水曜日, 2月 21, 2024
ホームアメリカJAG、ナンシー・ペロシを反逆罪、扇動的陰謀で告発

JAG、ナンシー・ペロシを反逆罪、扇動的陰謀で告発

By Michael Baxter -2022年12月3日(Real Raw Newsより翻訳)

アメリカ合衆国海軍法務官部隊は、金曜日、ジョージア州アトランタ郊外にあるタイラー・ペリーのホワイト・ハウスの複製でバイデンの贅沢な公式な宴会に木曜日の夜に出席した後に逮捕された前下院議長ナンシー・ペロシを正式に起訴した。

JAGの情報筋が土曜日の朝、Real Raw Newsに語ったところによると、ペロシは複数の反逆罪と扇動的陰謀罪で起訴されたそうだ。偶然にも、おそらく彼女が司法省に、Oath Keeper(極右民兵集団)のスチュワート・ローズに対する罪状とまったく同じである。金曜日に連邦陪審は、2020年の選挙を覆すことを計画し、1月6日に国会議事堂で暴力を煽ったとして、ローズを扇動的陰謀罪で有罪にした。

「ペロシに対するJAGの告発は具体的であり、国会議事堂を訪れた無実の人々に対する政権の違法な訴追とは無関係である。反乱もクーデター未遂もなかった。司法省は、トランプを支持する人々を標的にしている。ペロシのような合法的な犯罪者を狙っているのだ」と情報筋は語った。

彼は、ナンシー・ペロシは、特殊部隊がハーツフィールド・ジャクソン国際空港近くで彼女を逮捕した数時間後にグアンタナモ湾に空輸された、と付け加えた。ペロシは、特殊部隊がメルセデスAMG SL 63の助手席から彼女を引きずり出したとき、「酔っぱらっていて酒の臭いがしていた」ため、何の抵抗もしなかったという。彼女は車の状態を心配し、運転手の状態には無関心であった。ペロシはエアバッグが作動していたが、運転手のものは作動していなかった。

ペロシは特殊部隊に「買ったばかりだ」と言っていた。

ペロシをGITMOに運ぶ前に、特殊部隊はペロシを酔い覚ましのために “セーフハウス “に連れて行った。彼女のBAC(血中アルコール濃度)は0.47%で、昏睡や呼吸停止の危険性があり、生命を脅かす状態であった。しばらくして、いくらか酔いが覚めたペロシは、ドナルド・J・トランプ大統領とダース・E・クランドール副提督の署名が入った彼女名義の軍逮捕状を見せられ、軍事法廷を受けるためにGITMOに連れて行かれることを告げられた。

裁判の日程は来週初めに決定されるようだと、関係者は述べた。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

1コメント

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す