠組みに入り込み、二重スパイとして司法省の計画をトランプに密かに伝えようとしていたと、手の込んだ話をでっち上げたのだ。

その場にいたスティーブン・K・バノンは、トランプに「この反逆野郎を吊るし上げるように」と言ったという。

「クビと思え。おまえはクビだ、裏切り者!」トランプは電話を切りながら吠えた。

「トランプは言葉を発した。インフォウォーズとジョーンズはペルソナ・ノン・グラータで、もうチーム・トランプから情報を得ることはないだろう」とマー・ア・ラゴの情報筋は語った。


参照:サンディフック小学校銃乱射事件

サンディフック小学校銃乱射事件は、2012年12月14日に、アメリカ合衆国コネチカット州ニュータウンのサンディフック小学校で発生した銃乱射事件(スクールシューティング)。 20歳のアダム・ランザが、6歳から7歳の子供20人(男児8人、女児12人)と、成人の女性職員6人の計26人を射殺した。 当日、ランザは学校へ行く前にニュータウンの自宅で自身の母親も射殺している。 通報を受けた緊急対応要員が学校に到着すると、ランザは自身の頭部を撃って自殺した。
トランプの真実
RELATED ARTICLES

1コメント

  1. 白人は複雑でよくわからん。金のために正義派気取る奴も多い。トランプにしろ、巡航ミサイルとか、ワクチン推進は意図不明だった。批難されてもやむお得ないが。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す