水曜日, 5月 22, 2024
ホームGITMOナンシー・ペロシ軍事法廷(Part2)

ナンシー・ペロシ軍事法廷(Part2)

By Michael Baxter -2022年12月18日(Real Raw Newsより翻訳)

ラミレス氏が証人席を去った後、クランドール副提督はZoomコールで2人目の証人を出した。ヒスパニック系の女性で、エルサ・フエンテスと名乗り、2018年1月から3月にかけてペロシの無給インターンをしていたと法廷に話した。ビデオに映った彼女の姿はペロシを不安にさせたようで、スクリーンに映った女性の顔を見つめながら、目を侮蔑的に細めた。提督はフエンテスさんに、いくつかの日常的な質問をした。どうして政治に興味を持ったのか、普段の仕事は何だったのか。仕事は楽しかったか? 仕事は楽しかったか、環境は快適だったか、ナンシーとの付き合いは楽しかったか? ナンシーと一緒にいるのは楽しかったか?などだ。

「2日目にはあの女が嫌いになりました。私の仕事ですか? 彼女のカレンダーの整理、約束の設定、約束のキャンセル、コーヒーとカプチーノの調達、オフィスの掃除、服をクリーニングに出すこと、クリーニングから服を受け取ること、髪の予約、週2回の酒屋への買い出し……」とフエンテスさんは言った。

「ちょっと辛そうですね。苦言を呈することがあなたの証言に影響しませんか?」とクランドール副提督が言った。

「彼女が嫌な女だからといって、私が嘘をつくとは限りません。もし私が怒っているとしたら、それは他の議員のインターンが、私がやらなければならないことをやっていないことを知っていたからです。そして、ほとんどの議員はインターンに給料を払うのに、ナンシーは払いませんでした。こんにちは、ナンシー、やっと自分の居場所ができたようですね」と、フエンテスさんはそう言って、突然笑顔で被告に手を振った。

クランドール副提督は、被告に話しかけたり、煽ったりしないよう彼女に頼んだ。一方、ナンシーは淀んだ水たまりのようにじっと座っていた。

「宣誓供述をしたときに、あなたが話したことに注意を引き戻させてください、フエンテスさん。2018年3月10日、その日そのとき、あなたは、ナンシー・ペロシの事務所にいたそうですね?」と提督は尋ねた。

「そうです。ナンシーに遅くまで表計算や書き起こしをさせられたり、その他の理由で覚えています」フエンテスさんはためらうことなく答えた。

「ナンシーはその場にいたのですか?」

「彼女は自分のオフィスで、私はサイドオフィスと呼ばれる場所にいました。オフィスというより大きなクローゼットのようなもので、秘書やインターンが座っています。その2つはドアでつながっていて、鍵がかかっていたり、完全に閉まっていたりすることはありませんでした。ナンシーは、私たちが自分のことを話しているかもしれないと、盗み聞きをしたかったのでしょう」。

「憶測は慎みましょう、フエンテスさん」。

「申し訳ありません。とにかく、彼女が電話で誰かと話しているのを耳にしました。誰かは分かりませんが、トランプ大統領を殺すことについて話していました。彼女はいくら金がかかっても構わないと言っていました。彼女は彼の死を望んでいました。ナンシーは数百万ドルという大金を口にしていました」とフエンテス氏は語った。

「事務所には、あなたと被告以外に誰かいたのですか?」と クランドール副提督が尋ねた。

「私たち2人だけです。彼女はバーナーフォン(プリペイド式の携帯電話)で話していました。ナンシーは、オフィスの電話で非公式の仕事をすることはありませんでした。彼女は引き出しにバーナーフォンをいっぱい持っていました」とフエンテスさんは言った。

「記録しておきますが、証人が言う”バーナー”とは、一般的に言って、安価で消耗品、追跡不可能な携帯電話を現金で支払って買ったということです」。副提督は段ボール箱から、誰かが折ったプリペイド携帯の上半分と下半分を入れた証拠用ビニール袋を取り出しながら、「これに見覚えはありますか」と尋ねた。

「もちろんです。私が渡したものです」フエンテスさんは答えた。

「どうやってこの携帯電話を手に入れたのですか」と提督は質問した。

「あの夜、帰る前に彼女のゴミ箱から取ってきたんです。彼女は先に帰っていたのです」フエンテスさんはきっぱりと言った。

「ゴミ箱に捨てるなんて、あなたは大胆で、彼女は愚かですね。彼女にバレる心配はなかったんですか?」

その日、ナンシーはスミノフ・ウォッカのハーフボトルを飲み、午後8時半にオフィスを出たときには理解できないほど酩酊していた、とフエンテスさんは言う。彼女は、ペロシの引き出しから同じ未開封のバーナーフォンを取り出し、ナンシーがオリジナルを折ったのと同じように壊して、ゴミ箱に入れたことを誇らしげに語った。

「翌日、オフィスに行くと、ゴミ箱は空になっていました。でも、何も言われませんでした」と彼女は述べた。

「それで、もう5年近くも持っていたんですか?」クランドール副提督が言った。

フエンテスさんはうなずいた。「誰にも渡すつもりはなかったんです。そうすれば、私は消えていたかもしれないのですから」。

「フエンテスさん、もう心配することはないと思います。失礼します」。

副提督はパネルで、ペロシが携帯電話を使い物にならないようにしようとしたのにもかかわらず(彼女はシムカードさえ取り出していなかった)、JAGはそこから通話記録と何十もの証拠となるテキストメッセージを抽出したと語った。そこにはトランプ大統領の暗殺だけではなく、トランプの当時12歳の息子バロンを「誘拐するか追い出す」計画も書かれていた。メッセージの一部には、「ASAP(できるだけ早く)。バロンを連れて行けば、トランプは機能しなくなる。彼は去らざるを得なくなり、そしてペンスを手に入れるだろう。議論されていることを今伝える」とあった。

別のメッセージでは「イヴァンカでもいい。彼女を可愛くなくする」。

「もちろん、彼女のメッセージは別のバーナーフォンに送られましたた。切断されましたが…」とクランドール副提督が話し始めた。

ナンシーは立ち上がって話した。彼女は自分が無実であると言った。説明すれば無罪になると思って。「私がドナルド・トランプを嫌っていることは周知の事実です。これは全部ファンタジーです。私のファンタジーで、ファンタジーは犯罪ではありません。ロールプレイだでした。それ以上ではありません」と彼女は叫んだ。

「私たちは、あなたの銀行記録を持っています。あのメールを送った数分後にチューリッヒの口座に37万5千ドルを送金していますね。ベン・フォールズというのは偽名でしょう。インターンに一銭も払わないような人間が、ロールプレイに使うには高すぎる金額ですね」とクランドール副提督は言った。

「証人と呼ばれる人物は腐敗してるんです。こんなの耐えられない」。

海兵隊員2人がペロシを囲むと、副提督は「では、席に着いてください、さもなければ、あなたを座らせます」とキレた。「ところで、あなたはぼったくられたようですね」。

「次の証人も気に入らないでしょう」と提督は続けた。

彼は、ナンシーの別居中の夫、ポール・ペロシを協力者として証言台に呼び出した。


注:Part3は至急。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

1コメント

  1. ペロシの最期も近いな。それにしてもインターンに会話を聞かれる、証拠も握られる、執務室で泥酔するとか、かなり脇の甘いバーサンだな。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す