日曜日, 5月 19, 2024
ホームGITMOアレック・ボールドウィン、クレイジーな処刑で絞首刑に

アレック・ボールドウィン、クレイジーな処刑で絞首刑に

By Michael Baxter -2022年6月2日(Real Raw Newsより翻訳)

ディープ・ステートの処刑を担当する者たちは、そのすべてを目にしてきた。それとも、そうなのだろうか? ギャビン・ニューサムの悪魔のような説教から、ロレッタ・リンチの突然のキリスト教徒への変身まで、GITMOの絞首刑は予想外の結末と芝居っ気に満ちている。そして、水曜日の朝に絞首刑にされた慢心したアレック・ボールドウィンは、その伝統を、喜劇的かつ険悪な暴挙で拡大したのである。

手錠をかけられたボールドウィンは、キャンプデルタから処刑場まで車で運ばれる間、どういうわけか囚人用のズボンと下着を足首まで下げていたのだ。彼は半裸でハンヴィー(軍用車)から現れ、ダース・E・クランドール副提督をはじめ、絞首刑に立ち会った3人の将校にその姿をさらけだした。

「裸で生まれ、裸で死ぬんだ」とボールドウィンは叫び、贅肉のついた顎から汗を垂らした。「クランドール提督、今の私はどうだ? そして、ドナルド・トランプ、おまえもくたばれ。俺がおまえを有名にしてやったんだ」と言った。

トランプ大統領の姿はなかった。

ボールドウィンに語りかける前に、クランドール副提督は公然と付き添いを叱責し、ボールドウィンの軽蔑がなぜ気づかれなかったのか、なぜ二人の兵士が前方の席に座っていたのか、と要求した。そして、「これは職務怠慢であり、標準的な作業手順にも反している」と叱責した。そして、助手席に座っていた兵士に、ボールドウィンのズボンを上げるように命じた。

しかしそのときには、ボールドウィンは湿った草の上に突っ伏して、もぞもぞと動いていた。

Kate Beckinsale

「おい、クランドール、俺がパールハーバーでケイト・ベッキンセールと一緒に大佐を演じたことは知っているか?」とボールドウィンは言い、地面に丸くなり始めた(humping : <卑俗>性行為の動き)。

「今すぐテーザー銃(スタンガンの一種)で撃て」クランドール副提督が吠えた。

その場にいた士官が「彼の脳に銃弾を撃ち込むべきだ」と言った。

「手続きではない」とクランドール副提督は答えた。

テーザー銃

ボールドウィンを絞首台に追いやった兵士たちは、テーザー銃のホルスターを外し、ボールドウィンの露出した皮膚に向けて小さなとげのあるダーツを発射した。彼は一瞬震えたが、それ以外は無傷のようだった。兵士たちは彼を台に乗せ、階級も記章もない別の兵士が彼にロープ
のネックレスをかけた。

その後は、予定どおり行われた。ボールドウィンは震えながらも意識があり、クランドール副提督が「処刑」の命令を出すと、何の抵抗もしなかった。

ボールドウィンは水曜日の午前10時15分に死亡が確認された。

クランドール副提督は明らかに苛立っていて、「サーカスの団長」であることに飽きたと言った。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

1コメント

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す