日曜日, 5月 19, 2024
ホームGITMO軍がトム・ヴィルサックを絞首刑

軍がトム・ヴィルサックを絞首刑

By Michael Baxter -2022年5月22日(Real Raw Newsより翻訳)

バイデンの前農務長官、トム・ヴィルサックは、先週月曜日、軍事委員会が彼をアメリカ合衆国に対する反逆罪で絞首刑に処し、その最期を遂げた。

グアンタナモ湾の死刑執行の典型的な例として、ダース・E・クランドール副提督とホワイトハットの幹部が、ディープステートのチェス盤の消耗品の駒となった男の死刑執行を監督するために立ち会った。 彼は、ジョセフ・R・バイデンやバラク・”フセイン”・オバマが我が国の食糧供給を無秩序に破壊したことに一度も関与せず、その剣に倒れた。 そして、他のディープステートの囚人と同様に、彼は、ヴィルサックを破滅に追いやる死刑執行の前に悔い改めることを拒否したのである。

ヴィルサックの死に詳しいGITMOの情報筋がReal Raw Newsに語ったところによると、反省していないディープステートに機知に富んだ皮肉を述べた経歴のあるクランドール副提督は、処刑までの間、いつもと違って沈んでいた。ヴィルサックが、最後の言葉や悔恨の表明をするか尋ねられ、「私はただ一人、合衆国大統領ジョセフ・バイデンに答える」と述べたのに、である。

「クランドール副提督はディープ・ステート組織への彼らの献身を不思議に思っています。それは献身なのか恐怖なのか、あるいはそれらが入り交じったものなのか? 死に直面しても、彼らは何も悪いことはしていないと言い、合法的な命令に従ったのだと言います。 現在進行中の捜査と、現在拘留中の人物の間で、多くのディープステートがまもなく倒されるでしょう。副提督は、犯罪者たちが自分の命を守るために口を割ることを期待していたのでしょうが、そうなっていないのです。アニタ・ヒルも、宗教に希望を見出したようだが、いわばチームのために一肌脱いだのです。告白はカタルシスになると思うだろうが、彼らはむしろ滅びの中で生きて死にたいのです」と我々の情報筋は語った。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

5 コメント

  1. 行政組織の長が完全に共産主義に染まっていることに驚きます。
    粉ミルクの品不足も、裏で誰かが動いているのかなという気がします。

  2. 偽物バイデンの扱いがよくわかりません。何故泳がせているのでしょうか?まがりなりにも大統領だからでしょうか?前代未聞の状況で本当に理解し難い状況です。DSは、コロナといい、バイデンといい、ウクライナの状況といい、自分たちに都合よく現実を作り上げていますね。逮捕だけでは、事態が進まない気がします。

  3. DSは、自分たちの都合で、共産主義にしたり、資本主義にしたりしてますね。もともと、両方作ったのも連中ですし。資本主義が失敗したら、税金で穴埋めみたいに共産化したりするわけで、国民がそれを望むと、ポピュリズムだ、赤だといって妨害します。

  4. この人は、オバマ時代に8年間農務長官を務めたオバマの側近です。最近はオバマの側近の逮捕が続いています。暗黒卿(ダーク・ロード)とも言われるオバマの逮捕は、いつになるのでしょうか。オバマは、依然として国民の人気が高いそうですから、慎重に進めているのでしょう。

  5. オバマ、人気が高いんでしょうか?DSのプロパガンダではないでしょうか?当初期待されたほどの実績があまりありませんし。トランプに人気があるのだとしたら、オバマには人気はないのではないでしょうか。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す