水曜日, 5月 22, 2024
ホームアメリカディープ・ステートによる核分解工場への攻撃

ディープ・ステートによる核分解工場への攻撃

By Michael Baxter -2022年7月15日(Real Raw Newsより翻訳)

ディープ・ステートは先週、テキサス州のパンハンドルにある核分解工場に無秩序な攻撃を仕掛けたが、盗まれた2020年の大統領選挙後に米軍が戦略核兵器の暫定的支配権を得て以来、この施設を警備してきたホワイト・ハットに撃退されたと、デビッド・H・バーガー将軍の事務所の関係者がReal Raw Newsに語った。

失敗した侵略は、アマリロに近い16,000エーカーの土地にあるマンモス複合施設、パンテックスで行われた。2021年1月以前、この工場は米国エネルギー省のために、コンソリデーテッド・ニュークリア・セキュリティとサンディア国立研究所によって管理・運営されていたが、バイデンが不法に就任したときに米軍がすべて退去させた。そのときすでに、米軍はICBMとSLBMの核発射コード、戦略爆撃機部隊を掌握しており、悪政は難航していた。つまり、バイデンの手の者が核戦争、あるいはアメリカ国内での核の偽旗を望んだ場合、原子炉の部品を別の場所から盗み出さなければならないのである。

パンテックスは、米国内に唯一残る核廃棄工場であり、冷戦時代の核弾頭や核分裂性物質を無傷のまま数十個保管しているとされる。ホワイト・ハットが支配権を握る以前から、この核工場には素晴らしいセキュリティが施されていた。モーションセンサーや監視カメラが敷地内に張り巡らされ、上空は飛行禁止区域に指定されていた。鉄条網と電撃フェンスが建造物を囲み、最も機密性の高い建造物にはカードキーと拇印、網膜のスキャンが必要であった。

関係者はReal Raw Newsに、ホワイト・ハットがパンテックスの防衛を強化したと語ったが、具体的なことは何も言わなかった。

7月9日の未明、境界警備隊は、フェンスに向かって行進する武装した侵入者の群れを発見した。黒装束にタクティカル・ギア(戦術的装備)を身につけた侵入者たちは、少しずつ前進してきたが、明確な戦術はなかった。その数は約100人。まるで南北戦争の兵士が大砲の火の中をやみくもに行進するように、目立つように10列、10段の隊列を組んで行進していた。

その頃、ホワイト・ハット(米陸軍のレンジャーとデルタフォースの分遣隊)は装甲したハマーに乗り込み、侵入地点に急行中だった。隠れている周辺警備員の誘導で、敵の300メートル以内に接近し、装甲車を降ろし、隠れ蓑にした。ハマーのヘッドライトやストロボを光らせ、敵を一網打尽にした。

そして、「施設を明け渡さないと、力ずくで奪うぞ」という雄叫びが聞こえてきた。

一方、この襲撃の知らせはキャンプ・ペンドルトンにいる海兵隊のデビッド・H・バーガー将軍に届いていた。情報筋はReal Raw Newsに、ディープ・ステートの古風な先兵が彼の疑念をかきたて、陽動作戦を疑ったと語った。彼は、ディープ・ステートが別の場所でフェンスを破ろうとしている場合に備えて、パンテックスの広大な敷地に扇状にパトロール隊を追加するよう命じた。

パトロール隊が動員されると、レンジャー・デルタ分遣隊と100人のディープ・ステートの攻撃隊との間で銃撃戦が発生した。どちらが先に撃ったかは不明だが、数では劣るものの訓練されたホワイト・ハットが決定的な優位に立ったとのことだ。彼らは身を隠していたが、ディープ・ステートは露出していた。

弾丸は空中でシューシューと音を立て、装甲したハマーに跳ね返されたが、肉には当たらない。ホワイト・ハットは銃声の嵐を放ち、ディープ・ステートの第一陣と第二陣はほとんど即座に倒れ、数秒で20人が負傷または死亡した。この猛攻に圧倒された彼らは、戦術的な逆行を開始し、来た方向へ退却しながら制圧砲火を浴びせた。

ホワイト・ハットはさらに攻撃を続け、少なくとも12人のディープ・ステートのチンピラを倒したが、部隊長は射撃を止めるよう命令した。

部隊長がバーガー将軍に直接話したのか、彼の補佐官に話したのかは不明だが、彼が敵を追跡し排除する許可を求めたところ、防御態勢を維持するが追跡はしないように言われたという。

それでパンテックスの攻撃は終了した。ホワイト・ハットは、他の侵略の証拠を見つけられなかった。

「ディープ・ステートの犯行であることが判明しました。私たちは生存者を捕まえました。連邦緊急事態管理庁、アルコール・タバコ・火器及び爆発物取締局、すべてのディープ・ステート機関の信任状を持っている者もいます。なぜあのような攻撃をしたのか説明がつきません。我々の防衛力をテストし、必要なら自らを犠牲にするよう命じられたのかもしれません。囚人の尋問の結果は分かりません」と情報筋は述べた。

最後に彼は、愛国者はディープ・ステートによる米国の乗っ取りを避けられない運命として受け入れるべきではないと述べた。「我々はそれを防ぐために懸命に働いています」。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

4 コメント

  1. 向こう側は相当焦っている事がわかる、まるで第二次世界大戦終戦間際の竹槍玉砕では無いか!いつも被害は底辺の弱い人々。

  2. 軍が動かず、素人集団が来たということは、少なくとも、軍の一部がDS側についていないらしい事は推測出来ますから、安心できます。

  3. 今回は受けた攻撃を跳ね除けたと言う記事。能動的にDSのアジトに侵入、壊滅して要人を捕らえた、と言う記事を見てみたい。

  4. 「デルタフォース」で検索すると、軍が1年越しの緻密な作戦で、連邦緊急事態管理庁の本部を攻略して占拠した記事が出てくる。プロの仕事はすごい。素人とは違う。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す