木曜日, 4月 18, 2024
ホームアメリカJAG、メリンダ・アン・フレンチの軍事法廷を予定

JAG、メリンダ・アン・フレンチの軍事法廷を予定

By Michael Baxter -2022年2月24日(Real Raw Newsより翻訳)

ロシアとウクライナの戦争は、憲法を無視し、神を畏れ、法を遵守する米国市民に対して何十年にもわたって別のタイプの戦争を仕掛けてきたディープステイターに対して正義を求める米軍の取り組みに影響を与えない。ダースE. クランドール少将は木曜日の朝、法務官兵団会議で部下にそう言った。


彼はまた、条件付免責同意の下で夫に不利な証言をしたにもかかわらず、1月17日に亡夫の児童売買組織とワクチン接種犯罪に参加した容疑で逮捕されたメリンダ・アン・フレンチの待望の軍事法廷を予定している。

クランドール少将のブリーフィングに出席したある米海軍法務官(JAG)関係者は、フレンチの軍事法廷が3月2日に行われ、フレンチがゲイツの犯罪に周辺的あるいは間接的な関与以上のものがあったと証言してくれる少なくとも6人の証人が含まれるとReal Raw Newsに語った。目撃者の名前や具体的な証拠については望めないが、我々の情報筋によると、証言の優位性から、彼女はゲイツが児童性売買市場で天文学的な値段をつけそうな少年少女を選び、仕組むのをするのを幇助したことが明らかに証明されるだろうという。

「我々の調査結果は、ビルの裁判でメリンダ・フレンチが宣誓して言ったことと矛盾します。彼女はただの温厚な簿記係ではなかったし、強制されたわけでもありません。フレンチは高額の報酬を得、想像を絶する豊かな生活を送っていました。ゲイツとエプスタインの会合に積極的に参加していました。JAGはこれを裁判で証明するでしょう」と情報筋は言う。

ゲイツは、逮捕されて以来、グアンタナモ湾のキャンプデルタ収容所にいる。ここは、ディープステートの捕虜を「ホワイトハット」米陸軍憲兵、米海軍主計官、デビッド・H・バーガー元帥に直接応ずる米海兵隊のメンバーが警備する最高警備の刑務所だ。

フレンチは、模範的な囚人だったという。静かに引きこもり、ほとんど独房から出ず、女性の地位向上に関する本や、ヒラリー・クリントンの『WHAT HAPPENED (何が起きたのか?)』のような自己満足の自叙伝を読んで過ごしている。

「運動を勧められても、外に出ようとしません。彼女は本を読み、不機嫌になり、この試練の間中、無邪気さを保ち続けているのです。誰も彼女に同情する必要はありません。起訴を免れるチャンスはあったのだから、真実を話せばよかったのです。ビルと同じ運命をたどるかもしれません。3月2日にそれは分かるでしょう」と関係者は言う。

余談だが、もしバイデン政権が米国を外国の事件に巻き込もうとしたら、JAGはどう対応するのか、情報筋に尋ねてみた。

「きょう、ウクライナで起きていることは悲劇です。米大統領選が盗まれていなければ、プーチンは決して動かなかったでしょう。政権が危機をエスカレートさせたら、誰が何をするか、私には言う資格はありません」と語った。
トランプの真実
RELATED ARTICLES

1コメント

  1. コロナ詐欺茶番劇の首謀者の一人でしょうね。ワクチンによる死亡者は、今回に限らず以前からという噂なので、同情はしませんね。日本でも、今回の件で大勢亡くなられたと思います。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す