木曜日, 4月 18, 2024
ホームCovid-19FEMAが竜巻の被害を受けたケンタッキー州に到着-予防接種を携えて

FEMAが竜巻の被害を受けたケンタッキー州に到着-予防接種を携えて

By Michael Baxter -2021年12月13日(Real Raw Newsより翻訳)

米国連邦緊急事態管理庁(FEMA)がケンタッキー州に到着したのは、12月中旬に発生した竜巻が町全体を破壊し、100人以上の死者を出した4州大混乱のわずか数時間後だった。これは、ディープステートが運営する組織が、いまだに法を守るアメリカ人に予防接種を強制しようとしていることを示している。

9月、Real Raw Newsは、ハリケーン・アイダの被害を受けたルイジアナ州で行われた同様のイベントを独占的に報道した。ハリケーン・アイダの被害に遭った住民は、FEMAから最後通告を受けた。FEMAの内部告発者がRRNに語ったところによると、FEMAは500人のルイジアナ人を騙して注射を打たせたという。

そして、FEMAは災害を無駄にすることはないので、また昔の手口を使っている。

ケンタッキー州で竜巻に襲われたメイフィールドの惨状が朝日に照らされると、何百人ものFEMA職員、中には武装した職員や連邦政府に奉仕するために徴集された病院の看護師などが、戦場と化した街に繰り出した。

彼らは、最も被害の大きかった地域に「司令部」を設置した。嵐で8人が亡くなったろうそく工場の近くや、70軒の家が基礎から引き剥がされた分譲地の1ブロック先などだ。

瓦礫の中から、ボロボロの服を着て、顔に乾いた血をつけた中年女性が、FEMA(連邦緊急事態管理庁)の救援基地に向かって歩いてきた。彼女は、自分の家も人生も、竜巻によって失われてしまったと語った。嵐で屋根が剥がれ落ちたとき、彼女は片腕を手すりに巻き付け、もう片方の腕は犬にしがみついていた。渦巻く強風が彼女の手から犬を引き剥がし、犬は竜巻の渦の中へと巻き込まれていった。声も出せず、水を求めていた。

テントの中に入ると、クーラーがあった。テントの看護師がクーラーを開けると、そこには冷えた水のボトルではなく、Covid-19の予防接種の小瓶が底から上に向かって入っていた。

「Covid-19の予防接種とブースターショットを受けましたか?」と看護師は注射器を持って尋ねた。「この地域では感染が発生しているかもしれません」。

この女性の出来事は、決して他人事ではない。

FEMAの関係者がRRNに語ったところによると、国土安全保障省はFEMAに対し、予防接種の有無を申告したり、予防接種の証明を提出したり、強制的な注射を受けたりするまで、災害救援を保留する権限を与えているという。

「予防接種を受けない人は、文字通り、歩く負傷者を追い出すことになります。寝る場所、毛布、食べ物、水が欲しければ、私たちに言って、ワクチン接種を受けたことを証明するか、袖をまくってください。そうでなければ、瓦礫の中で眠りなさい。そう言われています」と情報提供者は語っている。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

2 コメント

  1. あちら側はまだまだ、汚い作戦を遂行する能力をもっているな。DSと反DSで本格的戦争にならないのが不思議。

  2. 災害で困った人が多くいる地帯に駆けつけて
    ワクチン接種と引き換えに救援物資を与える。
    ワクチン打って副反応または死か、
    生活物資をあきらめるか。
    ワクチン後に死んでも因果関係不明で責任追及はできない。
    そこまで打たせたいのは人口削減させたいから。
    DSは1度でも打たせたら
    2回目3回目はラクに打ってくれることを知っている。
    ロスチャイルドやロックフェラーの逮捕処刑がまだ未完なのでしょう。
    反DSは今はまだ動けないということかも。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す