日曜日, 4月 14, 2024
ホームアメリカディープ・ステートの逆襲

ディープ・ステートの逆襲

By Michael Baxter -2022615日(Real Raw Newsより翻訳)


先週水曜日、著名なディープ・ステート議員を逮捕するための極秘任務についていた数人の米海兵隊員が、やや波瀾に満ちた歴史を持つ軍用機OV-22オスプレイが空から落下して巨大な火球を噴出させ、悲劇的な死を遂げた。主流メディアと犯罪者バイデン政権は、この事故を「まだ調査中の事故」としたが、米軍のホワイト・ハットの前衛は、この事故がディープ・ステートの妨害行為であると信じている。


ヘリコプターのように垂直に着陸するが、より飛行機に近い飛び方をするティルトローター機は、カリフォルニア州グラミス近郊、サンディエゴの東約115マイル、アリゾナ州ユマから50マイルの所で、通常の訓練任務中に墜落したというのが公式な説明である。オスプレイはこれまでに13回の機体損傷事故を起こしており、51人が死亡しているため、表面上はもっともらしく見える。パイロットはV-22を「操縦に非協力的な機体」と呼び、一部では就航中止を請願している。だから、理論的には先週の水曜日の墜落事故は、また別のランダムな災難だったのかもしれない。


しかし、ホワイト・ハットは、墜落事故とオスプレイの任務の本質、そして揺るぎない証拠から、単なる事故を否定する。それどころか、ディープ・ステートの二重スパイと破壊工作員がこの作戦を知り、飛行機とその乗員を墜落させようと共謀したと主張しているのだ。


彼らはまた、墜落で死亡した海兵隊員の数にも異議を唱えている。情報筋によると、オスプレイには、パイロット、副操縦士、2人のフライトエンジニア、そしてディープ・ステートの悪党を逮捕する任務を負った4人の海兵隊員、計8人の海兵隊員が乗っていたとのことだ。


65日(日)、ホワイト・ハットは、グラミス近郊に住むリベラル派の議員に対して、誘拐されたアメリカの子供たち、中には4歳にも満たない子供たちがサウジアラビアの支配者である王族に売られていた、児童売買組織に深く根ざした行動をとることを決定した。軍は、先週の水曜日の作戦の標的を示唆する取引上の証拠を持っているという。情報筋は、追跡作戦がすでに進行中であるため、ターゲットの名前を明らかにしなかった。


「あの地域から半径100マイル以内に数人のターゲットが住んでいる。ターゲットや具体的な居住地を挙げることは、彼らを脅かすことになるかもしれない」と情報源は述べた。


この作戦は単純で簡単なはずだ、と彼は付け加えた。海兵隊員たちは、ホワイト・ハットの拠点であるキャンプ・ペンドルトンに駐留し、サンディエゴのミラマー海兵隊航空基地に司令部を置く第3海兵隊航空機群39の海兵中型ティルトローター中隊364に所属していた。48日(水)正午頃、デビッド・H・バーガー将軍が作戦を許可し、海兵隊は目標捕捉のために出発した。パイロットは、4人の反撃部隊が目標地点まで徒歩で移動する間、短時間タッチダウンするように指示された。予定どおりであれば、海兵隊は標的の家を襲撃して捕獲し、処理のためにキャンプ・ペンドルトンに搬送するところであった。


しかし、オスプレイは離陸後数分で乾燥した地形に落下し、乗員全員が死亡した。


ホワイト・ハットは、コックピットのボイスレコーダーとフライト・データ・レコーダーの両方を手に入れたという。


ホワイト・ハットは、外部の人間を信用せず、社内の航空機調査の専門家を使って、オスプレイの短くも不運な飛行を法医学的に分析した。


「墜落の45秒前まで、トラブルの兆候は全くなかった。パイロットは74日の予定について何気なく話していた。そのとき、事態は急展開した。ボイスレコーダーは大爆発を記録し、同時にFDRはすべての飛行制御を失ったと記録した。左エンジンの爆発は、エンジンからローターを吹き飛ばすほど強力なものだった。航空機は大きく傾き、地面に旋回しながら突っ込んだ」と情報筋は語った。


パイロットの最後の言葉は 「我々は死ぬ、誰かが我々を騙したのだ」。


ホワイト・ハットが残骸を調査したところ、破壊工作が行われたことが確認された。左エンジンマウントの破片から爆発物(C4とサーマイト)が発見されたのだ。


「誰がどうやったのか、まだ分かっていない。奇妙なことだ。V2248時間前に完全点検され、離陸前に徹底的なプリフライトが行われた。どういうわけか、誰かが気づかれずに安全区域に入り、見たところエンジンカバーに爆薬を隠したようだ。なぜ、爆発ですべての操縦系統が不能になったのか、まだ答えが出ていない」と情報筋は言う。


さらに気になるのは、死亡者を除く13人のホワイト・ハットだけが、この作戦を予見していたことだ。ホワイト・ハットの作戦の詳細は区分けされ、機密扱いされ、知る必要がある場合にのみ共有される。つまり、ホワイト・ハットの幹部が、真の支配者であるディープ・ステートに情報を提供し、ディープ・ステートは、捕まることなくオスプレイを破壊する方法を密かに見つけていたということだ。


バーガー将軍は、裏切り者の正体を探るべく、自ら調査の指揮を執っているという。


「身内の犯行とは思えません。あらゆる角度から検証しています。裏切り者を見つけ、そして捕まえたら、彼は処刑されるでしょう」と、この情報筋は最後に言った。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

24 コメント

  1. DSはマレーシア航空の例と同様に飛行機の運行を操作する事が可能、と本で読みました。今回の件を教訓に対策を練って欲しいと思います。

  2. 軍も、DS支配下の連邦緊急事態管理庁に、1年越しでスパイを潜入させて、最強の緊急放送システムを入手しているから、お互い様です。「デルタフォース」で検索すると記事が出てくる。ほぼ「内戦状態」ですね。

  3. 内戦になった時に、軍のどれくらいがDS側につくかが分かりません。州兵、FBI、CIA、緊急事態管理庁は、DS配下と、このサイトでは言われていましたが。

  4. 情報が漏れているだけなら、対象である議員を逃すだけでも良かったような気がする。敢えて爆破したのは、「警告」の意味かな、という気がしました。真相は分かりませんが。

  5. DSは、100年かけて、社会のあらゆる分野に浸透しているから、議員を全員逮捕すればいいというものではないような気がする。ウォール街の金融資本家がトップ。

  6. オバマは世間的には過去の人ですが、DSの運営上、ホワイトが確保すれば戦略上、かなりのプラス、と言う事でしょうか? いずれにしても99%の世間が何が起きているかも知らない状況と言うのが事態が変わらない最大の足枷だと感じます。。

  7. オバマは、民主党を支配し、事実上、アメリカの政策を決定している。ディープステートの中間管理職。

  8. 今まで逮捕されたオバマの側近(現最高裁判事ソニア・ソトマイヨール、現感染症最高責任者ファウチ、現農務長官等は、オバマに絶対的忠誠を示していた。そのため、軍は、オバマを「暗黒卿」と言っていたくらいだ。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す