木曜日, 4月 18, 2024
ホームアメリカバーガー将軍行方不明

バーガー将軍行方不明

By Michael Baxter -2023年1月11日(Real Raw Newsより翻訳)

1月1日に米軍のホワイト・ハット部隊の指揮権を放棄したアメリカ海兵隊のデビッド・H・バーガー将軍が行方不明になり、1月6日から姿を見せていないと、エリック・M・スミス将軍の事務所の関係者がReal Raw Newsに伝えた。

バーガー将軍は退任する前に、近い将来は顧問としてキャンプ・ペンドルトンに残ると言っていたが、これは彼がここ数年、ディープ・ステートの工作員に対する対反乱作戦を計画しており、指揮下の軍人に精通していたため、理にかなっていたのである。しかし、彼はこの戦いに疲れ、スミスを後継者に選んだという。

情報筋によると、バーガー将軍は1月6日午後6時半に自家用車でキャンプ・ペンドルトンを出発したという。キャンプ・ペンドルトンは、他の軍事施設とは異なり、閉鎖された基地である。そこに駐留する資格のある人物や公務で訪れる者だけが、8つのアクセスポイントを通過することができ、海兵隊の警備員が高官の入退場時間を記録し、24時間365日体制で勤務している。午後6時半の出発後、彼がキャンプ・ペンドルトンに戻ったという記録はない。

「これは非常に珍しいことです。バーガー将軍は通常、1日以上不在にする場合、スタッフに知らせます。彼は正確さを求める傾向があります。例えば、翌日の午前9時に戻ると言えば、間違いなく戻ってきます。これほど長い間、家族や誰かに居場所を知らせずに姿を消したことは、一度もありません」 と、情報筋は述べた。

「8日に地元の病院と連絡を取りました。もしかしたら、事故に遭ったのかもしれません。しかし、何もありませんでした。行き先も告げず、その必要もないでしょうが……。海兵隊員たちは捜索隊を編成し、近辺で彼を探しました。運が悪かった」と情報筋は言う。

携帯電話の電波を読み取り、彼の居場所を三角法で特定することができるのか、という質問に対しては、「できる、できないの話はしたくないですが、携帯電話の三角法については、ディープ・ステートに同じことをされないようにするために対策をしています。 最近の自動車に搭載されているGPSも同じで、私たちの行動を追跡できないようにシャットダウンしています」と彼は答えた。

ホワイト・ハットは犯罪の証拠を掴んでいないが、あらゆる可能性が考えられる。誘拐されれば、ホワイト・ハットの活動も危うくなる、と情報筋は述べている。

「バーガー将軍は拷問を含む尋問に抵抗する訓練を受けているが、精神に作用する薬物に誰がどう反応するのか推測することは不可能です。将軍の心は秘密の金庫なのです」と彼は締めくくった。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

4 コメント

  1. 護衛はいなかったのか?
    以前から作戦にブレーキを掛けたり、ペロシの処刑期日が迫っていたとはいえ辞任後のGITMO襲撃のタイミングとか色々と疑ってしまう所が有った。
    今までのホワイトハットの水面下の行動全てがフェイクで将軍の誘拐を機に劣勢に立たされたWHが崩壊したってオチで空想話を畳むって可能性の方が現実味を帯びてきた。

  2. 退任すると護衛が手薄になる。

    ペロシーの同じで、身柄確保しやすくなる。

    入念に準備した計画的犯行の可能性が高い。

    先行き不透明。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す