日曜日, 4月 14, 2024
ホームアメリカ特殊部隊がバイデンのビーチハウスを襲撃

特殊部隊がバイデンのビーチハウスを襲撃

By Michael Baxter -2023年1月10日(Real Raw Newsより翻訳)

ジョセフ・バイデン副大統領(当時)が使用していた古いワシントンDCのオフィスで機密文書が発見されたという話がニュースになってから間もなく、米軍の特殊部隊が非合法大統領とその妻ジルが所有する3つのデラウェア州の不動産の1つを急襲したと、エリックM.スミス将軍の事務所の関係者がReal Raw Newsに伝えた。

午前2時30分に特殊部隊が数百万ドルの敷地にビーチフロント側から近づいたとき、家は暗く、空き家のように見えた。彼らは無線アラームを無効にし、ガラスカッターで下の階の窓を取り外して侵入した、と情報筋は付け加えた。脅威がないことを確認するために、部屋ごとに住居を掃除した後、チームは不法に保管された書類だけでなく、バイデン家が未成年の子供たちを性的に手なずけ、痴漢し、レイプするための「愛の巣」としてこの家を使用していた証拠を求めて、所有物の調査を開始したのである。

「あの家では最近、言葉にできないようなことが子供たちに起こったと信じるに足る十分な根拠があったのです。今、その理由を詳しく説明することはできません」と、情報筋は語った。

特殊部隊は児童性犯罪の目に見える証拠は見つけられなかったが、「10歳の子供が着るかもしれない」服でいっぱいのクローゼットを発見した。着ていないシャツや短パンがハンガーにかけられ、値段とサイズのシールが貼られたままである。万華鏡のような服の寄せ集めは現代的で、ジョーとジルが何年も前にアシュリーやボー、ハンターのために買ったという可能性はない。クローゼットの床には、子供サイズのスニーカーが数足、レゴやボードゲームなどのおもちゃが箱詰めされ、すべて未開封で包装された状態で置かれていた。

特殊部隊は、主寝室から携帯電話、ノートパソコン、iPadなどの電子機器を押収した。ナイトテーブルの引き出しからは、ジル・バイデンが執筆した手書きの日記が数冊発見された。そのうちの1冊を読んでいた特殊部隊の司令官は、彼女が2021年4月15日に書いた不可解な手記に気づいた。それは、夫への弔辞だった。

「時々、あなたに会いたくなるけど、もうあまりない。あなたは亡くなったけれど、まだここにいて、私の夢を苦しめ、起きているときには私を悩ませる物理的な症状が出ています。だから、これは私の代償なのです。死が訪れれば、私はようやく解放されるのです」と書かれている部分がある。

その1日後、彼女はこう書いた。「いつか彼のことを世界に伝えようと思う。いつかOの正体を世に問う」と。

情報筋によると、特殊部隊は1時間かけて家を捜索し、重要な証拠を採取した後、その地域から脱出したとのことだ。この情報源は、彼らがどのようにビーチに到着し、どのようにビーチを出たかなど、作戦の詳細は語らず、我々の推測を受け入れることを拒否した。また、バイデンが何年も前に国立公文書館に引き渡したはずの機密文書を無責任に扱ったという昨日のニュースに対して、今回の急襲が直接的な反応であったとも言わなかった。

トランプ大統領とは異なり、バイデン副大統領(当時)には国家的に重要な文書の機密指定を解除する権限はない。その権限は米国大統領にしかない。

情報筋によると、米陸軍サイバー司令部は押収したノートPCを検証し、適切なタイミングで最新情報を提供するとのことだ。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す