土曜日, 4月 13, 2024
ホームアメリカロイド・オースティンからホワイト・ハットへ:降伏するか、さもなくば

ロイド・オースティンからホワイト・ハットへ:降伏するか、さもなくば

By Michael Baxter -2022126日(Real Raw Newsより翻訳)

ホワイト・ハットの将校たちは、犯罪政権のロイド・オースティン国防長官が作成した手紙を受け取っており、そこには不吉な最後通告が書かれている。Real Raw Newsが調べた文書とこの問題に詳しい情報筋によると、可能な恩赦と引き換えに指揮権を放棄するか、罰を受ける覚悟をするか、というものである。

少なくとも65人の将校が”反逆者”として告発され、自ら指揮権を剥奪し、当局に引き渡せとの手紙を受領している。その適切な権限とはロイド・オースティンのことだ。

デビッド・H・バーガー将軍のオフィスの関係者によると、オースティンはバーガー将軍に、ドナルド・J・トランプ大統領を公に非難し、ジョセフ・R・バイデンを合法的に選ばれた米国大統領とあからさまに認め、所属軍に直ちに「選出・任命された公務員に対するすべての違憲準軍事行為を停止し」、2022年の12月22日までに降伏せよとの指示を書いた個人メモを送ったという。

リチャード・E・アングル少将やJ・D・キアシー大佐など、バーガー将軍の評議会のメンバーにも同様の書簡が届いたが、ひねりが効いていた。その手紙は、バーガー将軍を放棄することを要求し、バーガー将軍が強制し、欺き、騙して合衆国憲法に違反する行為をさせたと書面で述べれば、免責される可能性をほのめかしている。この手紙はまた、彼らの「無法で違憲な不正行為」が国を大きく分裂させ、憲法の信条に反することを認め、悔恨の声明を書くことも要求した。

下級将校(主に准尉、中尉、大尉)には、軽率な行動と判断ミスで道を踏み外してしまったという正式な謝罪文を作成するように「言われた。「バーガー将軍と彼の “評議会”は、米国を不安定にする計画にあなた方の協力を求めたかもしれないと理解している。米国とジョセフ・R・バイデン大統領に対する彼の罪は許しがたいが、しかし、情状酌量の余地があるため、優秀な将校が彼に従ったことも理解している。米軍での継続勤務は保証できないし、不名誉除隊になる可能性が高いが、この公式文書の条件を守れば軍法会議にかけられることはない」と、手紙には書かれていた。

バーガー将軍は、アクバー提督の言葉を引用して、こう言った。「これは罠だ!」。

「バーガー将軍は手紙をシュレッダーにかけて、部下にも同じようにするように勧めた。彼は、これは罠だと考えている。彼の知る限り、オースティンの手紙を受け取った者は皆、それを破り捨てている。彼らは私たちを潰そうと必死で、何でもする。私たちの家族を脅さないのが不思議なくらいだ」と、この情報筋は言う。

余談だが、11月9日のRRNによると、中間選挙の結果に失望したため、3人のホワイト・ハット幹部がディープ・ステートに投降したとのことだ。情報筋によると、これらの将校は文字どおり地球上から姿を消したとことだ。

「彼らはおそらく死にました。彼らのロイド・オースティンへの謝罪は何の変化もなく、手紙を書くキャンペーンを始めるように、彼を勇気づけたのでしょう」と情報筋は述べている。

「彼らが我々を迎えに来るなら、我々はもっと準備ができている」と彼は最後に言った。

更新

米海軍法務長官団のダース・E・クランドール副提督も、オースティンが書いた脅迫状を受け取った。その手紙は、クランドール副提督に、直ちにGITMOの収容者を解放し、すべての不法な訴追をやめ、自首するようにと命じていた。

それに対して、クランドール副提督は「もっといい考えがある。自首しろ、ロイド。あなたのために席を用意してあるぞ」。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

2 コメント

  1. 2年間もホワイトハウスた核発射コードを引き渡さなかった以上、国家反逆罪で死刑は免れないな。最後に、勝った方が正しかったことになる。

  2. 相手は犯罪者。一度裏切った者が再び裏切るのは明白の事実。
    犯罪者はそれを良く知っているのでバイデン側に寝返っても、
    助かる道は無い。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す