土曜日, 4月 13, 2024
ホームアメリカジョージ・W・ブッシュ軍事法廷 3日目、その1

ジョージ・W・ブッシュ軍事法廷 3日目、その1

By Michael Baxter -2021年12月15日(Real Raw Newsより翻訳)

ダース・E・クランドール少将は、2001年6月にディック・チェイニーがジョージ・W・ブッシュに渡した手書きのメモを読み上げ、月曜日の議事進行を開始した。 彼は、筆跡分析の専門家が文章と署名がチェイニーのものであることを確認したと話した。


「火曜日に話したとおり、関係者に連絡を取りました。値段さえ合えば、彼らは乗り気です。彼らは大金を要求しています。長期的な利益に比べれば些細なものです。前金で半分、後金で半分、近々、ニューヨークかワシントンでランチをしましょう」とクランドール少将は読み上げた。

この手紙は、20年以上前の紙切れをどうやって法務総監が手に入れたのか、また、メッセージが曖昧で、まともな人間なら犯罪の意図を推し量ることはできない、と主張したのだ。

アウフハウザーは汗を拭きながら、明らかに狼狽しているように見えた。今日もいい一日ではなさそうだ。法廷に先立ち、彼はクランドール少将に、金曜日に証拠として提出されたマイクロカセットをデジタル鑑識の専門家が鑑定し、テープの声はラムズフェルド、ブッシュ、チェイニーのものである可能性が「高い」ことを認めたのだ。

彼はそのメモを見て、「チキン・スクラッチ(読みにくい筆跡)」と呼んだ。

「あなたの依頼人は証拠隠滅に長けていない」とクランドール少将は言った。「これは彼のクロフォードの牧場で押収された他の証拠と一緒に発見されました。この委員会はチェイニーが9/11のすべての計画を行ったことを認めています。ブッシュにはそれを実行する頭脳がないのは確かです。チェイニーを捕まえるまで、そして捕まえるつもりですが、我々はすべてを知ることはできません。しかしブッシュには最終的な権限があり、彼はその権限を乱用してこの国と世界に戦争を仕掛けたのです。どの証拠が有効か決めるのは パネルです、あなたではありません、アウフハウザーさん、あなたはテープを全部聞く機会がありました。パネルにはその特権があります」。

彼はテープを再開した。

チェイニー:「今は知らないほうがいい。妥当な否認権。私が何をやっているか分かっていると信じるしかない、ジョージ」。

ラムズフェルド:「ここは多面的に考えなければならない。230万ドルが消えた理由や、どこに行ったかを説明する役を負いたくないんだ」。

チェイニー:「誰も何も説明する必要はないだろう」。

ブッシュ: 「もし海外の友達がこれを失敗させたらどうするんだ、ディック? どんな計画でも、100万件の失敗があり得るんだ。これがうまくいかなかったら、尻に敷かれるのはごめんだ」。

チェイニー:「信じてくれ、私はあらゆる事態を想定して計画を立てている。災難があったとしても、ちょっとした味方の攻撃で仕事を終わらせ、それを隠蔽することができる。96年にクリントンがやったのと同じだ」。

チェイニーは1996年に何が起こったかについて詳しく説明しなかったが、Real Raw Newsは、彼が同年7月のTWA800便の撃墜事件のことを指していると考えている。

ブッシュ:「ちゃんとやれよ、ディック、ちゃんとやれよ」

クランドール少将はテープを止め、法廷を昼食後まで休廷させた。
トランプの真実
RELATED ARTICLES

2 コメント

  1. かなり重要な話なのにコメントが少ないな。日本人はちょっと昔の事になると無関心か、政治の話に興味なさすぎで、TVや新聞を盲目的に信じるような奴が大半なのが残念でしょうがない。今まで絶対に裁かれない人たちが逮捕されているという情報なのにね。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す