木曜日, 4月 18, 2024
ホームアメリカバーガー将軍、後任を指名

バーガー将軍、後任を指名

By Michael Baxter -2022年12月16日(Real Raw Newsより翻訳)

木曜日の夜、デイヴィッド・H・バーガー将軍は、米軍のホワイト・ハット部隊の司令官としての自分の後任を誰にするかという憶測に、素早く終止符を打った。後任には、イラクとアフガニスタンで海兵隊を率いて戦った、勇敢で戦闘経験豊富なエリック・M・スミス海兵隊司令官補が指名されたのだ。

彼の功績は伝説的であり、海兵隊員は彼を尊敬している。 アフガニスタンとイラクは別として、スミス将軍は米海兵隊南部司令部、第1海兵師団、第3海兵遠征軍、海兵隊戦闘開発司令部を指揮した。

最近では、特殊作戦統合部隊が連邦緊急事態管理庁(FEMA)のマウント・ウェザー基地を奪取するための戦闘計画の起草に携わった。

バーガー将軍は、スミス将軍が1月1日からホワイト・ハットの全軍事作戦の指揮を執ると述べ、その間はスミス将軍が権限を保持することを付け加えた。

「スミス将軍はこの仕事にふさわしい海兵隊員だ。皆さんの多くは、彼に会い、その評判を知っている。まだ会ったことのない人も、すぐに彼のことが分かるだろう。彼はナンセンスではない。海兵隊員であり、真の愛国者だ。彼は事態を打開する私に示したのと同じ敬意を彼に示すのだ。私はまだ近くにいて、現場から助言するつもりだ。しかし、スミス将軍がクォーターバックを務めるだろう」と、バーガー将軍は評議会に語った

バーガー将軍は退任の理由を公には説明しないと、この電話を知る関係者はReal Raw Newsに語ったが、「私とトランプ大統領の間に沸き起こる憎しみという話は、著しく誇張されている。私たちは最近少し意見の相違があった、それだけだ。私の理由は私自身のものだ。そして、皆さんにお伝えしたいのは、スミス将軍はドナルド・トランプのクローンやマール・ア・ラゴに座っている二重人格のような屁理屈を許さないので、頭を冷やせということだ。トランプは我々にこの任務を与え、君たち全員が彼の呼びかけに応えたのだ」。

最後に、我々の情報筋によると、バーガー将軍は、短い、心のこもったスピーチに移り、彼は、誇りと尊厳と名誉をもって、ホワイト・ハットのコミュニティと大統領に仕えたと感じていると言い、彼は、評議会に「最も暗い日でも、善戦を続ける 」暗示をかけたと言うことだ。

 

注:ナンシー・ペロシの法廷が昨日の午後遅くに終了した。この記事を書くには、一日中かかりそうだ。きょうは医者の予約を2件入れなければならないので、公開は土曜日になるかもしれない。 評決は驚くようなものではない。ご容赦願う。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

1コメント

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す