木曜日, 4月 18, 2024
ホームアメリカビル・クリントンの死、殺人と判断される毒物による死

ビル・クリントンの死、殺人と判断される毒物による死

By Michael Baxter -2021年9月30日(Real Raw Newsより翻訳)

今週初めにReal Raw Newsが報じたように、グアンタナモ湾の警備担当者は、9月25日(土)午前7時頃、キャンプ・デルタの隔離棟の独房の床に倒れているビル・クリントンの死体を発見した。クリントン氏は嘔吐物の水たまりの中に顔を伏せており、蘇生を試みても反応しなかった。GITMOの看守2人の証言によると、クリントンは前日の夕方6時に食事をとり、金曜夜9時の消灯直前には寝台で本を読んでいるのが目撃されており、生存しており、健康状態も良好であった。

9月27日(月)、海軍犯罪捜査局(NCIS)の法医毒物学者キャシディ・レモン中尉と米海軍病院グアンタナモ・ベイの司令官デイル・ラミレス大尉が、クリントン氏の検死を監督した。

隔離されていたため、首吊りや他の収容者との衝突の可能性はなかったが、後者は不可能だった。

クリントンの血液サンプルは毒物検査のために研究室に送られ、木曜日の午後、ラミレス大尉はその結果を軍事委員会事務局と米海軍法務官軍団に送った。

クリントンはリシンと呼ばれる毒物を大量に摂取していたと、GITMOの関係者がReal Raw Newsに語った。

リシンは、ヒマワリの種子から生成される非常に強力な毒素で、推定致死量は人間の体重1キログラムあたり1ミリグラムである。吸い込んだり、摂取したり、注射したりすると死に至るほか、粉塵が目に入っただけでも毒性を発揮する。リシン中毒の症状は、胃腸障害、痛み、粘膜の出血、激しい吐き気、嘔吐、下痢、嚥下(えんげ)困難<食物が口から胃に達する通路のどこかでつまった感じのする状態>などだ。

「我々は、クリントンが一度に大量のリシンを摂取したと考えています。一般的に、症状は数日かけて進行し、その後、死に至ります。クリントン氏は、死に至るまでの数日間、何の症状も報告していませんでした。彼は数百ミリグラムという非常に重い量にさらされたのです」と関係者は語っている。

クリントンの最後の食事であるチキンパテと肉汁が固まったマッシュポテトの残骸の毒物検査は、検死の結論を裏付けるものであり、その食べ物には高濃度のリシンが含まれていた。

法務総監とNCISは、クリントンがGITMOに毒物を持ち込むことができなかったことから、クリントンの死を殺人事件として扱っている。

「ビル・クリントンは監禁されている間、全く面会者がいませんでした。食事にどのように毒が混入されたのか、誰が混入したのかを究明するための努力がなされています」と情報源は語っている。

RRNでは、さらに詳しい情報が入り次第お伝えする。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

1コメント

  1. 悪魔でも召喚したのかな?どこかに隠し持っていたとか。ラムズフェルドみたく。或いはギトモにエージェントがいるのかな?

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す