日曜日, 4月 14, 2024
ホームIRS国税庁、一夜にして950人の凶悪犯を雇う

国税庁、一夜にして950人の凶悪犯を雇う

By Michael Baxter -2022年8月14日(Real Raw Newsより翻訳)

内国歳入庁はまだ800億ドルの納税者プレゼントを受け取っていないが、匿名の約束で話している庁の内部関係者によると、すでに大量雇用を始めているとのことだ。

8月7日の朝、ディープ・ステートの愚か者カマラ・ハリスが、ペテン師の機関を強化する同点票を行ったわずか数時間後に、IRSは申請書の残務処理と新しい申請の受付を始めた。一晩で950件を承認した。

ある情報筋はRNNに、IRSは誰を採用するかについて、かなり異常で差別的な基準を適用していると語った。

「会計士を雇っているわけではありません。今は、身体的に威圧感のある男性を採用し、軍隊や法執行機関の経歴を持つ応募者は、デッキの一番上にシャッフルされています。彼らはゴム印を押されているのです」と彼は言う。

国税庁長官のチャールズ・レティグ氏は、国税庁の犯罪捜査部門を「大幅に強化したい」と述べており、同氏によれば、現在、約1,500人の特別捜査官を雇用しているとのことだ。しかし、情報筋によると、実際に活動している特別捜査官の数はこの数字の数倍であるという。

最近、jobs.govに掲載された国税庁の募集広告には、こう書かれていた。「応募者の主な条件は、”合法的に銃の携帯が許可されている”ことで、”主な職務”には、”銃を携帯し、必要に応じて死力を尽くす意思がある” ”逮捕、捜査令状の執行、その他の危険な任務に参加する意思と能力がある…そしてそれを見栄え良く行う”ことが含まれている」。

翌日までに、この広告は武力行使や見栄えに関する記述を省くように書き換えられた。おそらく、メディアの反発や、RRNが書いた国税庁の熱心な姿勢や、ワシントンDCの国税庁宛ての武器の出荷を軍が差し押さえたことが原因だろう。

RRNが国税庁に、求人広告、採用プロセス、武器要請についてコメントを求めたところ、国税庁の広報担当者は、「あなたのようなかたとは話をしません」とあっけらかんと言ったのだ。

これは、主要メディアと関係のない人物に与えられる典型的な反応だと、情報筋は述べている。

「彼らは何も教えてくれない。何人の新入社員が情報提供者になるのかも、銃の数も言わない。しかし、レティグは最近 22,000丁のサイドアームを発注した。一人につき一丁と仮定すると22,000人の特別捜査官を新規に雇うことになる。4分の1以下だ。つまり、一晩で8万7,000人の新入社員を見つけることはできないし、おそらく当分無理だろうが、時間の問題である。退職者を補充するためだという国税庁の口車に乗ってはいけない。たわごとだ。国税庁の目的は軍国主義化なのだ」と説明した。

レティグ委員は最後に、平均的なアメリカ人は十分な税金を払っておらず、還付を受ける人は一般的にそれに値しないと感じている、と語った。

「IRSは、事務所の名前をIRSビルからIRSタックス・アシスタンス・センターに変更したことにお気づきですか? 彼らが支援したいのは、破産して、条件付きで政府の施しに頼るようになることだけです」と述べた。

テレグラムに加え、RRNは現在GettrとTruth Socialにも登録している。後者2つのプラットフォームでの私たちのハンドルネームはREALRAWNEWS1である。Real Raw Newsの偽物が出回っていることに注意してほしい。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

1コメント

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す