水曜日, 5月 22, 2024
ホームアメリカカバノー最高裁判事は軍事的保護下にある

カバノー最高裁判事は軍事的保護下にある

By Michael Baxter -2022年6月13日(Real Raw Newsより翻訳)

最高裁判事ブレット・カバノー(Brett Kavanaugh)は、ニコラス・ジョン・ロスク(Nicholas John Roske)と名乗るリベラルな狂人が、彼の家の近くで拘束バンド、グロックピストル2丁、戦術的装備を持ってこそこそしているところを捕まってからまもなく、ホワイト・ハットの保護下に置かれるようになった。連邦保安官に逮捕されたとき、ロスクは、ロー対ウェイド事件*に対するカバノー判事の立場に対抗して、カバノーを誘拐し、拷問し、殺害する計画を立てたと言った。彼はまた、ウヴァルデの虐殺*をカバノーのせいにしていた。

Glock17

ホワイト・ハットは土曜日未明、カバノーに接触し、ディープ・ステートの反乱軍が連邦政府と州政府の保守派裁判官の暗殺をまだ企てていることを示唆する実用的な情報を持っている、と述べた。彼らは事態の緊急性、深刻さを訴え、ロスクが逮捕されても、犯罪者バイデン政権が再び彼の命を狙うことを止められないとカバノーに告げた。

「カバノー判事は幸運だった。もし連邦保安官がディープ・ステートのシンパだったら、多くはそうだが、彼は今頃死んでいたかもしれない。具体的な証拠については話せませんが、影響力のある保守的な裁判官の裁判所を粛清する組織的な陰謀が含まれています」と、バーガー将軍の事務所の関係者はReal Raw Newsに語った。

軍はカバノーに二つの選択肢を提示したと彼は付け加えた。ホワイト・ハットに彼と家族を安全な場所に一時的に移動させるか、私服の米軍特殊部隊を信頼できる警備として彼の家に受け入れるか、である。

しかし、情報筋によれば、カバノーは当初、ディープ・ステートの前に恐怖に怯えることも、ディープ・ステートに自分の行動を左右されることもしないと言って、両方の選択肢に抵抗したという。彼は、憲法上の責任から、ジョセフ・バイデンのように地下室でうずくまっていることはできないと主張した。

「カバノー判事は、我々が過剰反応していると言った 。彼は我々の助言を聞き入れようとしなかったので、バーガー将軍は彼が助言を受けられる人物に連絡を取り、その人物にカバノーを説得するよう依頼したのです」と、情報筋は語っている。

その人物とは、ドナルド・J・トランプ大統領だ。

カバノーとトランプは、日曜日の夕方に話したと伝えられており、RRNは、彼らの私的な会話で何が話されたかを知らないが、トランプがカバノーに話したものは、彼がその後ホワイト・ハットの保護を受け入れ、一時的な移転計画に同意したために、彼を敬神の念に導いたに違いない。情報筋によると、カバノー夫妻はすでに隠れ家に移動し、ディープ・ステートの手の届かないところにいるとのことだ。

カバノー氏の暗殺未遂は、ディープ・ステートが保守派の最高裁判事を殺害しようとした(少なくとも)2度目の出来事である。昨年3月に報告されたように、クラレンス・トーマス最高裁判事はディープ・ステートの毒殺の動きから生き延びた。それ以来、彼はホワイト・ハットの保護を受けている。


訳者注:

・ロー対ウェイド事件
妊娠中であった未婚女性および中絶手術を行い逮捕された医師などが原告となり、妊娠中絶手術を禁止したテキサス州法が違憲であるとして、1970年3月ダラスの地方検事ヘンリー・ウェイドを相手取って訴えた訴訟。1973年最高裁は、中絶法を意見とする判決を下した。カバノーは保守派の意見を述べている。

・ウヴァルデの虐殺
2022年5月24日、米国テキサス州UvaldeにあるRobb Elementary Schoolで18歳のサルバドールRolandoRamosが発砲し、21人が死亡、17人が負傷した学校での銃撃事件

トランプの真実
RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す