日曜日, 5月 19, 2024
ホームアメリカトランプ 「彼らが彼女を捕まえた」

トランプ 「彼らが彼女を捕まえた」

By Michael Baxter -2022年7月17日(Real Raw Newsより翻訳)

ドナルド・J・トランプ大統領は、元妻イヴァナの死に関して、公の場で反則行為について言及することを避けているが、マー・ア・ラゴの情報筋が土曜日にReal Raw Newsに語ったところによると、イヴァナの早すぎる死を取り巻く状況を「非常に疑わしい」「奇妙」「正しくない」と言っているそうだ。

水曜日にイヴァナはニューヨークの自宅マンションの階段の下で無反応で発見された。ニューヨーク市警の報告によると、清掃員が玄関のベルを鳴らしても応答がなかったため、保守員がイヴァナの家に入った。この階段は、30年近く住んでいて、何千回、何万回と昇り降りしている階段である。

奇妙なことに、ニューヨーク市監察医局のジェイソン・グラハム医師は、階段の下にある「こぼれたコーヒーの水たまり」に横たわる彼女の死体を見て、最初にイヴァナの死を「冠動脈現象」と名づけたのである。つまり、検視官は死体も調べず、ましてや解剖もせずに死因を決めてしまったらしい。

ところが1日後、検視官は死亡診断書を訂正し、死因を胴体への鈍器による外傷とした。グラハム医師は、彼女の胴体には深い挫傷があり、「偶発的な落下」の結果であると書き、不正行為の兆候は見られないと、明白な理由もなく強調した。

しかし、トランプ一家は、落下と心臓発作のどちらの説明も信じていない、と情報筋はRRNに語った。

この悲劇を聞いた、同じくニューヨークの母親のタウンハウスの近くに住んでいるイヴァンナとドナルドの娘イヴァンカ・トランプは、ニューヨークの霊安室にダッシュし、遺体の身元をはっきりと確認したそうだ。

「彼女は後に、父親(ドナルド・トランプ)に何かがおかしいと言いました。イヴァナは腰から首にかけて青黒くなっていましたが、頭にも足にも怪我はなく、打撲の跡もありませんでした。何かがおかしいと思ったのです。急な階段から転げ落ちたら、頭はどこかにぶつかるでしょう? 階段か踊り場です」とマール・ア・ラーゴの関係者は語った。

トランプ大統領は、検視官の報告を信じず、ディープ・ステートがイバンナを殺害させ、事故に見せかけたのかもしれないと側近に話したという。

「もしかしたら、彼らは彼女を捕まえたのかもしれない!」とトランプは言ったと伝えられている。

もし本当なら、ディープ・ステートはなぜトランプの肉親であるメラニア、エリック、ドン・ジュニア、バロン、イヴァンカではなくイヴァナをターゲットにしたのかと尋ねられ、情報筋は「彼らはホワイト・ハットの大規模な保護を受けているからだ」と答えた。イヴァナにはなかった。トランプとイヴァナはあまり話さず、トランプがイヴァナについて知っていることは、彼の子供たちを通して伝わってくる。だから、彼は心臓発作の説明がでたらめだと分かったのだ。イヴァナはその1週間前に心電図を含む健康診断を受けたが、心臓に異常はなかった。

トランプは最後に、真実を知るために私的な審問を開いたと述べた。

「ディープ・ステートは、あなたを捕まえられないなら、捕まえられる者を捕まえようというメッセージを送っているのかもしれません。ご存知の通り、彼らはトランプ氏を(2024年の大統領選に)参戦させないために、多くの時間と資金を費やしてトランプ氏を揺さぶろうとしています」と述べた。


編集者:RRNは、イヴァナが亡くなる数日前に4回目のコビド19血栓注射を受けたという主張を検証しようとしている。 

トランプの真実
RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す