日曜日, 7月 14, 2024
ホームCovid-19ワク○○接種パイロット、離陸中に死亡

ワク○○接種パイロット、離陸中に死亡

By Michael Baxter -2022年12月4日(Real Raw Newsより翻訳)

アメリカン・イーグルの代理として運航していたエンボイ・エア3556便(エンブレーサーE175)は、シカゴ・オヘア国際空港からオハイオ州コロンバスに向けて出発した数秒後に機内で緊急事態に見舞われた。機長のパトリック・フォードは管制官と首尾一貫して明瞭に話していたが、突然声が途絶えた。数分後、副操縦士のブランドン・ヘンドリクソンが管制官に、自分が操縦していること、フォードが操縦中に意識を失ったことを伝え、直ちに空港に戻る意向を表明した。ヘンドリクソンとアメリカン航空の非番のパイロットがハーネスからフォードを引き抜き、救急隊員が乗り込んできて必死に彼の命を救おうとした。後に、フォードは致命的な心臓発作を起こしたことが判明した。

上のパラグラフは、この事件の公式見解を要約したものである。

しかし、連邦航空局(FAA)の内部告発者によって助けられたフォードの早すぎる死に関するReal Raw Newsの調査は、当然のことながら、突然の死の前に54歳で健康であったフォードが、最後のフライトの2日前にCovid-19ブースターの注射を受けていたこと、彼の死亡証明書か彼の死亡記事には書かれていない事実を明らかにしている。

公開されている緊急事態の音声は、3356便と管制官との交信に限られており、フォードがトラブルに気づいたときにパイロットと副操縦士が交わしたかもしれない会話はない。離着陸の際、パイロットが仕事に集中できるよう、雑談は禁止されている。航空機事故の多くは離着陸時に発生する。

しかし、3556便の場合、ヘンドリクソンが着陸装置を上げた直後に、フォードがヘンドリクソンに「ふらふらと目まいがする」と伝えていた。エンボイ/アメリカン・イーグルとFAAは、パイロットの会話を含む操縦室内の音の最近の履歴を保存する操縦室音声記録装置を確認したと、FAAの関係者が主張している。

「一連の出来事はすぐに終わりました。フォード機長はヘンドリクソン機長に苦悩と目眩を感じると伝えた後、気が変わったように『気にするな、大丈夫だ』という趣旨のことを言った。するとヘンドリクソンは、少し顔色が悪いことに気づいて、病気かと尋ねた。フォード機長は、数日前にCovid-19の予防接種を受けたので、おそらく軽い反応があるのだろうと言う。その後、フォードはATCと話すのを聞かされて、椅子に前のめりになり死亡した」と、情報筋は説明した。

連邦政府は、FAAやNTSBを含む航空業界に対して、事故報告書に “ワクチン “という言葉を入れないように多大な圧力をかけている、と彼は付け加えた。

「もし、Covid-19やワクチンという言葉が入った報告書が我々の机の上を横切ったら、その報告書はそれらの言葉を省くように修正される。政府がワクチンに悪意を持たれたくないのは明らかだ」と彼は言った。

連邦航空局とNTSBは、血餅注射が事故の一因となった可能性のある何百もの報告書を葬ってきた、と彼は言う。パイロットの死亡事故や病気の数は、ワクチン接種の義務化が始まって以来、急激に増えている。

前回の記事で述べたように、Real Raw Newsでは因果関係を証明することはできない。それにもかかわらず、相関関係を見逃すのは近視眼的でなければならないだろう。もしワクチンが本当に臨床的に安全で効果的であるならば、なぜ政府は隠蔽工作をするのだろうか?

トランプの真実
RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す