木曜日, 4月 18, 2024
ホームGITMOナンシー・ペロシ軍事法廷(Part1)

ナンシー・ペロシ軍事法廷(Part1)

By Michael Baxter  -20221217日(Real Raw Newsより翻訳)

アメリカ海軍法務官のダース・E・クランドール副提督は、木曜日の午後遅く、3人の役員による委員会が反逆罪、扇動的陰謀罪、殺人謀議罪で有罪とした前下院議長ナンシー・ペロシに対する証拠を提出するのに、2日間で13時間を要した。

冒頭陳述で提督は、JAG(米海軍法務官)と軍事委員会事務局はペロシと1987年にさかのぼる犯罪を結びつける膨大な証拠を持っているが、時間の関係で、当時の大統領候補ドナルド・J・トランプの暗殺を企てた2016年の嘱託殺人に始まる彼女の最も最近のひどい犯罪にのみ焦点を当てるだろうと述べた。彼は、JAGはトランプの命を狙う多くの邪悪な計画を知っており、そのすべてが失敗に終わり、ペロシと4つの計画を結びつける揺るぎない証拠を持っている、と述べた。 さらにクランドール副提督は、2018年にペロシがドナルド・トランプの辞任を迫るためにバロン・トランプを誘拐し、ペンスが新大統領になるよう仕向ける計画を立てたことを、合理的疑いを超えて証明するとパネルに述べた。ペロシは、苦悩するトランプを退陣に追い込むために、メラニアかイヴァンカを殺害させることまで考えていたとクランドール副提督は述べた。

さらに、ペロシは故ギャビン・ニューサムと共同で、カリフォルニア州を封鎖し、強硬なワクチン接種を強制して、ゴールデン・ステート(カリフォルニア州のこと)に住む無数の住民を病気にしたり、死亡させたりした責任を負っていると述べた。ペロシの「Covid犯罪」は、合衆国憲法に違反し、彼女が奉仕することを誓った国民を侮辱するものだと彼は主張した。しかし、ペロシが富と権力を築き、その権力は計り知れないものとなった。クランドール副提督は、彼女が鉄拳を振るっていないときは、瓶を握りしめていたと述べ、目撃者の証言とペロシ自身の文書がJAGの申し立てを信憑性のあるものにするとパネルに告げた。

「この女性はワクチンさえ受けていない。私たちは彼女の血液を採取して検査したから分かるのです。彼女は自分の義務を放棄した。なぜか? 彼女はワクチンが危険であることを知っていたからです」とクランドール副提督はペロシを指差して言った。

彼女自身の冒頭陳述をする機会を与えられたとき、弁護士なしで現れたペロシは、唇をすぼめて黙っていた。血走った目で法廷を見回し、しなびた骨ばった指が目に見えて震えている。

クランドール副提督は、ザビエル・ラミレスという29歳のラテン系の男性を証人に紹介した。彼は宣誓した後、ペロシの元ジゴロで「男の子のおもちゃ」だと自称した。彼は、2016年の4月から7月にかけて、通常サンフランシスコ地域の高級ホテルで定期的にペロシを「接待」していたと宣誓して証言した。ラミレス氏は、各会議を記録したわけではないが、15回はペロシに会っていたと推測している。

「ラミレスさん、高給取りだといいですね」とクランドール副提督は口火を切った。

「とてもいいですよ」と証人は答えた。

ペロシは、「こんな人、見たことない」と、声を荒げて叫んだ。

提督は彼女の暴走を叱責し、礼儀をわきまえるか、身体的に拘束するか、どちらかだと言った。

「ラミレスさん、私たちが最初に話をしたとき、あなたは特定の日に特定の会議をすると言いましたね。もしよろしければ、覚えている限り、あなたが言ったことを繰り返していただけませんか」とクランドール副提督は言った。

2016721日のことでした。ドナルド・トランプ氏が共和党の指名を受けたばかりで、ナンシーは調子が悪かったんです。トランプはこれ、トランプはあれと、彼女はそればかり話していた。彼女は私に給料を払ってくれたので、私はそれを聞いていました。もちろん、彼女はお酒を飲んでいました。ナンシーはお酒が好きなんです。大酒飲みで、いい方を変えれば常習的な酒飲みです。だから、飲めば飲むほど、彼女はしゃべるんです……」。

クランドール副提督が言った。「あなたの多彩な話はありがたいのですが、もっと手短に、要点をまとめていただけませんか」。

「要点は、そうです。彼女はドナルド・トランプを殺したいと言っていました」と証人は言った。

「殺す? それとも殺していた?」

「まあ、殺したことになるでしょう。確かに彼女は自分ではやっていませんでした。ナンシーは、私に知り合いはいるかと尋ねました。私はキューバ人だから、誰かを知っているに違いないと彼女は言いました。なぜキューバ人だからといって殺し屋と知り合いでなければならないのか、自分でも考えていました。冗談かと思い、冗談ですかと聞いてみたが、そうではないとナンシーは真剣でした。彼女は、誰かを見つけるために現金25千ドルを前払いすると言ったんです。ナンシーは、もし私がそうして成功したら、私はさらに225000ドル、トランプを殺した人は25万ドルもらえると言いました。そして彼女は笑いながら、もしトランプがあまりに保護されすぎているようなら、娘のほら、背が高くて可愛いブロンドのイヴァンカをやればいいと言うんです」。

副提督は、ラミレス氏が25千ドルを見たか、扱ったかと尋ねた。

「彼女の財布から出てくるのを見ました。1,000ドルずつ束ねたものです。私はそれを見て、それに触れましたが、受け取りませんでした。ナンシー・ペロシなんだから、強力な友人がいるに違いないと言ったんです。すると彼女は、これはよく覚えているのですが、『今回は外部の人間でなければならない』と言ったのです。私はそのためにここにいるのではない、ときっぱりと言ったのです」とラミレス氏は説明した。

「そして、ラミレスさん、あなたが被告のために行ったサービスは、25千ドルもしなかったのでしょうね」とクランドール副提督は言った。

ラミレス氏は笑った。「いや、そうであってほしいですが、もっと少なかったです。彼女は前払いしてくれました」。

「シークレットサービスや警察には心配事を持ち込みましたか?」

「正気ですか? いや、彼女がトランプを殺せるなら、私は壁のハエのように殺されるかもしれません。私が去ったとき、彼女を見たのはそれが最後でした」ラミレス氏は述べた。

「なのに被告は、きょうまで一度も会ったことがないと言っています。しかし、それが真実でないことは分かっています」とクランドール副提督は言った。

彼は、証人から入手したデジタル画像を大画面のテレビに映し出した。ペロシとラミレスがホテルの部屋で抱き合っているのがはっきりと写っているもの、2人が並んでカメラに向かって微笑んでいるものなどだ。「これらは、あなたが被告の会社で撮った自撮り写真ですね?」

「そのとおりです」とラミレス氏は言った。

「なぜ撮ったんですか?」

「自慢したいからです」。

クランドール副提督は鼻で笑った。「ラミレスさん、それは自慢できることではありませんよ。退席してください」。

提督はパネルに向かってこう言った。「この件だけでも、従来の裁判では最高で20年の刑期が与えられる殺人教唆だ。今回は、大統領候補の話だ。そして、我々は決して終わっていない


注:早急に続編を掲載する予定。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す