日曜日, 6月 16, 2024
ホームアメリカロレッタ・リンチは絞首刑になる!

ロレッタ・リンチは絞首刑になる!

By Michael Baxter -2022年4月8日(Real Raw Newsより翻訳)

4月7日(木)GITMO


前司法長官ロレッタ・リンチに対する米海軍法務官(JAG)の訴訟を評価するために招集された3人の軍人は、オバマの取り巻きを反逆罪と殺人罪で有罪とし、その犯罪のために絞首刑にすることを勧告した。

この16か月で最も短い裁判の一つで、米海軍法務官のダース・E・クランドール副提督は、リンチが軍に逮捕される1か月前の2021年4月にビル・クリントンに書いた手紙をパネルに示す前に、冒頭陳述にわずか5分しか費やさなかった。

罫線入りの紙1枚のその手紙には、こんな言葉が記されていた。「あのCSの野郎が本を書いてるんだよ。私たちのために、決して出版されることはない。早急に解決してくれ。彼は危険だ、しかも我々にとって大きな存在だ。ありがとう」。

クランドール副提督は、「CS」の文字が、ビル・クリントンとロレッタ・リンチが2016年6月27日にフェニックス・スカイハーバー空港の駐機場で司法省専用機に乗って密会したことをスクープしたABC15フェニックスのジャーナリスト、クリストファー・サインを指していると見解した。

当時、サインはクリントン夫妻とリンチを多数の殺人事件-“クリントン・ボディ・カウント*”-に関連付ける情報を持っていると広く受け止められていた。しかし、6月30日、フェニックスでの記者会見でサインは、クリントン、リンチの犯罪に関する知識を緊張気味に否定し、自分の調査はクリントン夫妻とリンチが旅行、ゴルフ、孫といった社会的な話題を好むことにのみ焦点を当てたと述べた。多くの保守系メディアは、クリントン夫妻とリンチがサインを脅して黙らせたと考えた。

クランドール副提督は裁判で、サインの妻ローラを証人として紹介した。ローラはZOOMに出演し、クリントン夫妻が潜在的な敵の「殺害リスト」を保管していたことを知り、亡き夫は命の危険にさらされたと証言した。

「クリス・サイン、あなたの亡くなったご主人は、このことをあなたに詳しく話していたのですか?」とクランドール副提督は尋ねた。

涙ぐんだローラ・サインは言った。「そうです。彼は長い間、公の場では黙っていました。噂が広まれば、彼や私たちが狙われると思ったからです。クリスは長い間、影で仕事をしていました。しかし、彼の目的は、ロレッタ・リンチを共犯者として、セス・リッチのような人々の死について、クリントン一家を暴露することでした。クリスが本を書き終えようとしていたことが、何らかの方法でバレてしまい、そのときに殺されたのです」とローラ・サインは語った。

最愛の妻ローラの亡き夫であり、3人の幼い息子の父親であるクリス・サインの遺体は、2021年6月12日、「謎の」911番通報に警察が駆け付けた後、死体で発見された。クリス・サインの死は、ジェファーソン郡検死官事務所とFBIの双方によって、即座に自殺と断定された。

「あなたはご主人が自殺したと思いますか?」クランドール副提督はローラ・サインに尋ねた。

「いいえ、もちろん違います。彼は人生を愛していました。それに、彼が私にくれたメモがあるでしょう」と彼女は答えた。

クランドール副提督はそのメモを証拠品として提出した。そこにはこう書かれていた。「もし私に何かあったら、私が自殺願望がないことを知っていてください。私はこの本を完成させなければならないし、あなたと子供たちを心から愛していることも分かっているはずです。愛している、あなたの夫、クリス」。

彼はリンチの方に目を向けた。「彼はその本を完成させる機会がありませんでしたね、被拘束者リンチ。あなたがそれを確認したのです」。

ロレッタ・リンチは評議会なしで出廷し、弁護側テーブルの後ろに座り、腕組みをして胸に手を当てました。「私は質問には答えません」と彼女は言った。

「刑事裁判では、黙秘することも、自分に有利な証言をしないこともできます。これは軍事法廷です。つまり、あなたには何の権利もなく、沈黙はあなたに対して使われる可能性があります」とクランドール副提督は言った。

「あなたの告発やこの女性の告発を取り上げるまでもなく、バラクはこの件について聞くことになるでしょう」。彼女は呆れたように手を振った。「あなたには私に対する法的権限はありませんし、あそこに座っている3人の法学者も同様です。私はアメリカの司法長官でしたから、法律は理解しています。あなたのしていることは、偏見に満ちている」とリンチは言った。

その時、3人の陪審員は、評決に達したと言った。リンチは反逆罪と殺人の共謀罪で有罪になった。

海兵隊大尉の陪審員は「彼女は絞首刑に処することを勧告する」と言った。

クランドール副提督はうなずき、JAGの名簿をチェックした。 「そして、彼女は4月25日に処刑されるでしょう」。

リンチは飛び起きた。「黒人女性を吊るし上げるのか。人種差別主義者め、おまえら全員。バラクにバレるぞ」。

「奥さん、これは人種とは関係なく、あなたの犯罪です」とクランドール副提督は言い、憲兵にリンチをキャンプデルタの独房に戻すよう命じた。


訳者注:クリントン・ボディ・カウント(wikipediaより)
元アメリカ大統領のビル・クリントンとその妻ヒラリー・クリントンがアメリカ人を暗殺させ、その数は50人以上と主張する陰謀論。
その多くの部分はニュースマックスの発行人クリストファー・ラディ、下院議員マジョリー・テイラー・グリーンらによって進められてきたものである。
このような告発は少なくとも1990年代からあり、ラリー・ニコルズが製作し、ジェリー・ファルウェル牧師が宣伝した『クリントン・クロニクル』という映画が、ビル・クリントンを殺人を含む複数の犯罪で告発した。
この陰謀論はレークランドレジャー紙、シカゴトリビューン紙、Snopesなどによって論破されている。彼らは詳しい死亡記録や大統領が持つであろう異例の規模の仲間、リスト化した人々の多くが誤って特定されていたり、まだ生きていたりするという事実があると指摘する。また、クリントン夫妻とのつながりが不明な人物もいた。


トランプの真実
RELATED ARTICLES

1コメント

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す