木曜日, 4月 18, 2024
ホームGITMOディック・チェイニー、GITMOで絞首刑

ディック・チェイニー、GITMOで絞首刑

By Mike Baxter -2022年1月29日(Real Raw Newsより翻訳)

米海軍法務官部隊と軍事委員会事務局は通常、土曜日には「業務」を行わないが、リチャード・ブルース・チェイニーについては例外とした。


1月18日に反逆罪と殺人罪で有罪判決を受け、死刑を宣告されたチェイニーは、土曜日の朝、グアンタナモ湾で、ダース・E・クランドール少将と、州兵と沿岸警備隊を除く他の軍隊の「ホワイトハット」支持者からなる軍の幹部たちの前で絞首刑に処された。

しかし、この処刑には問題があった。チェイニーは、クランドール少将が「死刑執行」の命令を出した後、足下の回転するドアが開かず、死を免れようとしたのである。

昔の絞首台はレバーと引き金で機械的に動いていたが、GITMOの装置は電子的に動く。匿名の兵士がボタンを押すと、扉が開く。

もし、絞首台で失敗したら、例えばロープを切るなどして、囚人は自由になり、刑期が短縮されるという西部劇の神話を呼び起こそうとしたのだ。

「私は釈放されるべきなのだ。機械が壊れましたね。1800年代には、リンチが失敗すると、何らかの理由で死刑囚は釈放されるのが通例だった」チェイニーは、首つり縄で壇上に立ちながら、こう言った。

「残念ながら、ここは1867年のシャイアンではなく、2022年のGITMOだ」とクランドール少将は言った。「しかし、もしそうであれば、我々はあなたを吊るさないだろう。20歩の距離での決闘の方がはるかに喜ばしいと思う」。

米陸軍工兵隊の兵士が15分後に到着した。配線のショートを発見し、携帯用のハンダごてですぐに修理してくれた。

案の定、チェイニーは、クランドール少将をはじめ、出席していた将校たちを見下すような声で悪態をつき始め、民衆に仇を討つと誓った。

クランドール少将は、「君はこれから、あの人たちと再会するんだ」と言って、もう一度、台の上にいる兵士にボタンを押すように指示した。

今度こそ絞首台は完璧に機能した。扉が開き、チェイニーは落下して死んだ。医師が死亡を確認し、遺体はビニール袋に入れられた。
トランプの真実
RELATED ARTICLES

2 コメント

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す