月曜日, 6月 17, 2024
ホームアメリカP-8ポセイドンのパイロットは、「ノルドストリームが吹っ飛んだとき、我々はそこにいなかった」と非難する。

P-8ポセイドンのパイロットは、「ノルドストリームが吹っ飛んだとき、我々はそこにいなかった」と非難する。

By Michael Baxter -2022年10月8日(Real Raw Newsより翻訳)

ノルドストリーム爆発に関連して逮捕されたP-8ポセイドンのパイロットたちは、金曜日にJAG捜査官に、アイスランドのケフラビック空軍基地から離陸した彼らの飛行機は、爆発が起こったとき海底の天然ガス導管から数百マイル離れていたと述べ、非難した。

公開されている飛行追跡データもその主張を裏付けています。フライトレーダー24とフライトアウェアという一般に公開されているウェブサイトによると、スウェーデンの地震学者が最初に地震と思われるものを感知した時、P-8は0003GMTに北海上空にいたことが示されている。 その後、P-8はポーランド上空でレーストラック・ループを飛行し、バルト海のパイプライン地域に進路を変更した。そして、爆心地から15メートル以内に接近して旋回し、カムチャッカ半島方面へ飛行した。

パイロットはJAGの調査官に、P-8は同時に2つの場所にいることはできず、したがって彼らもそうすることができなかったと語った。

「パイロットの話では、爆発を調査するために通常のパトロールルートから外れ、周辺に潜水艦がいないか捜索するように命じられたとのことです。PICは、彼らがソナーブイを展開し、アクラクラスのロシアの潜水艦の音響信号を検索するように命じられたと言いました。しかし、何も発見できなかったので、その場を離れたということです。表面的には論理的な話に見えるかもしれないが、掘り下げてみると筋が通りません。なぜ、ロシアは自国のパイプラインを危険にさらすのでしょうか? なぜ、ロシアは自国のパイプラインを危険にさらすのでしょうか、どの潜水艦を探せばいいのですか。さらに、もっとあります」と情報筋は言う。

彼が言う「もっと」とは、0339GMTから0620GMTの間の飛行データの欠落のことである。P-8のような現代の航空機は、ADS-Bという技術を使って、GPSの位置、高度、対地速度などのデータを地上局や他の航空機に1秒間に1回、リアルタイムで放送している。航空管制官や適切に装備された航空機は、この情報を即座に受信することができる。FlightAwareやFlightRadar24といった公共の追跡アプリも、これらのデータを拾っている。機械的な故障か、パイロットがADS-Bを無効化したかの2つの可能性がある。

「パイロットはどんな不正行為も否定し、ADS-Bは飛行中ずっと適切に機能していたと言っています。しかし、この事件には続きがあり、そのために彼らはまだ拘束されているのです。まだ公表できない証拠があります」と、私たちのソースは述べた。

救援パイロットや乗組員がパイロットの供述と矛盾する情報を提供したかどうか尋ねられた彼は、「まだ聞き取りは終わっていないが、もうすぐだ」と付け加えた。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

1コメント

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す