日曜日, 12月 10, 2023
ホームアメリカホワイト・ハット、トランプ氏の憲法発言に動揺

ホワイト・ハット、トランプ氏の憲法発言に動揺

By Michael Baxter -2022年12月5日(Real Raw Newsより翻訳)

ドナルド・J・トランプ大統領は先週、憲法を守るために任命したホワイト・ハットたちとしばしば険悪な関係にあり、彼がトゥルース・ソーシャルで合衆国憲法の特定の条文を無効にすることを示唆したことから、新たな問題に直面した。彼の悲鳴はイーロン・マスクのツイッターの資料提出に続き、バイデン陣営がいかにソーシャルメディアの巨人の元リーダーと結託して、ハンター・バイデンのラップトップに関するニューヨーク・ポストのスクープを検閲したかについて暴露した。

ホワイト・ハットの司令官たちは、トランプの無責任な考えに対して、集団で手のひらを返すパフォーマンスを行ったと、デビッド・H・バーガー将軍のオフィスの関係者がReal Raw Newsに語っている。

2021年1月から米軍のホワイト・ハット部門を指揮しているバーガー将軍は、土曜日の夜に2人が話した際、トランプ大統領に警告の言葉を発した。同将軍はトランプ大統領に対し、政府の過剰な介入から市民を守るために建国の父たちによって制定された憲法の一部を切り出し、気まぐれに破棄すべきだとまで言い、非常に不安定な状況に踏み込んでいると述べた。

「大統領、お言葉ですが、憲法は不変です。それに反しているのはディープ・ステートであり、我々ではありません。私たちは宣誓を守り、全力を尽くしています。トランプ大統領、あなたのコメントは、あなたが依存しているMAGAの基盤を分裂させる危険性があるということで、ここではコンセンサスが得られています。私はデサンティスが支配的な対抗馬だと信じていますが、私の指揮下の何人かはそうでないと感じています。あなたは再選挙を選びましたね、再任とは対照的に。私はあなたの決断を尊重しますが、どうか、あなたの言葉が引き起こすかもしれない行動に注意してください」と、バーガー将軍はトランプに言ったと伝えられてる。

バーガー将軍の言葉を耳にした情報筋は、通話はスピーカーフォンではなかったので、バーガー将軍の懸念に対するトランプの返答は聞こえなかったという。しかし、バーガー将軍は時折、トランプに叱咤されているかのように、にやにやしていたという。

「バーガー将軍はトランプに口出しはしないが、助言はできる。トランプが助言を聞き入れるかどうかは、彼次第だ。バーガー将軍は、我が国の将来を徹底的に心配している。ペンは剣よりも強し、と言われるが、それは往々にして真実である。ソーシャルメディアに投稿されたものは永遠に続くのです」と、この情報筋は言っている。

情報筋によると、トランプとバーガーの電話会談は10分ほど続き、バーガー将軍が失望のため息を吐いて終わったという。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

5 コメント

  1. 失望の溜息で終わったって事は、またトランプが自分の非を認めず逆ギレしてきたのか
    ワクチン推進の過ちも未だに認めようとしないしまるで子供
    この異常なプライドの高さはやがて致命的な欠点になりかねない

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

やまとたける on バーガー将軍行方不明
ウッチー on GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 on 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す