日曜日, 5月 19, 2024
ホームアメリカノースカロライナ州の住民は、郡が課した夜間外出禁止令に「戒厳令」だと叫ぶ

ノースカロライナ州の住民は、郡が課した夜間外出禁止令に「戒厳令」だと叫ぶ

By Michael Baxter -2022年12月5日(Real Raw Newsより翻訳) 

ノースカロライナ州ムーア郡の住民は、日曜日の夕方、広範囲に及ぶ停電を受けて郡当局が緊急事態宣言命令を出し、命令の期間中、夕暮れから夜明けまでの夜間外出禁止令を義務付けた後、「戒厳令」だと叫んだ。

警察によると、何者かが変電所2か所に発砲し、その被害で4万戸が暗闇に陥ったという。ロニー・フィールズ保安官は、今回の銃撃は40年の法執行の中で見たこともないようなものだと述べた。これは “標的”を定めた攻撃であり、”自分たちが何をしているかを知っている”個人または個人によって行われた、と彼は言った。そして「夜間外出禁止令は、市民の生命を守るためのものだ」と付け加えた。

しかし、共和党が支配するこの郡の住民は、この外出禁止令に対して複雑な思いを持っており、地元指導者が問題を誇張し、住民に戒厳令を遵守することを強要していると非難する者もいる。

警備員のリチャード・ジャレットさん(45歳)は、仕事帰りに歩いていると、ライトを点滅させサイレンを鳴らした警察のパトカーが横付けしてきた。2人の警官が門限を破った理由を聞いてきた。

「私は彼らに『今、仕事を終えて家に帰るところだ。仕事場から半マイルのところに住んでいるので、車より歩く方が楽なんだ』と答えました。警察は『そんな言い訳は通用しない』と言いました。あの野郎は、俺を刑務所に入れてもいいって言うんです。『拘留されるのか、それとも自由に帰れるのか』と尋ねると、彼らは、私を調査していると言い、20分ほどそこで私の身分証明書を調べました。私は勤勉なクリスチャンで、犯罪者ではありません。彼らは私を逃がしましたが、私を止める正当な理由がありませんでした」とジャレット氏はReal Raw Newsに語った。

ムーア郡の別の場所では、26歳の専業主婦ジャネット・パイクは、警察が彼女の私道に入ってきたときに、家族の犬と一緒に門限を過ぎて外にいた。

「私は門限について知っていましたが、縁石の上に、玄関から15フィート(約4.6m)離れたところにいました。私はバロン(犬)が用を足すのに十分な時間だけ外に出るつもりだったと説明しました。彼らが車から降りると、バロンは唸ったので、彼らは私がバロンを中に入れ、私と話ができるように外に戻ってくるように要求しました。そこで、私はこの状況を終わらせるために中にいていいかと尋ねると、彼らは私の身元が確認できていないのでダメだと言いました」とパイクさんは述べた。

パイクさんは、自分は法律を守る市民だと言って、警察の指示に従った。

「そして、免許証を調べられ、法律を破っていると言われました。彼らは、私に警告を与えることで、私に好意を持っていると言いました。これは行き過ぎで、戒厳令だです。私はバスローブとスリッパで15分間、私の意思に反して、彼らと一緒に外にいました。もし夫が家にいたら、別の方法があったかもしれません」。

Real Raw Newsは、ムーア郡における警察の嫌がらせの追加クレームを調査している。

Real Raw Newsは、ムーア郡保安官事務所とムーア郡下院議員リチャード・ハドソンの両方に連絡を取った。回答があれば、この記事を更新する。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す