日曜日, 5月 19, 2024
ホームアメリカ軍、マイケル・サスマンを逮捕

軍、マイケル・サスマンを逮捕

By Michael Baxter -2022年6月6日(Real Raw Newsより翻訳)

米軍は日曜日、ワシントンDCの連邦陪審がドナルド・J・トランプ大統領とロシアについてFBIに嘘をついたとして「無罪」としたわずか1週間後に、元クリントン陣営の弁護士マイケル・サスマンを国家反逆罪で逮捕した。

サスマンの連邦裁判は、FBIの特別顧問の仲間であるジェームズ・ベーカーと2016年に会ったことが中心で、サスマンは、トランプの大統領選を頓挫させるための根拠のない噂やまやかしの嘘を共有したのである。サスマンは起訴され、裁判を受けたが、6時間に及ぶ陪審員の審議の結果、犯罪的悪質性は免責された。

「裁判は最初からインチキだった。裁判は最初から偽物だった。自分たちの仲間を有罪にするはずがないと思っていたが、結果が出るのを待った」と米海軍法務官(JAG)関係者はReal Raw Newsに語った。

ホワイト・ハットは、長い間サスマンの活動を監視しており、軍の調査で、サスマンがベイカーに会う2日前に140万ドルの未申告所得を受け取っていたことを突き止めたと彼は言う。この支払いは、2004年6月に設立されたアメリカの怪しげな非営利技術団体「アクト・ブルー」からで、左派系非営利団体や民主党候補、進歩的団体にオンライン資金調達ソフトウェアを提供し、インターネット上で個人寄付者から資金調達できるようにするものだった。アクト・ブルーの元役員には、同組織の匿名かつ秘密のパートナーであった故ウィリアム・ジェファーソン・クリントンを含む多くのディープ・ステーターが含まれている。

米海軍法務総監団は、サスマンがトランプ、トランプ組織、ロシアに関する話を捏造するのと引き換えに賄賂を受け取ったと主張しており、これらはすべて、今では否定されている「ロシアの共謀」疑惑に関わるものである。

さらに、JAGが陪審員の経歴を徹底的に調べたところ、3人がヒラリー・クリントンの2016年大統領選挙に相当額の現金を寄付していたことが判明した。1人はクリントン夫妻と親しい友人、マーサズ・ヴィニヤードでしばしば一緒に休暇を過ごしていた。

「裁判は明らかにサスマンに有利に偏っていた。陪審員は決して座るべきでなかった。彼らは、サスマンに対する訴訟が真剣に取られていなかったことを証明した。彼らが彼を無罪放免にしたとき、我々は行動を起こした」と、この情報筋は語った。

その行動とは、サスマンが偽名で借りていたロードアイランド州の海辺の賃貸住宅に米軍の特殊部隊が侵入することだった。サスマンが身を隠したのは、「怒れるMAGA」が彼と彼の家族に対して死の脅迫をしていると証拠もなく主張したからだと、情報筋は言った。

日曜日の午前3時に、未知数の特殊部隊の工作員が、敷地のビーチフロント側からこっそり邸宅に近づき、そこで半自動小銃で武装した3人のボディガードに遭遇したと伝えられている。特殊部隊はサスマンの警備員を驚かせて制圧し、家の鍵や警報システムのコードを聞き出したという。

サスマンはベッドで眠っていたが、兵士が結束バンドで縛ろうとすると目を覚まし、もがいたという。

「こんなことしていいのか。私は陪審員によって無罪になった。私は弁護士だ」とサスマンは兵士に向かって足をばたつかせながらぼやいたと伝えられている。

兵士はライフルの銃床でサスマンのこめかみを殴り、彼は意識を失った。

「彼は、次に直面する陪審員を買収することはできないだろう」と、この情報筋は言った。

明らかに贈収賄か恐喝のケースで、JAGはどうやって反逆罪の容疑を立証するのか、という質問に対して、我々の情報筋は、「暴動法は反逆罪の定義を拡大しており、特に大統領選挙を妨害する問題でそうなっている」と答えた。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

19 コメント

  1. ガス抜きはもう終わりにすべき。大量逮捕に踏み切るべきです。プーチンは大分前からGOサインを出しています。やらないと手遅れになります。

  2. 未だ日本は勿論、アメリカもマスゴミをコントロール出来ていない感じですね。ウクライナもコロナも相変わらず出鱈目なニュースを日々、垂れ流してるから。そうなると大量逮捕に踏み切っても国民は何が起きてるのか理解出来ないのでは?トランプによるクーデターと誤解されて国家が分断される?

  3. 混乱はいずれ避けられない。コロナ陽性なんて報道はやめるようにして欲しい。このサイトではないけど。このままだと、あのずうずうしいマスゴミ連中がいつまでも正義面してのさばる。

  4. たしかに、大統領戦の直後で、トランプ氏が在職中なら、大量逮捕は出来たと思います。不正選挙の証拠は山ほどありましたから。
    デビットバーガー将軍は、軍による選挙のやり直しを進言したそうです。
    でも、もう少し時間が経たないと、何が良かったか判断が出来ないような気がします。

  5. トランプを担いで、クーデターすれば、別にクーデターにはならないな。正当なわけだから。別に国民も混乱しないはず。

  6. 今回の大統領選挙の大規模不正は、クーデターに等しいので、国家反逆罪でもおかしくないと思います。

    • にしても、トランプはタイミングが悪すぎる。不正選挙で逮捕を逃し、子供の拉致でも大量逮捕に踏み切らず、コロナ詐欺でも、未然に防がず、大量逮捕もしない。

    • トランプはある意味、アメリカのエリツィンなのかもしれないな。アメリカのプーチンが現れないとダメだな。

  7. トランプが乗る気でなければ、最初だけトランプが大統領に復帰して、健康上の理由で退任して、副大統領がなればいいんじゃないかい?

  8. 大統領選のときは、共和党内でも反トランプ勢力が強かったが、現在は、共和党内の95%を押さえたと言われているので、彼には彼の考えがあるのだと思う。

    • ウクライナ侵攻でますます、DSが有利になっている。プーチン、トランプが各個撃破されねば良いが。

  9. 5月16日の公判でトランプ団の為にダラムについての調査報告資料提供者Broeksmit氏46才が証言する予定だったが、行方不明になり遺体で発見された。4/26日付記事)サスマン無罪判決を知り憤りを感じた。ホワイトハットがサスマンを拘束したと知り、安堵しました。亡くなったBroeksmit氏に哀悼….✿

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す